SHIINBLOG

はわわにっき!

はわわっ!主に漫画やアニメのことについて語るぶろぐですっ!

はわわにっき!

MENU

漫画『素足のメテオライト』は非常に考えさせられる名作漫画だった…。

素足のメテオライト 1 (コミックブレイド)

はわわっ、ネックですっ!

僕のお気に入りの漫画の一つに『リィンカーネーションの花弁』という漫画があります。以前に漫画紹介記事を書いてしまうほど好きな作品です。

『リィンカーネーションの花弁』がすごく面白かったので、きっとこの作者が書く漫画はどれも面白いだろうと思い、彼の前作『素足のメテオライト』を読んでみました。

 

感想としましては、「荒いところもある、だけどこれは名作だっ!」って感じっ!

作者の処女作なので、いろんなところが荒くて拙いんですけど、それでもキチンとまとまっていてよい作品ですね。

 

ということで今回は漫画『素足のメテオライト』について紹介します。

 

漫画『素足のメテオライト』ってどんな漫画?

流れ星に願いをかけた「普通」を愛する少年・朝田名有介。彼の前に、「神」を名乗る少女・ダルミルが現われ、有介の「普通」は瓦解する…。小西幹久が綴る人と神を巡るサイエンス・ファンタジー!!

1話あらすじ

流れ星に願いを事をした翌日、朝田名 有介(あさたな ありゆき)の家は木端微塵に吹き飛んでいた。驚いている彼のもとに、突然、幼女の姿をした神様・ダルミルが登場。信じられない出来事に唖然とする有介。

漫画『素足のメテオライト』ダルミル

(©『素足のメテオライト』)

ダルミルが神であることを信じられない有介であったが、ダルミルが見せる超常現象を否定することもできず、ダルミルをしぶしぶ神だと認める。

 

「願いを言え」とダルミルに迫られ、有介が願ったことは「ダルミルがここに来たことを、なかったことにしてくれ」であった。平凡で普通な日常を望む有介にとって、非日常な出来事は受け入れがたかったのだ。それを聴いて泣き出すダルミル。

 

漫画『素足のメテオライト』

(©『素足のメテオライト』)

その時、有介とダルミルは異形の存在に襲われる。有介はダルミルと協力して神パワーで敵を倒す。その後、ダルミルがそんなに悲しむのなら、さっきの願いはなしということになり、有介とダルミルの非日常が始まります。

 

全5巻で完結済みの作品です。ジャンルはサイエンス・ファンタジー。

漫画『素足のメテオライト』の魅力

ダルミルちゃんがめちゃくちゃかわいい

漫画『素足のメテオライト』ダルミル

(©『素足のメテオライト』)

もうかわいすぎてやばいいよおおおおおおお!!!!!こういうロリっ子たまんないほど好きなんだよおおおおお!!!あああああ、かわいいかわいいかわいい!!

クンカクンカ、スーハ―スーハ―。

 

この漫画のヒロインであるダルミルちゃんは幼女を姿をした神です。つまり、最高にかわいいってこと!ダルミルちゃんマジ天使、いや天使じゃなくて神だった…。

漫画『素足のメテオライト』ダルミル

(©『素足のメテオライト』)

笑顔でご飯を食べるダルミルちゃんのかわいさやばあああああああ!!!これなら、いくらでもご飯つくれちゃう。全財産失くしてでもダルミルちゃんにご飯食べさせたい。

漫画『素足のメテオライト』ダルミル

(©『素足のメテオライト』)

 ダルミルちゃんにこんなことされたら、理性が崩壊しちゃうよおおおおお!!!!!!!

おい有介場所変われや、おい。めっちゃいい匂いしそう。クンカクンカ。

 

このように『素足のメテオライト』は、ダルミルちゃんのかわいさがマジでヤバい漫画です。

前から思ってたけど、作者絶対ロリ好きだよな。『リィンカーネーションの花弁』でもヒロインがロリ体型だし、メインキャラにもロリおるし、絶対幼女好きだわこの作者。

 

テンポのいいギャグとバトル、そしてシリアス

物語の前半はテンポのいいギャグとバトルが続きます。結構ヤバい状況に陥っていても、ギャグを挟んでくる幼女神・ダルミルちゃんがおもしろいです。

漫画『素足のメテオライト』ギャグ

(©『素足のメテオライト』)

こちらは必殺技の反動(お腹を下してトイレから離れられなくなる)を嫌がる有介のために、反動の少ない強化を施すダルミル。その結果右手だけムキムキになってしまった。(なお、右手だけムキムキにしても勝てなかった模様)

 

漫画『素足のメテオライト』ギャグ

(©『素足のメテオライト』)

必殺技の名前を叫ぼうにも、名前が思いつかず「ちくしょおおおお!!!」と言ったせいで、必殺技を「ちく掌」にされてしまった有介。これ以降「ちくしょおお」と言わない限り、必殺技が出せなくなります。

 

前半はこのようなおふざけが多く、一話完結のお話がメインなので、非常に読みやすいです。

 

そして中盤以降は、徐々にシリアス要素が入ってきます。特に最終巻のシリアス具合は相当なものになり、読者を感動させてくれます。最終巻は他の巻と比べて、段違いで完成度が高いので、ぜひとも全巻読んでみて欲しいですね。

 

 「神と人間のあり方」について独自の視点で描いている 

前半でいろいろ書きましたが、僕が『素足のメテオライト』を名作だと思う理由がこれです。

 

神が出てくる漫画っていうのはたくさんありますよね。その作品のどれもが、神が超パワーで願いを叶えてくれたり、すごい特殊能力を与えてくれたりという展開になる。そして「神すげー!神バンザイ!」ってな感じで終わってしまう。

 

この作品も中盤までは神パワーを使ったバトルが展開されます。しかし終盤にかけて、「神とどう向き合うべきなのか?」というテーマが浮き出てきます。

 

漫画『素足のメテオライト』有介

(©『素足のメテオライト』)

神と出会うことによって、人は願いが叶えられる。しかし、それは本人が自らの力で達成できたかもしれないという可能性を、ゼロにしてしまうことではないのか?

 

ずっと神に願いを叶えてもらっているだけでは、むしろ人はどんどんダメになっていくのではないか?それならば、神は訪れない方が結果的によいのではないだろうか?『素足のメテオライト』は、神と人間の関係性についてここまで深掘りしていきます。

漫画『素足のメテオライト』ダルミル

(©『素足のメテオライト』)

そして、最終巻で「神の存在理由とはなんなのか?」という問いに対する答えを、今までの伏線をフルに使って、読者に提示します。

 

ここがこの漫画のすごいところなんですよっ!!普通「神」という存在について、ここまで深く考えられる!?神が登場する漫画は数あれど、こんな考え方をしてくる漫画は初めて見ました。

 

しかも、「神の存在理由がなんであるかについて」読者に納得のいくような説明がキチンとされるんですよ!!しかもオリジナリティあふれる論理でっ!!

 

『リィンカーネーションの花弁』でも思ったことだけど、この作者は一つのテーマについて、自分の考えをしっかり述べてきますね。

『リィンカーネーションの花弁』では、一貫して「才能」というテーマについて書き続けていますし、『素足のメテオライト』では「神と人間の関係性」というテーマを描いています。

 

この漫画を読んで、神様にお願いごとをする時の意識が変わりました。それぐらい、僕にこの漫画に影響を受けましたっ!!

 

 最後に

漫画『素足のメテオライト』は粗削りながらも、非常に完成度の高い漫画ですっ!!

考えさせられる要素もたくさんあるので、漫画玄人の人にも読んでみて欲しいですね。

 

ただ一つ残念なのが、この漫画打ち切りのような感じで終わってしまったこと。そのせいか急展開も多いです。もし打ち切りでなければ、もっと完成度の高い作品になったでしょうに。

 

現時点でも十分、完成度の高い作品なだけに非常にもったいない。神マンガになれたかもしれない逸材ですよ!!ああ、もったいない…。

 

愚痴っていても仕方ないので、そろそろ漫画『素足のメテオライト』の紹介を終えようと思います。

じゃあね~はわわ~。

関連記事 

漫画『リィンカーネーションの花弁』は偉人の力で戦う激アツバトル漫画! - はわわにっき! ←同じ作者の別作品。

 

漫画『スピリットサークル』は伏線回収と感動要素がすごすぎてヤバい! - はわわにっき!