SHIINBLOG

はわわにっき!

はわわっ!主に漫画やアニメのことについて語るぶろぐですっ!

はわわにっき!

MENU

漫画『のりりん』を読んでから、自転車に乗りたくて仕方がないです…。

のりりん(1) (イブニングコミックス)

はわわっ、ネックですっ!

今回紹介する漫画は『のりりん』という漫画です。この漫画は一言で言うと「自転車漫画」ですね。自転車漫画と言っても、『弱虫ペダル』のような激しいバトルはほとんどなく、日常生活での自転車の魅力を中心に描いた作品です。

 

この漫画、読んだ後は間違いなく自転車に乗りたくなりますっ!今まで、あまり自転車に興味がなかった僕ですが、今は「ちょっとお金を貯めて、15万円ぐらいの自転車を買おうかな?」と真面目に検討しちゃっています。

 

そんな、一度読むと自転車に乗りたくなって仕方が無くなる漫画『のりりん』を、紹介していこうと思います。

 

漫画『のりりん』ってどんな漫画?

f:id:nek654:20170709130919p:plain

(©『のりりん』)

自動車に乗ることが趣味のサラリーマン・丸子一典(まりこ かずのり、あだ名はノリ)は、今日も愛車でドライブを楽しんでいた。彼は「チャリなんか死んでも乗らねーから」と豪語するほどの、自転車嫌い。

 

f:id:nek654:20170709131030p:plain

(©『のりりん』)

ある日、ノリは交差点を右折する際に、ロードバイクに乗った女子高生・織田輪(おだ りん)を危うく轢きそうになってしまう。ノリは警察沙汰になることを避けるため、一旦、輪に免許証を預けることに。

 

f:id:nek654:20170709131155p:plain

(©『のりりん』)

用事を済ましたノリは、事故の謝罪のため、輪の実家であるラーメン屋に顔を出す。しかし、そこでなぜか輪と輪の母・陽子に、ロードバイクに無理やり乗せられるはめに。自転車嫌いのノリにとっては、最悪な一日を過ごすこととなってしまった。

 

f:id:nek654:20170709131326p:plain

(©『のりりん』)

翌日、合コンに参加した友人達を乗せているときに、杏真理子(からもも まりこ)に酒を口移しされ酒気帯びとなり、その直後に警察に遭遇。ノリは免許取り消しとなり、一年間、車に乗れなくなってしまった。

 

移動手段がなくなり困っているノリに、輪と陽子は半ば無理やり、ロードバイクを進める。免許がなくなってしまった今、他に移動手段もなく、ノリは大嫌いな自転車に泣く泣く載ることになってしまった…。

 

やがて、自転車嫌いのノリは、徐々に自転車の魅力に気づいていく…そんな漫画ですっ!

 

作者は『ぼくらの』や『なるたる』で有名な、鬼頭 莫宏。全11巻で完結しています。

 

漫画『のりりん』の魅力

自転車から見る日常風景

 漫画『のりりん』の魅力として伝えたいのが、まずこれ!この漫画は、自転車に乗った時に見える日常風景を、めっちゃ綺麗に描いているんですよ。

 

普段、何気なく歩いている、もしくは車で走っている道路。それが、自転車に乗るだけで、こんなにも魅力的な景色に見えるのか!?とこの漫画は驚かせてくれます。

 

 

f:id:nek654:20170709112325p:plain

(©『のりりん』)

自転車に乗った直後のワンシーン。この絵は右半分はきちんと背景が描かれてますが、左側は背景が描かれてません。これ自転車に乗っている時の感覚を上手く表せていて、感心しました。

 

自転車に乗っている時って、歩いているときよりも景色がぼや~とするじゃないですか、スピード出してるから。それを背景を描かないことで表現してる。すごい。

 

f:id:nek654:20170709113245p:plain

(©『のりりん』)

自転車のスピードを上げていくと、景色がどんどん流れて行く…。流れていく風景の一瞬を切り取ったかのような1コマ。美しくて、溜息が出る…。

 

f:id:nek654:20170709114124p:plain

(©『のりりん』)

そして、立ち止まってみると一気に景色が鮮明になる。自転車に乗ることで、今まで行ったことのなかった、遠い場所の景色を見ることができる。僕も自転車に乗ったら、こんな景色を見ることができるのかなあとワクワクしてしまった。

 

この漫画の何が良いって、日常風景にフォーカスしてるところなんですよね。

自転車にに乗った時に見える美しい風景を、淡々と描くことで、読者に「僕も自転車に乗ったら、こんな綺麗な景色を見ることができるのか…僕も自転車に乗ってみたいなぁ」と自然に思わせてくれます。

 

自転車にめっちゃ詳しくなれる

漫画『のりりん』では、輪の母・陽子が自転車の組み立て方や、必要なもの、さらには自転車に関する雑学まで教えてくれます。

 

f:id:nek654:20170709122353p:plain

(©『のりりん』)

自転車の世界ってこんなにも奥深いのかと驚いてしまいました。特に、ロードバイクはバラバラのパーツを、自分で組み立てるというのには驚きましたね。ママチャリしか知らない僕には、自転車を自分で組み立てるという発想はなかった。

 

様々なパーツを組み合わせて、自分だけのオリジナルの自転車を作り上げる…。なんという甘美な響き…。こりゃあ自転車にハマる人が続出するわけだわ。

 

おっと、話がそれちゃった。とにかく、この漫画は自転車の知識に関して、かなり詳しく書いています。自転車を買う時にどうしたらいい?とか自転車に乗っている時に注意すべきことは何?という疑問にもしっかりと答えてくれます。

 

漫画で楽しく自転車について学べるので、これから自転車を始めたい人の入門書として、おすすめできますね。

 

大人たちの青春

自転車を始めることで、ノリには自転車仲間が生まれ、彼らと休日にツーリングに行くようになります。何気ない道路を走ってみたり、自転車乗りの聖地に行ってみたり。さらには自転車レースのイベントに出て、仲間と汗をながしてみたり…。

 

最高にリア充してて羨ましくなるっ!!恋愛的な意味のリア充ではなく、趣味を満喫しているリア充なので、嫉妬とかもなく素直に羨ましく思います。なんというか、「大人が趣味を満喫している感じ」がたまらなく良いんですよ

f:id:nek654:20170709130604p:plain

 

(©『のりりん』)

学生時代の青春は、成人してしまったら二度と体験できません。しかし社会人になってからの青春は、その気になればいつからでも始めることができます。

この漫画を読むと、「僕も思い切って行動すれば、ノリみたいに充実した人生を歩めるんじゃね?」と思わせてくれる。

 

自転車に限らず、趣味に没頭することで楽しい人生を歩めるんだ、ということを教えてくれる漫画でした。

 

最後に

漫画『のりりん』は、読むと自転車に乗りたくなって仕方がなくなる漫画ですっ!!

以前、しまなみ海道をレンタサイクルで走ったのを思い出しました。ああ、また走りてえ…。

 

面白い漫画を読んでも、「ああー面白かったっ!」で終わりがちなんですけど、この漫画は、「僕も自転車に乗りたい!」と行動に移させてくれる感じが、素敵です。

 

というわけで、漫画『のりりん』の紹介を終えようと思います。

じゃあね~はわわ~。

関連記事

世界を憎むあなたに送りたい漫画『ib-インスタントバレット-』 - はわわにっき!

漫画『デビルズライン』は緊張感あふれるサスペンス漫画でした! - はわわにっき!

漫画『辺獄のシュヴェスタ』は主人公がかっこよすぎる漫画ですっ! - はわわにっき!