SHIINBLOG

はわわにっき!

はわわっ!主に漫画やアニメのことについて語るぶろぐですっ!

はわわにっき!

MENU

漫画『はねバド!』感想。萌えで燃えな激熱バドミントン漫画!

 はねバド!(1) (アフタヌーンコミックス)

はわわっ、ネックですっ!

今回紹介する漫画は『はねバド!』です。

この漫画は、ひょんなことからバドミントン部に入ってしまった、バドミントン嫌いの少女の成長を描いたお話になっています。

 

この漫画、表紙は萌え漫画っぽいですよね。実際、最初はそうなんです。しかし、途中からめちゃくちゃ熱くなっていくんですよ。

コートの中で行われるド迫力の試合が、胸を熱くするっ!ああ、たまらん…。

 

というわけで今回は、萌えっぽいけど実は燃えなバドミントン漫画、『はねバド』を紹介していきます。

 

漫画『はねバド!』あらすじ

f:id:nek654:20180319205211p:plain

バドミントン部のコーチを受け持つことになった立花健太郎。しかし彼の練習は厳しすぎたため、部員が次々と辞めてしまった。

 

f:id:nek654:20180319205514p:plain

また、バドミントン部のエース・新垣なぎさもスランプ状態で、さらには健太郎に超反抗的。バドミントン部は以前に比べて大幅な弱体化を余儀なくされた。

 

なんとかして、バドミントン部を立て直さねば…。

途方に暮れていた健太郎は、ある日、気の弱そうな少女・羽咲綾乃(はねさき あやの)に出会う。

 

f:id:nek654:20180319205352p:plain

そんな大人しい女の子である綾乃は、なんと気の上を走り切るほどの、驚異的な身体能力を持っていた。

これは、ぜひともバドミントン部に欲しい!

そう思った健太郎は、この日から綾乃に熱烈な勧誘を続けるのであった…。

 

漫画『はねバド!』感想

主人公・羽咲綾乃の変化がすごい 

物語が進むにつれて、主人公・羽咲綾乃がどんどん変化していきます。その変貌っぷりがすごすぎて、思わず「やべえ…」と鳥肌が立ってしまいました!

では具体的に羽咲綾乃の変遷を見ていきましょう。

 

『はねバド!』 羽咲綾乃

(©『はねバド!』)

これが初期の綾乃ちゃん。ぽわわ~としていて非常にかわいらしい女の子ですね。

綾乃ちゃんは引っ込み思案で声が小さく、甘えん坊な女の子です。ああ、かわいい。守ってあげたくなるオーラが半端ない。

普段は、甘えん坊な女の子だけどバドミントンは超上手い。1巻の時点でネット際すれすれのところにショットを打ち込んだりと、この時点でかなり強いです。

 

『はねバド!』 羽咲綾乃

(©『はねバド!』)

5巻の綾乃ちゃん。だ、誰なのこの娘…。

雰囲気が変わりすぎていて、めちゃくちゃ怖いです。このあたりの綾乃は勝ちに異常に執着するようになり、結果、半ばダークサイドに堕ちている状態。

『はねバド!』 羽咲綾乃

(©『はねバド!』)

試合中もガンガン相手を煽ってきます。

試合に勝つため相手への精神攻撃もキッチリと行っていく姿には、もはや恐怖すら覚える。

ほ、本当に主人公ですよね…?どう見ても悪役にしか見えないんですけど…。

 

 

 

『はねバド!』 羽咲綾乃

(©『はねバド!』)

覚醒した綾乃ちゃんはくっそ強い!

元からかなり強かったのですが、日々の練習を徹底するようになってからは、もはや敵なし状態。

狂気の笑顔を浮かべながら、相手を屠るその姿は、まるで魔王のよう。

 

このように、主人公・羽咲綾乃は話が進むにつれて、ガラリと雰囲気が変わっていきます。

綾乃の狂気具合に「や、やべえ…。」と震えながら読めるのが、はねバドの面白さの一つですね。

 

また、綾乃がこれ以降どのように変化していくのかを考えるのも面白いです。

綾乃は狂気に飲み込まれてしまうのか、それとも試合中に狂気をコントロールできるぐらいまでに成長するのか?

これから、綾乃はどのように変わっていくのかが気になります!

 

画力が高いので、試合の迫力がダイレクトに伝わる 

この漫画は初期から画力が高いんですけど、巻が進むにつれて絵の上手さが各段にアップします。そのせいで試合の迫力がめっちゃ伝わる。

『はねバド!』 荒垣なぎさ

 

(©『はねバド!』)

こちらは初期の頃の1シーン。

パワーが売りのなぎさちゃんが、スマッシュを決めたシーンです。

初期ですでにこの画力。別にこのままでも全然問題ないほどの画力ですよね。しかし、もっとすごくなります…。

 

『はねバド!』 荒垣なぎさ

(©『はねバド!』)

修行を遂げた後のなぎさのスマッシュ。なにこれやばすぎ…。

もはやバドミントンじゃないですよね、これ。なんというか格闘マンガの域に入ってませんかね…。

中盤以降、この画力がキープされたまま試合が続きます。

『はねバド!』 荒垣なぎさ

(©『はねバド!』)

このシーンとかすごいっ!激しすぎるっ!

バドミントンの持つスピードとパワーの両方がヒシヒシと伝わってきます。 

 

ちなみに、この『はねバド!』という漫画。以外にも『テニスの王子様』のようなとんでも魔球は出てこないんですよ。

 

『はねバド!』は、ただシンプルな打ち合いのみ。しかし、それでも全く退屈しない。

なぜなら、圧倒的画力によってバドミントンの迫力が読者にダイレクトに伝わるから。バドミントンの躍動感を丁寧に描写するところが、『はねバド!』の魅力です。

 

個性豊かで可愛いキャラクターたち

はねバド!には様々な個性豊かな脇役たちが登場します。ここではその一部を紹介します。

 

コニー・クリステンセン

『はねバド!』 コニー

(©『はねバド!』)

主要キャラの一人。綾乃の母・有千夏が育て上げたバドミントン選手。

有千夏の娘・綾乃に会うために単身で日本に来た。

リーチが長くパワーも強いという、万能選手。作中最強キャラの一人。

 

志波姫唯華(しばひめ ゆいか)

『はねバド!』 志波姫唯華

(©『はねバド!』)

フレゼリシア女子短大付属高校のバドミントン部主将。

常に余裕のある雰囲気を醸し出している。試合では相手の嫌がるポイントを徹底して攻めるスタイル。また精神力と思考能力がズバ抜けて高い。

個人的に超好きなキャラ。めっちゃ、お姉ちゃん感があって、良い…。

 

芹ヶ谷 薫子(せりがや かおるこ)

『はねバド!』芹ヶ谷 薫子

(©『はねバド!』)

主要キャラの一人。港南高校バドミントン部所属。超絶ナルシスト。そしてかなりの努力家。

綾乃に負けて以来、綾乃に勝つことだけを考えて、ひたすらトレーニングを重ねてきた。相手の裏を掻いて攻める、コントロール重視のプレースタイル。

 

画像を見てわかると思うけど、みんなめっちゃかわいい。

はねバド!はやっぱり萌え漫画だったんだね。格闘漫画並みに熱いシーンがいっぱい出てくるけど、やっぱり萌え漫画なんだよ…そうに違いない…。

ここで紹介した以外にもたくさんの美少女が出てくるぜ!やったね!

 

漫画『はねバド!』感想まとめ

漫画『はねバド!』は萌えと燃えを両方楽しむことができる、バドミントン漫画ですっ!

綾乃ちゃん萌え~ってなって、(怖え~ともなるけど)、バドミントン燃えええええ!!!!!!ってなれる。

萌えと燃えを両方同時に楽しむことができる、超お得な漫画ですっ!

 

漫画『はねバド!』は、こんな人におすすめ!

・熱いスポーツ漫画が好きな人

・かわいい女の子が見たい人

・魔王系主人公が好きな人

 

ということで今回は、漫画『はねバド』を紹介しました。超面白い作品なので、気になった方は、ぜひチェックしてみてくだいっ!

 

 

おすすめ記事

www.nek654-yurulife.com

こちらの記事では、今までに読んだ漫画の中で特に面白かったものをランキング形式で紹介しています。

少しマイナーな漫画が多めに入っているので、もしかしたらまだ見ぬ面白い漫画に出会えるかもしれませんよ♪