SHIINBLOG

はわわにっき!

はわわっ!主に漫画やアニメのことについて語るぶろぐですっ!

はわわにっき!

MENU

漫画『東京カラス』はオカルトバトル漫画に見せかけたギャグ漫画だ!

東京カラス(1) (サンデーGXコミックス)

 

はわわっ、ネックですっ!

今回紹介する漫画は『東京カラス』です。この漫画は一言でいうと、オカルトバトル漫画です。様々な都市伝説と戦う、女子高生の姿を描いた漫画です。

 

非常にテンポよく読めて、しかも面白い漫画でした。頭空っぽにして読める感じ。

ということで、今回は漫画『東京カラス』を紹介していきます。

[contents]

 

漫画『東京カラス』ってどんな漫画?

 

 都市伝説「怪人赤マント」を追って、廃校に潜入した大島田満子(おおしまだ みつこ)と人面犬の会長。

 

怪人赤マントとは、トイレの使用中に「赤マントと青マント、どちらがいい?」と聞いてくる都市伝説である。赤を選べば血まみれに、青を選べば全身の血が抜かれてしまう。

 

f:id:nek654:20170808234022p:plain

(©『東京カラス』)

さっそく、怪人赤マントがいそうなトイレのドアに、蹴りをお見舞いする満子。中から出てきた男に容赦なく刀で切りかかる。

 

しかし人面犬の会長が言うには、その男は怪人赤マントではなく、ただの変質者であるらしい。(満子は霊が見えないので、会長に判別してもらっている)

 

安堵する満子たちであったが、次の瞬間、本物の怪人赤マントが現れる。怪人赤マントは変質者に憑依し、満子に襲いかかる。霊が見えないせいで、遅れを取った満子は絶体絶命の危機に陥ってしまう。

 

f:id:nek654:20170808234148p:plain

(©『東京カラス』)

もうダメだ…。そう思った瞬間、空からカラスの姿をした少女が現れる。彼女のおかげで満子は助かり、怪人赤マントを倒すことに成功。

 

その後、満子はカラスの少女と話をする。どうやらカラスの少女は満子のことを知っているらしいが、満子には全く心当たりがない。

 

カラスの少女が気になる満子は、自分が所属する部活「都市伝説研究会」に入るように提案するのであった…。

 

漫画『東京カラス』の魅力

オカルトバトル漫画!に見せかけたギャグ漫画

 

オカルトチックな敵が出てくるし、1話からばっちりバトルシーンがあるしで、どう考えてもオカルトバトル漫画だと思ってたんですけど、実はギャグ漫画だった!

 

表紙からして、いかにもバトル漫画ぽいし、タイトルに「東京」なんてついてるから、『東京喰種』みたいにダークな雰囲気のバトル漫画だと思って、買っちゃたんだよお…。

 

そんな感じで買ってしまった『東京カラス』でしたが、意外や意外、ギャグがなかなかおもしろいのですっ!

 

なんというか、絶妙なタイミングでふざけてくるんですよね、この漫画。結構真面目にバトルをしている時でも、隙あらばギャグをかましてくる。そのゆる~い雰囲気が個人的にすごくツボにハマった。

 

笑ったギャグと言えば会長(主人公の仲間の犬)の素顔は、すっごく笑いましたね。

 

f:id:nek654:20170808213346p:plain

(©『東京カラス』)

無駄にイケメン!!柴犬のちっちゃな体に、イケメンの顔が付いててキモすぎワロタwww

 

f:id:nek654:20170808214902p:plain

(©『東京カラス』)

あとこのシーンも好きだなあ。このおっさん、作中最強クラスの力を持っている人なんですよ。それがめちゃくちゃ強い敵と戦うってもんだから、どんな技が炸裂するかと思ったら、まさかのDO☆・GE☆・ZA☆!!

 

ちなみにこの技めっちゃ強いです。ただしこの技を使ってしまうと、本人にもダメージが生じます。(肉体的にも社会的にも)

 

また、モブキャラも個性的なのが多くて面白いですね~。個人的に好きなのが盛田(モルダ)さんですね。

f:id:nek654:20170808215605p:plain

(©『東京カラス』)

はい、そうです元ネタはドラマ「Xファイル」のモルダーです。

 

f:id:nek654:20170808215810p:plain

(©『東京カラス』)

盛田さんの妻・須華梨(スカリ)。元ネタのスカリー捜査官の名言「モルダー、あなた疲れてるのよ」もバッチリです。今までこんなパロキャラ出てこなかったのに、いきなり出してくるもんだから、笑ってしまった。

 

他にも妖怪・変態サドルという、女の子が座った自転車のサドルばかり奪う妖怪もいたな~。完全に弱虫ペダルに喧嘩売ってるんだけど、大丈夫かなあれ。

 

このように、オカルトバトル漫画に見せかけておいて、クッソくだらんギャグをかましてくるのが『東京カラス』の魅力です。

 

しかしバトルもしっかりやる

 

ギャグ要素の割合が高い『東京カラス』ですが、バトルシーンもちゃんとあります。しかもなかなか迫力があるバトルなんですよね、これが。

f:id:nek654:20170808223955p:plain

(©『東京カラス』)

足で刀を掴んでそのままぶった切る、かなりド派手な戦法です。妖怪ならではの攻撃方法がなんともイカス!『東京カラス』では様々な妖怪が、独特の攻撃方法で攻めてきます。それを主人公・満子が臨機応変に攻略していくのが見ていて、面白いです。

 

f:id:nek654:20170808224453p:plain

(©『東京カラス』)

こちらは主人公・満子の攻撃シーン。女の子が相手でも容赦なくボコボコにする満子さん、マジ半端ないっす。満子は基本的にヤンキーみたいな性格をしているので、躊躇なく敵を潰していきます。その思いっきりのよさが、読んでいて爽快です。

 

このように『東京カラス』では、迫力のあるバトルシーンが展開されます。躍動感があって非常にかっこいい。しかし、こんなかっこいいバトルシーンでも、合間にボケを挟んできたりするので油断できない。

 

「おおっ、かっけえ!」って思ってページめくったら、ギャグシーンが入ってきて思わず「ふふっ…。」ってなっちゃう。この独特のテンポで進むバトルシーンがクセになります。

 

主人公・満子が破天荒でかっこいい

 

 満子は女の子キャラなのに、まったく萌え要素がないという珍しいタイプの主人公です。鋭い目つき、ダサイ服装、ヤクザのような雰囲気…まったく萌え要素がない…。

 

そんな萌え要素の皆無な主人公なんですが、読んでいく内に自然に好きになっていってしまうから不思議です。僕は萌え豚なのに…。

 

なんというか、満子の破天荒さがすっごくいいんですよね。普段の行動はチンピラだし、言動もひどいんですよ。

 

ある時、仲間の巴を助ける過程で、巴に多額の借金を背負わせてしまうんですよ。それで巴のもとに借金取りが来るんですが、その時に言ったセリフがこれ。

f:id:nek654:20170808230855p:plain

(©『東京カラス』)

「巴。ちょっと泡の風呂でおっさんとたわむれるだけだ。がんばれ。」

ひどすぎじゃないですかwww女子高生が言うセリフじゃねえwww

 

f:id:nek654:20170808231739p:plain

(©『東京カラス』)

こんなめちゃくちゃなことを、しょっちゅう言う満子ですが、実はすごく仲間思いなんですよね。そこが、かっこいい。自分がボロボロになりながらも、仲間を守るために戦う。普段の満子からは想像ができない行動に、心打たれました。

 

また、満子は霊が見えないという致命的な弱点を補うために、頭を使ったトリッキーな戦い方をします。こういう頭がよくて機転が利く部分も、彼女の魅力ですね。

 

普段ダメダメだけどやる時はやる。そのギャップがたまりません!

 

最後に

漫画『東京カラス』は、ギャグとバトルのバランスが絶妙なオカルトバトル漫画ですっ!!

難しいこと考えずに、楽しく読めちゃう漫画ですね。基本的に1話から2話ぐらいで一つの話が完結するのも、読みやすくてGOOD!!

 

ということで漫画『東京カラス』の紹介を終えようと思います。

じゃあね~はわわ~。

関連記事

漫画『BLACK LAGOON』は読んだ後に口が悪くなる漫画です!クソ野郎!! - はわわにっき!

漫画『思春期ビターチェンジ』はすっごく切ない男女入れ替わり漫画でした…。 - はわわにっき!

漫画『市場クロガネは稼ぎたい』は学校の教科書に載せるべき漫画だ! - はわわにっき!