SHIINBLOG

はわわにっき!

はわわっ!主に漫画やアニメのことについて語るぶろぐですっ!

はわわにっき!

MENU

悲惨な宗教戦争を描いた漫画『乙女戦争』が面白い!

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ  : 1 乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ (アクションコミックス)

はわわっ、ネックですっ!

今回紹介する漫画は『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』です。

この漫画は15世紀、中央ヨーロッパで起こり「宗教改革」の発端となった「フス戦争」をモチーフにした漫画となっています。

内容を簡単に言うと、「フス戦争という悲惨な戦争の中で、少女・シャールカが強く生きていく様子を描いた歴史漫画」といった感じです。

 

もうね、この漫画すごく面白かったんですよ。僕は世界史について全然知らないんだけど、そんなの全く気にならないぐらいにサクサク読めてしまいました。

エグい戦争シーンとかすごくリアリティがあって、引き込まれましたね~。そんな過酷な環境で強く生きるシャールカちゃんが、めっちゃ尊かった…。

 

という訳で今回は、漫画『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』を紹介していこうと思います。

 

漫画『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』ってどんな漫画?

1420年ボヘミア王国――。そこでは異教徒狩りを名目に、騎士たちによる大量虐殺が行われていた。

ある日、キリスト教フス派(※)の村に住んでいた少女・シャールカは騎士団による異教徒狩りに遭ってしまう。その結果、シャールカは家族を皆殺しにされ、自身も騎士によって凌辱されてしまうことに…。

 

f:id:nek654:20171118211421p:plain

(©『乙女戦争』)

その後、命からがら逃げだしたシャールカであったが、行く当てなどどこにもない。なんとか歩き続けるも、やがて彼女は力尽きて倒れてしまう。

しかし、そんなシャールカを拾ったのがヤン・ジシュカという老兵であった。ジシュカはいきなり、「俺の部隊に入らねえか」とシャールカをスカウトする。

 

ジシュカの仲間たちは、「シャールカのような少女を戦場に出すなんて無理だ」と言うが、どうやらジシュカには考えがあるらしい…。

 

f:id:nek654:20171118211528p:plain

(©『乙女戦争』)

こうして、シャールカはジシュカ率いる部隊の兵士となり、戦場に身を投じることになるのであった…。

 

※補足 この時代、キリスト教はカトリック派以外は全て異教徒とみなされていた。

 

漫画『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』の魅力 

悲惨な戦争シーン

乙女戦争というタイトルなので、可愛らしい女の子たちが戦う萌え~な感じの漫画だと思うじゃないですか?実際、僕もそんな感じを期待してこの漫画を手に取りましたし。

でも、『乙女戦争』という漫画はそんな甘っちょろいものではなかった!

 

f:id:nek654:20171118214326p:plain

(©『乙女戦争』)

先ほども書きましたが、なんと、冒頭でいきなり主人公・シャールカちゃんが兵士に凌辱されてしまうのです。これには僕もびっくり!

ええ、いきなりすごく重たいシーンから始まったんですけど、この漫画…。ま、まあ、こんな重たいシーンは最初だけだろう…。これからはシャールカちゃんが元気に明るく戦うんだろう…。そうに違いないっ♪

 

そんなことはありませんでした…。この後もたびたび悲惨なシーンが続きます。

 

f:id:nek654:20171118214158p:plain

(©『乙女戦争』)

シャールカはジシュカという男の下で兵士となり、その後他の女の子たちと「ターボル天使隊」という部隊を編成するのですが、女の子が戦場に出るということは…ええ、そうなんです…。めちゃくちゃ酷い目に遭います。

 

マジで、金!暴力!SEX!って感じです。まるで北斗の拳のヒャッハー!!的な展開のオンパレード。生々しい描写が多すぎて、読んでいて胸くそ悪くなること間違いなしですね。

 

しかし、この悲惨な描写の数々のおかげで、読者は戦争というものをリアルに感じることができるんですよ。

まるで、自分が中世の宗教戦争の時代にタイムスリップして、戦争を目の前で見ているような感覚に陥ってしまいます。

そんな、非常にリアルで生々しい戦争シーンが魅力の漫画です。

 

ジシュカが生み出す、アッと驚く奇策

f:id:nek654:20171118211850p:plain

(©『乙女戦争』)

この漫画にはシャールカの他にもう一人主人公がいます。そのもう一人の主人公こそが、ヤン・ジシュカという男です。

ジシュカは数々の戦争を体験してきた老兵で、非常に頭脳に長けています。彼はその豊富な戦闘経験を活かして、誰も思いつかないような奇策を次々と生み出していきます。

 

例えば、戦争に女子供でも扱える軽量な火器ピーシュチャラ(笛)を採用したり、信仰心がつよく統率の取れた動きができる農民たちを部隊に組み込んだり…。

また、少年少女による聖歌隊「ターボル天使隊」を編成することで部隊の指揮を上げたり、装甲荷車(ワゴンブルク)による戦闘を行ったりします。

 

当時、戦争と言えば騎士たちが各自考えて行動することが多く、今の戦争のように統率の取れた動きなどありえなかったんですよ。

 

f:id:nek654:20171118212048p:plain

(©『乙女戦争』)

そんな時代に、しっかりと統率が取れ、なおかつ仲間の結束力が強い部隊が出てきたら…。そうです、めっちゃ強いのです。たった数千の部隊で数万もの相手と戦えてしまうほど、ジシュカの部隊は強い。

 

ただ、強いといっても圧勝ではないんですよ。割と毎回ギリギリの勝利が多い気がします。だが、そこがいいんです。

圧倒的な数の軍勢を前にして、いかに奇策を用いて勝つか…そういった頭脳や作戦を活かしして勝つ感じが、最高にスタイリッシュでカッコいい!

 

僕は頭脳戦が大好きなので、ジシュカのように作戦勝ちするタイプがめちゃくちゃ好きなんですよ。だから、ジシュカの活躍に終始ハラハラしっぱなしだった。

さまざまな新型武器を搭載し、農民や女子供など様々な身分の者たちを上手く使い、敵の部隊を着実に倒していく…。そしピンチの時は、アッと驚くような奇策で勝利を掴む。

そんな、ジシュカの戦いにワクワクドキドキできます。

 

悲惨な状況でも懸命に戦う少女たちの美しさ

f:id:nek654:20171118213041p:plain

(©『乙女戦争』)

先ほども書きましたように、この漫画は悲惨なシーンがすごく多いんですよ。とにかく女の子がひどい目に遭うシーンが目立ちます。

しかし、彼女たちはどんなにひどい目に遭い続けても、決して悪には屈せず戦い続けるのです!

 

その様子が美しくて美しくてしょうがない。男たちによって慰み者にされても決して心までは奪わせない。

心は常に高潔であり続ける少女たちの姿には、まるで天使のような神々しさが見てとれます。

 

この少女たちは、最初からこんなに強いわけじゃないんですよ。最初の方は戦争が怖くて怖くて仕方がないというただの一般人にすぎないわけです。

 

しかし、戦場に何度も出ていく内に隊の仲間たちとの絆が深まっていきます。そして、「絶対に生きて仲間たちの下へ帰るんだ!それまでどんな目に遭おうとも決してあきらめない!」という強い心をもった少女達になっていくのです。

 

この少女たちの成長していく姿に、心打たれること必須ですよ。

 

f:id:nek654:20171118213446p:plain

(©『乙女戦争』)

あんなに怯え絶望するしかなかったシャールカが、こんなにも高潔で強い心を持った一人の戦士になるなんて…。

間近でシャールカをずっと見てきた僕は、彼女の成長がなんだかすごく嬉しかった。幼い子供をもった父のような気分になっちゃいましたよ。←キモい

 

そういや少女のことばかり書いていましたが、仲間の男性たちもいい味出してるんですよ。とくに少女たちが捕虜として、敵に捕らえられてしまったときの男性陣はかっこよかった。

 

f:id:nek654:20171118213917p:plain

(©『乙女戦争』)

「俺たちの天使たちを取り戻せーーー!!!」と言って、敵の本拠地に乗り込んでいくんですよ。敵の本拠地だからめっちゃ危険なんですけど、男たちは身の危険を顧みず、少女たちを救うために戦場へ向かうのです。

そのシーンが非常に熱くてですね、見てるこっちもたぎってしまいましたよ。ああいう、男くさい熱いシーンっていいよね。

 

おっと、話が逸れましたね。まとめると、「『乙女戦争』という漫画は、悲惨な戦場でも決して諦めず戦い続ける少女たちの美しさ」が魅力の漫画ということです。

これからも、少女たちの美しい生き様から目が離せません。

 

最後に

漫画『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』は、少女たちの美しい生き様が心に響く漫画ですっ!

エグい戦争シーンと乙女の美しさのコントラストが、読者を不思議な高揚感へと導いていく…そんな感じの漫画でした。

 

リアリティある戦争漫画を読みたい方や、人々が成長していく漫画が好きな人にお勧めしたい漫画ですね!

 

という訳で、今回は漫画『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』を紹介してきました。興味がある人はぜひ一度読んでみてください。

じゃあね~、はわわ~。

 

 

おすすめ記事 

www.nek654-yurulife.com

 

こちらの記事では、今までに読んだ漫画の中で特に面白かったものをランキング形式で紹介しています。

少しマイナーな漫画が多めに入っているので、もしかしたらまだ見ぬ面白い漫画に出会えるかもしれませんよ♪