SHIINBLOG

はわわにっき!

はわわっ!主に漫画やアニメのことについて語るぶろぐですっ!

はわわにっき!

MENU

【感想】『校舎のうらには天使が埋められている』を読んでから、小学生が怖いです…。

校舎のうらには天使が埋められている(1) (別冊フレンドコミックス)

はわわっ、ネックですっ!

今回紹介する漫画は『校舎のうらには天使が埋められている』です。

この漫画は小学校で起こる「いじめ」を題材とした、サスペンス漫画になります。

壮絶ないじめ描写のせいで、読んでいて胸糞悪くなってしまう作品です。

 

しかし、いじめに立ち向かう一人の少女の姿が、ものすごくかっこいい作品でもあります。

大人顔負けの頭脳を持ついじめの首謀者と、どこまでも真っすぐな少女の戦いが最高に熱いっ!

 

ということで今回は、漫画『校舎のうらには天使が埋められている』を紹介していきます。

 

漫画『校舎のうらには天使が埋められている』あらすじ

後堂理花(うしろどう りか)は気弱な女の子。転校先の小学校で友達ができるか、今から不安であった。

 

f:id:nek654:20170725202726p:plain

(©『校舎のうらには天使が埋められている』)

転校初日に、理花は優しそうな女の子、蜂屋あいと出会う。

彼女はその見た目通り、とても優しく、理花のことをよく気に掛けてくれた。

 

f:id:nek654:20170725205231p:plain

(©『校舎のうらには天使が埋められている』)

 理花はあいと、たちまち仲良くなった。仲良くなった二人は、一緒に登校したり、捨て犬をかわいがったりと、楽しい日々を過ごす。

 

しかし、そんな楽しい日々は唐突に終わりを告げる。

  

本日も、ウキウキ気分で登校する理花。それを見たあいは、理花に「クラスメイトのみんなからの、プレゼントがあるんだ」と笑顔でそれを渡す。

 

f:id:nek654:20170725205634p:plain

(©『校舎のうらには天使が埋められている』)

プレゼントの中身は犬の首輪だった。困惑を隠せない理花。

  

 

f:id:nek654:20170725210534p:plain

(©『校舎のうらには天使が埋められている』)

一人のクラスメイトが言い放つ。「あいちゃん、超演技上手かったー!」

なんと、あいは、ずっと偽りの友人を演じ続けていたのだ。それも、理花に最大級の絶望を与えたかったという理由だけで。

この日から、理花の絶望の学校生活が始まることになる…。

 

こんな感じの漫画です。全7巻で完結しています。

 

漫画『校舎のうらには天使が埋められている』感想

リアルないじめ描写

この漫画は「いじめ」にスポットライトを当てた漫画だけあって、いじめの描写がすごくリアルです。

 

f:id:nek654:20170725211927p:plain

(©『校舎のうらには天使が埋められている』)

この作者、イマドキの変に頭のいい小学生がやりそうないじめを、描くのが上手すぎるんですよね。

ネットを使って一生残る傷跡をいじめられっ子に与えたり、人間関係を上手くコントロールして、自分の手を汚さずにいじめをしたり…本当にリアルです。

  

一生のトラウマになることを笑顔で行う彼らは、なんて恐ろしい存在なんでしょう。

罪悪感はないのか…。

 

この漫画では、イマドキの小学生がやりそうな、エグいいじめを、これでもかと見せつけてきます。

その様子が怖すぎて怖すぎて、震える…。

 

蜂屋あいという女の子が怖すぎる

f:id:nek654:20180323182913p:plain

先ほども書きましたが、この漫画の「いじめ」描写はめちゃくちゃえげつないです。本当にひどいという他ない。もはや「いじめ」のレベルを超えています。

そんな凄惨な「いじめ」の環境を作り出しているのが、蜂屋あいです。

 

この子がヤバすぎるっ!

自分の手は決して汚さず、クラスメイトの大多数を動かし、徹底的にいじめぬく。これだけでも十分ヤバいんですが、実際はもっとヤバい。

 

彼女はいじめる相手に優しくして、信用させてから、笑顔でいじめぬきます。

信用させるために、いじめられっ子を庇っていじめっ子に殴られたり(実際は蜂屋あいが裏で命令してる)、犬を助けるために危険を顧みず川に飛び込んだり。

 f:id:nek654:20170725212153p:plain

 (©『校舎のうらには天使が埋められている』)

すべてはいじめを楽しくするため。そのためにはどんなことでもやる。その執念がヤバすぎる。ヤバいというかもう怖いし、気持ち悪い。

頭のねじが外れてるとしか思えない。ただの小学4年生に恐怖を覚えたのは初めてですよ。

 

f:id:nek654:20180323182651p:plain

しかも彼女は担任教師までコントロールして、まわりに「4年2組は仲良しクラス」という印象を植え付けるんですよね。だから、他の教師もいじめに気付けない。

 

笑顔で人の精神をボロボロにしていながら、周りの大人たちからは「優しい女の子」という評価を得ている彼女。

その徹底ぶりに、僕は恐怖を覚えるしかありませんでした。

 

救世主・光本菜々芽がかっこよすぎる

この漫画、1巻はずーっと凄惨ないじめ描写が続きます。

もう本当に救いがありません。延々と凄惨ないじめ描写が続くので、すっげー胸糞悪くなります。

 

f:id:nek654:20170725212457p:plain

(©『校舎のうらには天使が埋められている』)

そして、もう胸糞悪くて、読むのしんどい…と思い始めたあたりで、主人公・光本菜々芽(みつもと ななめ)が登場します。

 

この時のカタルシスと言ったらっ!!

登場の仕方がめちゃくちゃかっこよくて、思わずうおおおおおお!!!!きたあああああああ!!!!ってなってしまった。

 

そんな流星のごとく現れた菜々芽ですが、登場後もそのカッコよさは留まるところを知らない!!

 

f:id:nek654:20180323183110p:plain

菜々芽は4年2組のいじめを告発しようと行動するのですが、それってクラスメイトのほとんどを敵に回すことに等しい。

4年2組は教師含めて31人のクラスなので、菜々芽は1対30の戦いを挑んでるわけですよ!かっこよすぎる!

 

こんなの普通怖くてできないですよ。ましてや相手はサイコパス野郎の蜂屋あい。何をしてくるかわからない相手。実際、菜々芽は作中で何度も危ない目に遭います。

 

それでも決してあきらめず、己の信じる正義を貫きつづける菜々芽に、 僕は心底惚れてしまいました!!

 

 

f:id:nek654:20170725212813p:plain

(©『校舎のうらには天使が埋められている』)

もう、全ての行動に男気が溢れているんですよね。(女の子だけど)

その男気溢れる行動に、僕はもうドキドキしっぱなし。

「こんな状況でも、菜々芽なら…菜々芽ならやってくれるっ!」そう思いながらページをすごい勢いでめくっていました。

 

漫画『校舎のうらには天使が埋められている』感想まとめ

漫画『校舎のうらには天使が埋められている』は、超ドキドキしながら読める漫画です!

サイコパス野郎・蜂屋あいVS光本菜々芽の戦いが刺激的すぎて、思わず目が離せなくなってしまいます。少女漫画だけど少年漫画的な感じでドキドキできる作品ですね。

 

漫画『校舎のうらには天使が埋められている』は、こんな人におすすめ!

・ゾクゾクする恐怖を感じたい人

・かっこいい主人公にドキドキしたい人

・ロリコン

 

ということで今回は、漫画『校舎のうらには天使が埋められている』を紹介しました。超面白い作品なので、気になった方は、ぜひチェックしてみてくださいっ!

 

 

おすすめ記事

www.nek654-yurulife.com

こちらの記事では、今までに読んだ漫画の中で特に面白かったものをランキング形式で紹介しています。

少しマイナーな漫画が多めに入っているので、もしかしたらまだ見ぬ面白い漫画に出会えるかもしれませんよ♪