SHIINBLOG

はわわにっき!

はわわっ!主に漫画やアニメのことについて語るぶろぐですっ!

はわわにっき!

MENU

ライブ用の耳栓を紹介する!これでライブ後の耳のトラブルともおさらば!

どうもネックです!

皆さんはライブ好きですか?僕は好きですねーライブ。主に凛として時雨のライブばっかり行ってます。あとたまに、声優ライブね。

大好きなアーティストが目の前で、大迫力の演奏をしてくれるわけですから、テンション上がらないわけがない!

 大音量の演奏テンション上がるううう!!

しかし、ライブでどうしても気になってしまうことがあります。それはライブ後の耳のトラブルですね。ライブってかなり音でかいじゃないですか。

だから、ライブ後にキーンと耳鳴りがしちゃいます。あの耳鳴りがどうも気になっちゃいます。耳鳴りしてるけど、大丈夫かな?と不安になる。

 

その不安があるせいで、存分にライブを楽しめない人もいるかもしれません。

今日は、そんな不安を解消してくれて、存分ちライブを楽しめるようになる、ライブ用耳栓について紹介します。

ライブによる耳のトラブル

ライブ会場での大きな音のせいで、耳鳴りがしてしまう症状、これを音響性外傷といいます。

耳鳴りになっても、大きな音を聞かないようにしていれば、自然に治ることがほとんどです。

しかし、音響性外傷のせいで、耳の細胞の一つである有毛細胞で、傷ついてしまうと、難聴になる危険性があります。有毛細胞は一度傷つくと治らないので、注意する必要があります。

だから、そもそも大きな音で耳の有毛細胞が傷つかないようにすることが大切なのです。

そこで、ライブ用耳栓の出番です!

 

僕の使ってるライブ用耳栓

CRESCENDO 耳栓 ライブ用 イヤープロテクター Music

CRESCENDO 耳栓 ライブ用 イヤープロテクター Music

 

こちらが僕の使っているライブ用の耳栓です。

CRESCENDO 耳栓 ライブ用 イヤープロテクター Music 実物

実物はこんな感じです。これより一回り小さいサイズの耳栓も同梱されているので、耳の穴が小さい人も安心です。

実際に使って見た感想

ここでは、実際に僕が愛用している耳栓を使ってみた感想について書きます。

 

フィット感

耳に優しい素材でできているので、フィット感が大変よろしいです。長時間つけていても、全くつかれません。というか、そもそも耳につけてても違和感をほとんど感じません。普通のイヤホンよりフィット感いいです。

耳栓を耳に深く入れたり浅めに入れたりすることで、音のシャットアウト具合を微調整することができます。

 

音に関するデメリット

まずはデメリットから。バンド音楽だと、ギターの音が少し聞き取りにくくなるというか、音が少し弱く感じてしまうかもしれません。なんというか、音が少し細いというか。

特にギターが2本のバンドだと、バッキングの方のギターはしっかり聞こえるんですけど、リードの方のギターが少しバッキングの方より弱く感じます。

ギターソロとかは、はっきり聞こえるんですが、曲中の単音フレーズとかが、他の楽器の音に埋もれて、少し弱く感じます。ギターが一本だけのバンドだと、このようなデメリットはありません。

 

音に関するメリット

いい感じに音量が下がるので、聴きやすくなります。とくにドラムのシンバルを叩く音とかで生じるキンキンした高音部分が、適度にカットされるので耳に優しい。

 

僕が大好きなバンドである、凛として時雨は、ドラムのシンバルがシャンシャンうるさいし、高音ボーカルがうるさいし、ギターもハウリングしてうるさいので、この耳栓にはとても助けられています。

高音キツイ系の音楽のライブに行く時は特に、この耳栓の恩恵を感じます。

もちろん、低音も適度にシャットアウトしてくれますよ。低音でかくて気分が悪くなるのを防いでくれます。

 

あんまり音が大きくて、高音や低音が出すぎていると、聴く側にとっては、なんかまとまりの悪い演奏だなと感じます。しかし、この耳栓をつけることで、適度に高音や低音をカットされ、なおかつ音量を下がることで、非常に聴きやすい演奏に変わります。

 

持ち運びも便利

CRESCENDO 耳栓 ライブ用 イヤープロテクター Music ケース

このような耳栓収納用のケースがついてくるので、耳栓を失くしてしまう恐れもありません。(まあ、この収納ケースは小さいので、これを失くしてしまう可能性はたりそうですが…)

なんかケースの見た目もオシャレでいいですよね。チェーンとか通したら、キーホールにもなるだろうし、スタイリッシュ。

 

他のライブ用耳栓

僕の使ってるライブ用耳栓以外にも、様々なライブ用耳栓が販売されています。

Safe Ears 音楽用イヤープロテクター THUNDERPLUGS (サンダープラグス) ブリスター

Safe Ears 音楽用イヤープロテクター THUNDERPLUGS (サンダープラグス) ブリスター

 

 

 例えばこの2つね。そこまで性能に大差はないとは思うんですが、僕は使ったことないのでわかりません。ですので、買うときはレビューやブログを読んで、購入するか決めましょう。

 

最後に

楽しいライブで耳を傷つけてしまっては、元も子もありません。ライブを最大限に楽しむためにも、ライブ用耳栓を装着して、ライブに参加しましょう!

ということで、楽しいライブ生活を!

それでは!