SHIINBLOG

はわわにっき!

はわわっ!主に漫画やアニメのことについて語るぶろぐですっ!

はわわにっき!

MENU

『ディメンションW』は世界観が素晴らしすぎるSFバトル漫画!

ディメンション W 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックスSUPER)

はわわっ、ネックですっ!

今回紹介する漫画は『ディメンションW」です。この漫画はSFバトル漫画なんですが、世界観がめちゃくちゃ凝っていて、すっごく面白かったです。

しかも、話が分かりやすくてスラスラと読めてしまう漫画でした。

 

「久々に面白いSF漫画を読むことができたな。」と現在満足感でいっぱいの僕がいます。

それぐらい面白かった!これは、ぜひとも多くの人に読んでもらいたい漫画ですね~。

 

ということで今回は、超おもしろいSF漫画『ディメンションW』を紹介していこうと思います。

 

※ちなみに、こんな記事も書いています。

www.nek654-yurulife.com

 

 

漫画『ディメンションW』ってどんな漫画?

 2072年――。X、Y、Zに続く第4の次元軸・Wが発見された。

人類は次元間電磁誘導装置、通称・「コイル」を発明することで、W軸に存在する膨大なエネルギーを利用できるようになった。

 

全てのエネルギー問題は解決し、人類は幸福な日々を得ることができるようになった。しかし、その幸福な日々は長くは続くなかったのである。

現在「不正コイル」を使った犯罪が増加しており、世界は混乱していた。

 

f:id:nek654:20171126132125p:plain

(©漫画『ディメンションW』)

不正コイルによる犯罪を防ぐため、「回収屋」である主人公、マブチ・キョーマは、今日も不正コイルの回収任務をこなしていく。

 

ある日、キョーマはとある任務の最中に、謎のアンドロイド少女・ミラと出会う。ミラとの出会いを機に、やがてキョーマはこの世界の真相へと近づいていく…。

 

漫画『ディメンションW』の魅力

凝った世界観

漫画『ディメンションW』の世界観の凝り具合はヤバいですね。とりあえず、どんな世界観なのかを書きますね。

f:id:nek654:20171126132256p:plain

(©漫画『ディメンションW』)

『ディメンションW』の世界では、3次元よりもさらに上位の次元である「4次元(W)」というものが存在します。

そして、人類はコイルという道具を使って「4次元」から自由にエネルギーを取り出すことができるようになりました。

 

もう少しわかりやすく説明しましょう。4次元を「鍵のついた箱」だと考えてください。その箱の中にはたくさんのエネルギーが入っています。そしてコイルが箱の「鍵」です。

要はコイルという鍵を使うことで、4次元という箱の中からエネルギーを取り出すことができるのです。

 

ディメンションWの世界では、4次元から無尽蔵にエネルギーを取得できるので、エネルギー問題はほとんど解決しています。まさに理想の世界ですね。

しかし、ここで問題が発生します。それは「不正コイル」の存在です。

 

f:id:nek654:20171126132453p:plain

(©漫画『ディメンションW』)

不正コイルは正規のコイルよりも遥かに多くのエネルギーを得ることができます。しかし、その反面、制御が難しく甚大な災害を起こしてしまう可能性があるのです。

ちなみにどれぐらいヤバいかというと、水鉄砲に不正コイルを使うとバズーカ砲ぐらいの威力になります。うん、めっちゃ危ない。

 

 

f:id:nek654:20171126134626p:plain

(©漫画『ディメンションW』)

そうした不正コイルを使う犯罪者を、主人公・キョーマとヒロイン・ミラが取り締まっていく…といった物語になっています。

 

ああ…設定を軽く説明するだけで、こんなにも書いてしまった…。しかし、逆に言うと、これぐらい書かないといけないほど凝った設定なんですよね。

っていうか、この設定ヤバくないですか?どうやったらこんなぶっ飛んだ設定思いつくんですかね…。

 

そしてね、設定に関してもう一つ『ディメンションW』にはすごい点があるんです。

それは、「難しい設定なのに、なんとなく理解できちゃう」ということ。

上記で説明した設定以外にも、いろいろな設定が出てくるんですが、漫画を軽く読んでるだけで、それらの設定を理解できるようになっているんですよ。これが、すごい。

 

結構ややこしい設定なのに、スラスラ読めちゃう。

緻密な設定によって世界観に深みを持たせつつ、読者にそれをわかりやすく説明する。これは、なかなかできることじゃありません。

 

『ディメンションWでは』、そのわかりやすい解説によって、誰でも深みのある世界観を存分に楽しめます。

そして、やがて読者は『ディメンションW』の世界にどっぷりと引き込まれてしまうのです。

 

バトルシーンが派手

『ディメンションW』はバトルシーンが多い漫画なんですけど、どのバトルシーンも派手でカッコいんですよ。

f:id:nek654:20171126121524p:plain

(©漫画『ディメンションW』)

こういったでっかいコマ割りで技が炸裂するのが、超カッコいい!

いつまでも少年心を持っている僕には正直たまらないですよ。ド派手な技が決まるのって、なんでこんなにもかっこいいんだろう。

 

また、主人公・キョーマが「針と糸を使って戦う」という古風な戦闘スタイルなのもいいですね。

あんまり見ない戦い方なので新鮮ですし、なにより必殺仕事人みたいでかっこいい。針と糸を使って、どんな場面でも臨機応変に戦うキョーマの強者感がたまりませんね。

 

また、敵も個性に溢れた奴らばっかりなので、戦闘シーンがいつも面白いです。

f:id:nek654:20171126122322p:plain

(©漫画『ディメンションW』)

敵はこんな感じのヤバい技をドンドン使ってきます。これに、キョーマがどうやって対処していくのか!?

そんなことを想像しながら、毎回ドキドキしながら読むことができます。

 

1巻から最新巻までずっとおもしろい

『ディメンションW』は常に面白いんですよ。これって何気にすごいことですよね。だって、ほとんどの漫画が途中で絶対中だるみするじゃん。

でも『ディメンションW』では中だるみが全然ないんですよね。

 

『ディメンションW』はだいたい2~3冊ぐらいで一つの話が終わるので、テンポがすごくいい。だらだら長編をやらないおかげで、物語全体がスマートになってる感じ。

そして、ただテンポがいいだけじゃなく「1つ1つの話の質が高い」のが素晴らしいんですよね。マジで、どの話も面白い。

 

f:id:nek654:20171126133144p:plain

(©漫画『ディメンションW』)

特に八十神(やそがみ)編が印象に残ってますね~。八十神編とは、水のない密室で被害者が溺死してしまい、その謎を解かなければならない…という推理漫画みたいな話でした。

 

なんで、この話が僕の印象に残っているかと言うと、この事件のトリックがすごく面白かったから。

4次元という『ディメンションW』独自の設定を上手く使って、論理的にトリックを作っており、それが見事で驚きました。

 

すっげぇハチャメチャなトリックなんですけど、「た、確かに辻褄は合ってるかも…」と納得させられる感じが、非常に刺激的でした。

 

そういや、書いている途中で気づいたんですけど、『ディメンションW』は話のバリエーションが豊富なんですよ。

 

f:id:nek654:20171126134347p:plain

(©漫画『ディメンションW』)

バリバリのバトル漫画をやっている時もあれば、人の心をもったアンドロイド・ミラに焦点を当ててヒューマンドラマをやってたり。

また、バトル漫画と推理漫画を混ぜたような展開になったりと、とにかく話のバリエーションが豊富。

 

だから、いつも新鮮な気持ちで物語を楽しむことができるんですよね。本当にまったく飽きない。

むしろ、次はどんな物語を読むことができるんだろうと、新刊が出るたびにワクワクしている感じですっ!

 

最後に

『ディメンションW』は緻密な世界観が光る、超おもしろいSFバトル漫画ですっ!

ここまで作り込まれた世界観を持つ漫画ってのは、なかなかないですね。その緻密な世界観から繰り広げられる、SFストーリーが読む者の心を鷲掴みにします。

 

最近の漫画の中で、面白いSF漫画を探している人には、ぜひとも『ディメンションW』がオススメですっ!

 

おすすめ記事 

www.nek654-yurulife.com

 

こちらの記事では、今までに読んだ漫画の中で特に面白かったものをランキング形式で紹介しています。

少しマイナーな漫画が多めに入っているので、もしかしたらまだ見ぬ面白い漫画に出会えるかもしれませんよ♪