SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はわわにっき!

はわわっ!主に漫画やアニメのことについて語るぶろぐですっ!

MENU

The STROBOSCORPの曲「アイオクリ」が完全にパクリなんだが

音楽 音楽-バンド紹介

f:id:nek654:20170128185255j:plain

(引用:http://natalie.mu/music/news/216371

はわわっ、ネック(@nekjinjya)ですっ!

今、Mステの録画していたのを見ていたんですよ。そしたら、miwaがなんか新たにThe STROBOSCORPっていうバンドを組んだみたいなんですよ。

そして、そのバンドの曲「アイオクリ」っていうのを聴いてみたら、なんかサビ聞いたことあるぞってなったんですよ。

そして、そのある曲を調べて聴いてみたら、サビほぼ一緒だったんですよ。これはいかんでしょと思いました。

 

The STROBOSCORPとは

The STROBOSCORPというバンドは映画「君と100回目の恋」で生まれたバンドなんですって。所属メンバーにmiwaと俳優の坂口健太郎さんがいます。

 

この「君と100回目の恋」という映画にThe STROBOSCORPが出てきます。っていかこの映画の主演がmiwaと坂口健太郎なんだよね。まあ詳しくは公式サイトを見てください

kimi100.com

なんか、超絶リア充映画っぽいですね。僕には全く縁のない映画だなー。僕も彼女がいればこんな映画を見に行くのかな~。

いやいや、話が脱線してるよ。そうじゃない、今回の記事は、「アイオクリ」という曲がパクリじゃねーか!!ということを書く記事ですよ。ということで、問題の曲について書きます。

 

問題の曲「アイオクリ」

パクリ疑惑がある曲がこの「アイオクリ」という曲です。

www.youtube.com

これのサビのメロディを覚えておいてください。

 

パクられた曲がこれです。

www.youtube.com

 

アイオクリっていう曲のサビと、このnano.RIPEの「影踏み」という曲の歌い出しやサビのメロディが全く同じなんですよ。

この影踏みという曲は劇場版「花咲くいろは」というアニメの主題歌の曲です。2008年にリリースされています

 

これってどうなの?仮にも音楽のプロであるmiwaが、しかも映画の曲という多くの人に聴かれるであろう曲を、人からパクってくるって正直やっちゃだめでしょ。

 

それとさあ、僕このnano.RIPEっていうバンドかなり好きなんですよ。ライブにも何回か行くぐらい好きなんです。しかも、この影踏みという曲は、非常に完成度が高く、ファンからも人気が高い曲です。

 

その曲をパクられるのは非常に悲しい思いでいっぱいです。つーか怒りが湧くわ。nano.RIPEってあんまりメジャーじゃないからバレないと思ったんでしょうか?もし、そうだとしたら許せないですね。

 

こんだけサビのメロディが一緒なので、パクリじゃないという言い訳はきついんじゃないでしょうか。これは、ぜったいわかっててやってると思うんですけど。ああーマジで悲しいです。

 

きっと、「君と100回目の恋」を見に行くパリピたちは、nano.RIPEがアイオクリをパクったーとか言い出すんでしょうね。ぐぬぬぬ、腹立つ~~。ちくしょおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!影踏みのほうが先に発表された曲だっつうのおおおおおおおおおおお!!!!!!

 

最後に

nano.RIPEファンの自分としては非常に悔しい出来事です。ほんと悔い改めろって感じ。アイオクリとかいう曲滅びてくれないかな~。ま、つべこべ言っても仕方がないので、僕は大好きなnano.RIPEの曲を聴いて精神を落ちつけることとします。

 

nano.RIPEマジでいい曲いっぱいあるんで、聴いてみて欲しいです。面影ワープとかマジ最高なんで。

こんな記事で、nano.RIPEを紹介するのもなんかアレですけど。ということで、そろそろ終わりにします。

 

じゃあね~、はわわ~。

 

※追記

この記事書いたら、twitterから火消し(燃えてないですけど)と思われるアカウントから連絡きてクソワロタンゴwwwwwww

確かに「影踏み」よりも前にリリースされた曲で、似たようなメロディの曲もあるみたいです。ある意味「影踏み」もこの曲調をパクったと言えなくもない。

つーかこの曲調の曲多すぎですね。じゃあ、なんでアイオクリはこんなに使い古されたメロディを今更使ったんだろう。もうちょい、ひねった方がよかったんじゃない?

 

関連記事

凛として時雨のおすすめ曲ランキングベスト10を時雨信者の僕が紹介する! - ゆるくいきていく

TK from 凛として時雨「Signal」をレビューするぞ! - ゆるくいきていく