SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はわわにっき!

はわわっ!主に漫画やアニメのことについて語るぶろぐですっ!

はわわにっき!

MENU

カバディがまさかの漫画化!?「灼熱カバディ」がマジで熱すぎるっ!

灼熱カバディ

はわわっ、ネックですっ!

僕はスポーツが苦手でスポーツ観戦の趣味もないので、普段スポーツ漫画はあまり読まないんですよ。

 

そんな僕が、最近引き込まれたスポーツ漫画が、今回紹介する「灼熱カバディ」という漫画ですっ!

 

この漫画はカバディというマイナースポーツを題材にした漫画です。カバディってネタスポーツだと思ってたんですよ、この漫画を読むまでは…。

この漫画を読んだ後は、カバディをネタスポーツだとは口が裂けても言えません!

 

ということで、今回は超熱いスポーツ漫画「灼熱カバディ」を紹介したいと思いますっ!

 

そもそもカバディって何?

カバディ

(引用:http://letskabaddi.peatix.com/#

カバディってそもそも何だよ?と思う方も多いと思うので、漫画の紹介の前に、まずカバディについて紹介したいと思います。

 

カバディは決められた陣地内で行う鬼ごっこのような競技です。相手をタッチすれば得点になります。しかし、相手をタッチしに行くときは、つねに「カバディ、カバディ…」と言い続けなければなりません。

 

激しい動きをしながら、常にカバディと言い続けなければならないので、めちゃくちゃ体力を使う競技になっています。

www.youtube.com

詳しいルールはこの動画に載っています。日本カバディ協会の公式PVですっ!!

 

灼熱カバディってどんな漫画?

灼熱カバディ 1 (裏少年サンデーコミックス)

カバディはネタじゃない…熱いスポーツだ! スポーツ嫌いの元サッカー有名選手・宵越竜哉(高1)のもとに、ある日『カバディ部』が勧誘に!

「カバディなんてネタだろ(笑)」と内心バカにしつつ練習を見に行くと、そこではまるで格闘技のような激しい競技が行われていて……!!!  

 

将来を期待されていたサッカー選手の宵越竜哉(よしごしたつや)は、過去の出来事からスポーツ全般が嫌いになっていました。高校に進学してからは、家に引きこもって、ミコミコ生放送というニコ生のようなもので生主を続ける日々。

 

そんな日々を送っていたのですが、ある時、カバディ部の畦道(あぜみち)相馬に、カバディ部の勧誘をされ、半ば強引にカバディ部に連れていかれます。

 

そして、宵越竜哉はカバディを始めることになり、だんだんとカバディの魅力に惹かれていきます。

 

灼熱カバディの魅力

ここでは、灼熱カバディという漫画にはどんな魅力があるかについて、詳しく書いていきます。

 

カバディというスポーツがよくわかる

灼熱カバディ 井浦

ほとんどの人が知らないであろう、カバディのルールを詳しく知ることができます。最初は大まかなルールが説明されて、徐々に細かいルールも解説されていくので、カバディが全然わからなくても安心して読むことができます。

 

カバディは攻守交代性で行われ、攻撃側は相手をタッチし、自分のエリアに戻ってくることができれば得点になります。

 

攻撃側はこのあいだ、ずっと「カバディ」と連呼していないといけません。逆に守備側は攻撃側のプレイヤーを捕まえて、倒してしまえば得点になります。

 

つまり、肉体と肉体がぶつかり合うかなりハードで熱いスポーツということっ!!

 

灼熱カバディを読むことで、こんなに熱くてハードなスポーツであるカバディについて、めちゃくちゃ詳しくなれます。

 

カバディがとにかく熱い!!

灼熱カバディ 王城

スポーツ漫画特有の熱い展開が、もちろん灼熱カバディにもありますっ!特に単行本3巻の練習試合の回が本当に熱かったっ!!

 

部長にすべてを託される宵越竜哉、凡人と侮られ悔しい思いをしながらも、決して努力をやめなかった井浦先輩、全国大会を目指し鍛錬を怠らない部員の仲間たちっ!!

 

お前ら全員熱すぎだろおおおおおおおおおおお!!!!!

 

何だよ、カバディってこんなに熱いスポーツだったのかよっ!!知らんかった…今までにネタにしててゴメン…。

 

読んでると胸が熱くなってくる。体の内側からふつふつと湧きあがるものを感じるっ!

心がッ、沸騰しているのを感じるッッッ!!!

 

これぐらい熱くなれるのが、灼熱カバディの一番の魅力ですっ!

 

キャラクターに個性がある

どのキャラクターも非常に個性が強いですっ!

天才で超負けず嫌いの主人公、宵越竜哉。田舎育ちでめちゃくちゃ筋力があるハゲ、畦道相馬。あらゆる情報を駆使し、作戦を立てる井浦先輩。

 

このように、個性豊かなキャラクターが生き生きと動き回るので、読んでて楽しいです。

 

灼熱カバディ 王城

個人的に部長の王城先輩が一番好きです。普段ひょろひょろの優男なのに、試合になると豹変して悪魔のような顔になるのがかっこいい!

相手の呼吸の隙をついて、気づかれない間に敵を倒すのが、忍者みたいで好きだな~。

 

しかも、その能力を得れたのは、延々と続けてきた基礎練習のおかげっていうのもかっこいいよね。

つまり王城先輩はかっこいいっ!!

 

圧倒的画力!!

灼熱カバディ 宵越竜哉

画力のレベルが非常に高いので、試合中の緊迫感がダイレクトに読者に伝わります。たぶん、微妙な作画だと、こんなにこの漫画は面白くなっていないと思います。

 

先ほど、灼熱カバディはめっちゃ熱いっ!って言いましたけど、この熱さはこの圧倒的画力があってこそ成り立っているんだと思います。

 

カバディというマイナースポーツをここまで、熱く、カッコよく書けるのはホントにすごいなーと感心してしまいました。

 

最後に

マジで熱いスポーツ漫画なので、そういうのが好きな人におすすめの漫画です。

あと、スポーツそんなに好きじゃない人にもおすすめできます

 

スポーツ漫画が好きじゃない人って、大体が運動音痴でスポーツにいい思い出がない人だと思うんですよ。野球やサッカーができる人に比べて自分が劣っているみたいに思っちゃう。

 

そんな感情があるから、スポーツ漫画に興味がわかない。(僕はこういった思いがあります)

 

しかし、マイナースポーツはほとんどの人がやったことがないので、特に嫌な思い出もなく、誰かと比べて劣等感を抱えることもない。だからすごく読みやすいんですよね。

 

カバディとか絶対ほとんどの人がやったことないしwww

 

ですから、「灼熱カバディ」はスポーツ漫画を敬遠している人にも、すごく手に取りやすい漫画だと言えます。

 

スポーツ苦手な人も「灼熱カバディ」を読んで、熱い気持ちになろうぜっ!!そして、機会があれば実際にカバディやろうぜっ!!!

 

 じゃあね~はわわ~。