SHIINBLOG

はわわにっき!

はわわっ!主に漫画やアニメのことについて語るぶろぐですっ!

はわわにっき!

MENU

SF日常系漫画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』がおもしろかった。

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)

はわわっ、ネックですっ!

今回紹介する漫画は『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』です。これ、個人的にめっちゃ好きな作品です。

 

なんというか、世界観がすばらしいんですよ。話の内容を簡単に言うと、「宇宙人が攻めてくる」っていう漫画なんですけど、まさかの日常系漫画というね。

普通、宇宙人が攻めてきたら、バトルするだろ!!それなのに延々と女子高生のゆるい日常を描くというね。発想がすごい…。

 

ということで今回は、世界観が素晴らしい漫画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』を紹介していきます。

 

『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』ってどんな漫画?

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 2 (ビッグコミックススペシャル)

3年前の8月31日。突如 『侵略者』の巨大な『母艦』が東京へ舞い降り、この世界は終わりを迎えるかにみえた――

その後、絶望は日常へと溶け込んでゆき、大きな円盤が空に浮かぶ世界は今日も変わらず廻り続ける。

小山門出(こやまかどで)、中川凰蘭(なかがわおうらん)、2人の女子高生は終わりを迎えなかった世界で青春時代を通行中!

「宇宙人が地球に攻めてくる」というSF展開からの、まさかの日常系!?な漫画です。

 

この漫画は、何気ない女子高生の日常から物語がスタートします。彼女たちは友達同士でバカな話をしたり、進路について悩んだり、恋愛に邁進したり…と青春を満喫しています。

f:id:nek654:20170624132923p:plain

(©『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』)

この時点で僕は、「ああ、女の子たちの青春を描いた漫画なんだな。10代の少女たちの内面をリアルに描く作品なんだな、きっと。」と思うわけですよ。だってどんな作品か知らずに、タイトルに釣られて読んでるんだもん。

 

そんな僕の予想とは裏腹に、ページを進めていくと急に「自衛隊」「死傷者」「母艦」などの不穏なワードが出てきます。そしてさらにページを進めると…

f:id:nek654:20170624134106p:plain

(©『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』)

なんじゃこりゃああああああああ!!!!!!!!!東京の空にでっかい、宇宙船が浮いとるやんけえええええええええ!!!!え?え?そういう漫画なの!?女の子たちがキャッキャッウフフする漫画じゃないの!?どういうこと!?

 

なんと、この世界の日本では3年前に宇宙船が到来し、たくさんの死傷者を出したそうなのです。そして3年後の今も、東京の上空では宇宙船が鎮座し続けているのです。

なんだ、このヤバい設定は。めっちゃワクワクしてきた…。女の子たちが日本を守るために宇宙人と戦う、そういう漫画なのかな…?

 

f:id:nek654:20170624163503p:plain

(©『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』)

はい、予想を裏切られました。宇宙船を前にしてたわいもない話をする二人。こいつら全然戦う気がねえ。っていうかこの異常な状況に慣れすぎでしょ…。

 

f:id:nek654:20170624163720p:plain

(©『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』)

その後、お好み焼きを食べながら恋愛話で盛り上がる彼女たち。はい、まったく宇宙船のことなど気にも介してません。宇宙船?なにそれおいしいの?状態。そして、この後も延々と彼女たちの日常が描かれていきます。

 

SF漫画と思わせてからの、まさか日常系漫画!?という不思議な漫画です。

 

漫画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』の魅力

大事件を一般市民の視点から描いているからこそ生じる、リアルさ

この作品の魅力は「リアルさ」です。

普通の漫画だったら、宇宙人が襲来してきた時って、基本戦うか逃げまくるのどっちかじゃないですか。でも、この漫画ではそんな展開はなく、ただ女子高生たちの日常が描かれるのみ。

 

でも、そこがすごくリアルに感じるんですよね。例えば、最近は北朝鮮がミサイル打ってきたりしてますけど、「うおおおお!!!やべえええ!!戦わねえと!!俺が日本を守る!!」とはならないじゃないですか。

お茶の間でテレビ見ながら、「北朝鮮嫌だなー」お煎餅ポリポリ、ってするのが関の山。

 

結局、僕ら一般大衆は何か大事件が起きてもどこか他人事にしか感じませんし、ただひたすら各々の日常を過ごすだけ。

 

f:id:nek654:20170624164512p:plain

(©『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』)

この漫画の主人公たちも同じで、宇宙船がいまだに空の上を飛んでるけど他人ごとにしか感じない。それよりも友達とバカやる方が大事だし、恋愛にうつつを抜かすことの方が重要。

 

この漫画は大事件が起きていながらも、そちらにあまりフォーカスすることなく少女たちの日常を映し続けることで、独特のリアル感を生み出しています。

 

そのリアル感によって、読んでいる僕自身も『デッドデッドデーモンズデデデデストラクション』の世界観に没入できるんです。

 

そして、そのあまりにもリアルな世界観から抜け出せなくなります。今月お金使いすぎてるのに、一気に全巻買うはめになってしまいました…。だってこの世界にずっといたかったんだもん…。

 

そんな平和な日常を描きながら、淡々と終末に向かっているのもまた、いいんですよ。

もうすぐ世界が滅びることも露知らず、のんびりと日常を過ごす。そんなリアルな描写が魅力的な漫画です。

 

風刺や皮肉がきいている

漫画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』は風刺や皮肉が多いです。

風刺や皮肉交じりのセリフ回し、好きな人は好きでしょうが嫌いな人は嫌いかもしれません。

 

ちなみに僕は好きです。ちょっと世の中を斜に構えて見てる、僕のようなサブカルクソ野郎にはたまらんのです。

 

f:id:nek654:20170624153646p:plain

(©『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』)

最近よくあるよねこういう本。「好きなことで生きていく」的な。ああいう本ってマジでたいしたこと書いてないんですよね。そんなクソ本に対して「押し入れの中に飾っておくね」っていう煽る凰蘭が、読んでいてクスッときてしまいます。

 

f:id:nek654:20170624154454p:plain

(©『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』)

このシーンとか最高に皮肉がきいていて大好き。このシーンは、避難所で寒がっているおばあちゃんに周りが次々と毛布を渡すシーンです。

 

周りの人たちは、自分がいいことをしたという自己満足を得たいがために、おばあちゃんに毛布を渡す。結果、大量の毛布に潰されるおばあちゃん。これぞ、善意の押し売り。現実でも意外とよくみる光景です。

 

こういった風刺的で皮肉を含んだセリフや場面が、この漫画には多く出てきます。僕のようなひねくれた中二病には、こういったシーンはスッキリすることこの上ないのですが、苦手な人はとことん苦手でしょうね。

 

一方で、ひねくれもののサブカルクソ野郎は大満足できますよっ!!

 

少女たちがキャッキャウフフしている姿に、尊さを感じる

女子高生がキャッキャウフフしている姿に、僕はもうドキドキしっぱなしでした。最高に尊いです…。

 

特に「おんたん」こと中川凰蘭が最高にかわいい。

この子は、実質主人公みたいな立ち位置の女の子です。そのエキセントリックな行動とセリフが、この漫画をいい具合にひっかきまわしてくれます。

 

f:id:nek654:20170624155921p:plain

(©『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』)

太眉がチャーミングなおんたん。涙と鼻水とよだれを盛大にぶっ放してます。女の子とは思えない羞恥のなさ。だが、そこがいい。

 

f:id:nek654:20170624160434p:plain

(©『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』)

吹き戻しで遊ぶ、おんたん。どこに売ってるのそのおもちゃはwww。唐突にこういうおふざけをしてくる、おんたんが面白くて仕方がない。この漫画の面白さの半分くらいはおんたんが担ってる。

 

f:id:nek654:20170624161913p:plain

(©『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』)

主人公・門出の新居をさらっとディスるおんたん。おんたんはよく、この両腕を広げるポーズをとるんだけど、それが最高にバカっぽくてかわいい。

 

そんな常にふざけているおんたんですが、たまに真面目になるんですよね。そこがまたいい。

f:id:nek654:20170624162331p:plain

(©『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』)

いつもふざけているおんたんが、真面目な顔をした数少ないシーンの一つ。いろんなことに悩む門出に対して、大丈夫だよと安心させようとしているんですね。友達思いのいい子です。

 

ああ~女子高生の友情、最高に尊いっ!!

この漫画では上の画像のように、門出とおんたんが仲良くキャッキャウフフするシーンがたくさんあります。それを見てると、もう宇宙船とかどうでもいいから、彼女たちの仲睦まじい姿をずっと見ていたくなります。

 

最後に

漫画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』はSFものの皮を被った、楽しい日常系漫画ですっ!!

なお、日常系がいつ絶望系に変わるかはわかりません…。そこんとこもドキドキしながら読めます。

 

凝った世界観が好きで、サブカル拗らせ系の人は絶対気に入る漫画ですっ!!

ということで漫画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』の紹介を終えようと思います。

じゃあね~はわわ~。