SHIINBLOG

はわわにっき!

はわわっ!主に漫画やアニメのことについて語るぶろぐですっ!

はわわにっき!

MENU

こんな時代だからこそ、漫画『アイリス・ゼロ』を読んで心温まろう

アイリス・ゼロ 1 (コミックアライブ)

はわわっ、ネックですっ!

今回紹介する漫画は『アイリス・ゼロ』です。この漫画は一言でいうと、「異能力学園漫画」です。異能力を持っていることが当たり前の世界で過ごす、少年少女の青春物語を描いた作品ですね。

 

この漫画、読んだ後はすっげー優しい気持ちになれるんですよっ!最近の漫画は殺伐とした展開が多くて、読んでて疲れることも多々あるんですが、この漫画は読んだ後はむしろ元気になれる感じ。

 

「いい物語に出会えたな~(しんみり)」ってな感じに、心にじんわりと暖かさを感じることができました。

 

ということで、今回は異能力学園漫画『アイリス・ゼロ』を紹介したいと思います。

 

漫画『アイリス・ゼロ』ってどんな漫画?

この世界では、いつ頃からか「瞳(アイリス)」と呼ばれる力を持って生まれてくる子供たちが、急速に増えていった。そして、最終的には99.997%の子供たちが、瞳(アイリス)を持って生まれてくるようになった。

 

「アイリス」に宿る能力は、「相手が好きな人は誰かわかる」とか「明日の夕飯がわかる」とか様々である。

 

しかし、主人公・水島透はアイリスを持たない欠落者であった。大多数がアイリスをもつこの世界で、それは迫害の対象だ。幼少の頃から差別の目に晒されてきた透は、いつしか目立たないように生きるようになった。

 

f:id:nek654:20170715110226p:plain

(©『アイリス・ゼロ』)

そんなある日、徹は、全校生徒の注目の的である美少女・佐々森小雪から「私と付き合ってください!」と告白を受ける。

 

困惑する透だったが、話をよく聞いてみると「次の生徒会長を候補を探すのを付き合って」ということであった。小雪のアイリスは「適格者が見える」という能力で、生徒会長候補を探す適格者として透が一番適していたので、彼に声をかけたそうだ。

 

しかし透は自身が欠落者だから、君の助けにはなれないと言い放つ。

 

この日以降、学校の人気者の小雪としゃべていたという妬みから、透はさらに迫害されるようになる。しかし、小雪だけは透が欠落者だと知ってからも、変わらず彼に話しかけていた。

 

f:id:nek654:20170715110435p:plain

(©『アイリス・ゼロ』)

「アイリスをもたないということはフィルターのかからない、ありのままの世界が視えるということでしょう?」透にこのように接してくれる人物は、初めてであった。

 

生徒会長選出会議の当日――。結局、小雪は生徒会長候補を見つけられなかった。それによってクラスメイトから、本当は瞳を持っていないんじゃない?とか欠落者とつるんでいたのは、自分も欠落者だからじゃない?などと誹謗中傷を受けてしまう。

 

f:id:nek654:20170715110614p:plain

(©『アイリス・ゼロ』)

そんな中、突然、頭の上に花をくっつけた、間抜けな姿の透が現れる。「自分の頭に上になにかついてても、自分じゃ見れないから気づかないなあ」

 

f:id:nek654:20170715110714p:plain

(©『アイリス・ゼロ』)

そう、生徒会長の適格者は小雪自身だったのである。だからどれだけ探しても見つからなかったのだ。

 

注目されることを何より嫌っていった透が、自分を犠牲にして助けてくれた。小雪はそれに感動し、それ以来、透に頻繁に話しかけるようになった。透は小雪のことを若干、めんどくさいと思いながらも、こういうのも悪くないなと思うのであった。

 

 漫画『アイリス・ゼロ』の魅力

バトルが一切ない異能力漫画

この漫画は異能力漫画でありながら、バトル要素が一切ありません。これはかなり珍しいですね。読んでいてかなり新鮮でしたっ!

 

基本的にこの漫画は、異能力をもった少年少女の悩みを、主人公の透とヒロインの小雪が解決していく話になっています。

 

この世界では、アイリス持ちは自分の能力が何であるかを隠しています。

というのも「相手の感情がわかる能力」とか「相手が嘘を言っていることがわかる能力」などのように、人間関係を破綻させかねない能力を持っていたりすると、それがバレることによって日常生活を送りづらくなるからです。

 

そういった、アイリスという能力によって生じる悩みを、透と小雪が解決していきます。

 

また、誰がどんなアイリスを持っているかわからないことも多いので、どんなアイリスを持っていて、どういった理由で悩んでいるのか?と推理する必要がででてきます。

 

つまり、この作品は異能力ミステリー漫画なのですっ!!高校生の繊細な心の問題を、透がサラッと解決していく。謎が解けたときには。なるほど、そういうことだったのか!と驚きながら読めて楽しい!

 

主人公がめっちゃかっこいい

主人公の透は欠落者であり、アイリスを持っていません。それによって日々迫害される生活を送っています。しかし、そういった環境でずっと生きていたおかげか、洞察力がずば抜けて高くなっています。

 

そして、何より相手の気持ちを思いやることができます。普通、毎日嫌がらせを受けていたら、どんどん心が荒んでいって人間不信になると思うんですよ。でも、彼は常に優しい心を持ち続けています。

 

そこが最高にかっこいい!悩みを解決した後は、その場をサッと去っていく姿が本当にたまらん!聖人ですか、透くんは!?

 

f:id:nek654:20170715142339p:plain

(©『アイリス・ゼロ』)

このシーンとかかっこよすぎて震えた。このシーンは「彼女を助けることができる可能性なんて、万に一つもない」と言われて、「欠落者の出生率は0.003%以下(10万中、3人以下)、その程度の奇跡、こっちは生まれた時から起こしてるんだよ」と言い放つシーン。

 

何この、圧倒的主人公感!かっこよすぎて惚れそうっ!!

 

心温まる、優しいストーリー

アイリス・ゼロの一番の魅力がこれです。あんまり言うとネタバレになるから、言えないんだけど、優しい展開が多すぎるんだよなあ、この漫画。特に3巻以から、優しさレベルがグンと上がる感じ。

 

透は最初は友達が全然いないんですけど、人の悩みを解決することによって、徐々に友達が増えていきます(今のところ6人になった)。友達といっても最初は、お互いに言えないことがあったりして、歪な関係になってしまう。

 

しかし、透が全力でそれに立ち向かうことで、いつしか本当の友人になっていく。そして、透がボロボロになった時には、全員が透を助けようと自ら立ち上がっていくのですっ!

 f:id:nek654:20170818202304p:plain

(©『アイリス・ゼロ』)

このセリフには本当に、心が温まりましたね。なんだ、この優しい世界(´;ω;`)ウゥゥ

尊い…尊いよぉ…。

 

まあ、言うてもこれは序の口。これ以外にも、心が温まるエピソードがたくさんあります。瞳狩り編とかすごくよかったし、最新刊では「なんだよ、この話。優しすぎるだろ、ちくしょうっ!!」と突っ込みを入れてしまう出来でした。

 

 最後に

『アイリス・ゼロ』は心が温まる優しい漫画ですっ!!殺伐とした現代社会だからこそ、こういった優しい物語が心にしみるんだよなあ…。優しさに飢えている人におすすめの漫画ですね。

 

ということで、漫画『アイリス・ゼロ』の紹介を終えようと思います。

じゃあね~はわわ~。

関連記事

漫画『市場クロガネは稼ぎたい』は学校の教科書に載せるべき漫画だ! - はわわにっき!

仏教漫画『阿・吽』はまるで芸術作品のような漫画だった…。 - はわわにっき!

世界を憎むあなたに送りたい漫画『ib-インスタントバレット-』 - はわわにっき!