SHIINBLOG

はわわにっき!

はわわっ!主に漫画やアニメのことについて語るぶろぐですっ!

はわわにっき!

MENU

漫画『女の子が死ぬ話』感想。びっくりするほど後味が悪いマンガでした…。

女の子が死ぬ話 (アクションコミックス)

はわわっ、ネックですっ!

今回紹介する漫画は『女の子が死ぬ話』です。すごいタイトルですね。

内容は読んで字のごとく、女の子が死ぬ話となっています。

ちなみに、この作品はマンガ大賞を受賞した作品『響~小説家になる方法~』と同じ作者が書いた作品です。

 

読んだ感想は、めっちゃくちゃ後味悪いっ!の一言につきます。よくここまで後味悪くできたなという感じ。そして、ただ後味悪いだけでなく強烈に残るものがありました。

 

ということで今回は人にはお勧めしにくい漫画、『女の子が死ぬ話』を紹介したいと思います。

 

漫画『女の子が死ぬ話』あらすじ

f:id:nek654:20180318193947p:plain

女子高生・望月千穂は、ある朝、美しい少女・瀬戸春香と出会う。

その美しさに思わず見惚れてしまう千穂。

 

その後二人は徐々に仲良くなっていくのだが…、実は遥の寿命は残り1年を切っていた。もちろんそのことについて、千穂は知る由もない。

わずかに残された時間を前に、少女は何を思うのか…。

 

こんな感じの漫画です。全1巻で完結しています。

 

漫画『女の子が死ぬ話』感想

人の死というものをリアルに描いている

女の子が死ぬ話

(©『女の子が死ぬ話』)

とにかくリアル。淡々と人の死を描いている、そんな印象を受けました。

漫画でキャラが死ぬシーンってどうしても感動的になることが多いじゃないですか。

でも、この『女の子が死ぬ話』ではそんなドラマチックな描写は一切ない。女の子が病気に苦しんで死んでいく、ただそれだけ。

 

だからこそ彼女の死が読者にリアルに伝わります。読み終わった後は、まるで身近な友達が死んでしまったような喪失感を味わいました。

 

また、かなり挑戦的な漫画だとも感じましたね。

ただ淡々と人の死を描くだけの漫画なんて、売れる気一切ないじゃん。普通ドラマチックでお涙頂戴な展開にして、少しでも売れようとするもんじゃないの?

きっと、作者は「人の死」というテーマを着飾らずダイレクトに伝えたかったのでしょうね。いやー、攻めてますね。

 

最初に「女の子が死ぬ」ってことがわかってるからこそ、心に刺さる

最初に死ぬことがわかっているから、それを前提として物語を読むじゃないですか。

そしたら、主人公の女の子が死ぬ前の思い出作りをしていることがわかっちゃって、すごく悲しくなった。

 

物語の途中で、彼女は友達と海に行くことになるんですけど、そのシーンがまた心にくるんですよ。

 

普段クールで無口な彼女が、この日はよく笑顔になる。

死ぬ前に楽しかった思い出を友達と共有したい、自分が死んだ後も友達に楽しかったその日のことを思い出してほしい…。

だから、彼女は死を前にしながらも笑うんです。切なすぎるよぉ…。 

女の子が死ぬ話

(©『女の子が死ぬ話』)

このシーンもヤバい。このシーンは女の子が友達に貝殻を渡すというシーン。

この時、友達はただの思い出の品として貝殻を受け取ります。しかし、この貝殻は後に女の子の遺品となるのです…。

 

女の子はそれを見越して、この貝殻を渡しているわけですよ。

生前に遺品を渡すのってどんな気持ちなんだろう…。そのことを考えると、どうしようもなく胸が苦しくて仕方が無くなった。

 

この作品、悲しさで胸が苦しくなるシーンが多くて読むのが結構しんどいです。感情移入しやすい人は注意が必要ですね。

 

最後のシーンの構成がとんでもない

最後のシーンの構成が度肝を抜きます。ネタバレにならないように書くのは難しいんですけど、ちょっと頑張って書いてみます。

この漫画は、一般的な「人が死ぬ系のお話」の構成の一部分を変化させてるんですよ、

 

「人が死ぬ系のお話」では、ある程度話の流れのパターンがあります。

本作ではそのパターン通りに途中までは進んでいくんですが、後半でパターンから外れた構成になっています。

 

たった一か所、普通の物語と異なる構成にしただけなんですよ。

しかし、それだけで死ぬほど後味が悪くなるんです。あまりの後味の悪さに初めて読んだときは、びっくりしました。

読み終えた後に思わず、「ええ…。作者はなんでこんなの書いたの…」って口に出してしまうほどです。

 

しかし、そもそも人が死ぬっていうことは後味がいいはずがないんです。漫画とかでは爽やかに描かれることが多いですけど。

そう考えると、やはり作者は人の死という悲しい出来事をリアルに描きたかったんでしょうね。その狙いは、バッチリ成功しています。

 

この漫画を読んで、人の死というものについて考えなおさせられました。

 

漫画『女の子が死ぬ話』感想まとめ

漫画『女の子が死ぬ話』は、最高に後味が悪い漫画ですっ!

しかし、強烈に心に残る作品でもあります。とても後味が悪かったですが、間違いなく読んでよかったと思える作品でした。

 

漫画『女の子が死ぬ話』はこんな人におすすめ!

・後味が悪い話を読みたい人

・強烈に印象に残る作品を読みたい人

・短い時間で読める作品を探している人

 

ということで今回は、漫画『女の子が死ぬ話』を紹介しました。正直、若干お勧めしにくい漫画ですが、間違いなくいい漫画ですね。

気になった方は、是非ともチェックしてみてくださいっ!

 

 

おすすめ記事

www.nek654-yurulife.com

こちらの記事では、今までに読んだ漫画の中で特に面白かったものをランキング形式で紹介しています。

少しマイナーな漫画が多めに入っているので、もしかしたらまだ見ぬ面白い漫画に出会えるかもしれませんよ♪