SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はわわにっき!

はわわっ!主に漫画やアニメのことについて語るぶろぐですっ!

MENU

いい記事書けばブクマつくとか嘘っぱち!こんな嘘がまかり通るはてな界に物申すっ!

はわわっ、ネックですっ!

先日ある出来事によって、いい記事を書いてもブクマがつかないことがハッキリしました。

 

よく、多くのブロガーは初心者に「ブクマが欲しかったら、いい記事を書くんだ!」と教えてやがりますが、それは間違いです。

 

そんな間違いがまかり通ってるのが、個人的に気に食わなくて、激おこぷんぷんまるなのですっ!

 

だから、今日はいい記事書けばブクマつくという教えに徹底的に反抗してやろうと思います。

 

力作記事を書いても全くブクマつかなかった件

まず、いい記事書けばブクマつくという教えが間違っているということを、具体的に証明しようと思います。

 

www.nek654-yurulife.com

 

 こちらは先日僕が書いた記事です。製作期間も一週間と非常に長く、今までで一番力を入れました。とにかくかっこいいアニソン、聴いていて楽しくなるアニソンを調べつめこみました。

 

どんな曲かを文章で簡単に説明したり、カラオケで歌いやすかったり、盛り上がる曲を提示したりね。

 

ぶっちゃけ、いい記事だと思ってます。誰に何と言われようがね。実際ブコメ欄で褒めてくださる方もいましたし。

 

でもね、正直ブクマ少なすぎじゃね?なんで、こんなに少ないかと言うと、新着エントリーにそもそも載れてないから。

このことからいい記事書いても、ブクマつかないことが証明された。

 

え?お前の記事が低品質だからって?

( ´_ゝ`)フーンじゃあ違う証拠見せるわ。

 

www.bokurano-music.com

こちらの記事。これは僕が読者登録してるやすぴろさんの記事です。なんの偶然か、この記事も、僕のアニソン記事と同じ日に投稿されてます。

 

こっちは300ブクマあります。曲のジャンルは違えど、100曲紹介という同じジャンルの記事でここまでブクマ数に差がでます。

 

この記事を読ませていただきました。僕もバンドが好きなので、非常に楽しく読むことができましたし、新しいバンドを知れてうれしかったです。

 

でもよお、僕の記事がこの記事よりも、数百ブクマも劣ってるとは一切思わない。僕の記事はこの記事と対等だと思ってる。普段自己評価がくっそ低い僕が、断言しますよ。

 

正直、この現状がものすごく悔しいです。本気で記事制作に取りかかっていた分余計にね。この時の僕の気持ちはこんな感じでした。

 

やすぴろさんは……そうやって私が欲しいもの(ブクマ)を全て奪っていくんですね。

 

面白い記事も書けて、音楽に詳しくて、奥さんもいる……。

その上まだブクマを増やそうだなんて……。

強欲

 

つまりね、「いい記事書いてるだけじゃブクマつかないんだよ」ということです。みーんな「いい記事書いたらブクマつく!だからいい記事書け!」言うけど、それだけじゃダメなんだよということを言いたいのです。

 

じゃあ、ブクマつけるためにはどうしたらいいのか?

それはコミュ力を磨くことです

 

コミュ力がなかったら現実世界でもはてな世界でも、のけものフレンズになるよ。

 僕はコミュ障のせいか、現実世界で半ばのけものフレンズになってしまったので、逃げるようにはてなちほーにやってきました。

 

ここでなら、みんなと楽しく過ごせそう。ここでならコミュ障の僕でもやってけるかもっ!

 

こんな淡い期待を描いていたのですが、現実は非情です。ぼくははてなちほーでも、のけものフレンズでした。やっぱコミュ障だとどこに行ってものけものです。

「けものはいてものけものはいない」なんてのは綺麗ごとです。

 

コミュ障ははてなちほーでも、のけものにされます(実体験)

誰も僕のブログを訪れてくれません。

 

こうならないためにも、みなさんはコミュ力をつけましょう。

じゃあ具体的にどのようにコミュニケーションをとって、ブクマ獲得を狙うのか?次はそれをお話しします。

 

Twitterで絡もう

f:id:nek654:20170220000119p:plain

 

はてなブロガーは基本的にTwitterやってる人が多いです。Twitterで他のブロガーさんと仲良くなることで、自分の記事を読んでもらえる可能性があがります。

 

めっちゃ仲良くなれたら、「もう、仕方ないにゃあ…」とブクマを押してくれる人が出てくる可能性があります。積極的にTwitterで絡んでブクマをゲットしちゃいましょう!

 

ちな、何呟いたらいいか思いつかない僕には無理でした。

 

お布施ブクマをする

「何かを与えてもらいたければ、まずは自分が相手に与えろ」という言葉があります。これと同じようにブクマが欲しければ、まずブクマを与えましょう

 

どんなに貧しくても、ブクマはボタン一つ押すだけなので簡単にできます。お布施の心をもってブクマをするのです。これを継続していれば、いずれあなたにブクマをしてくれる人が現れるでしょう。

 

お布施ブクマをするときは、きちんとその記事の感想をブコメに残し、相手とコミュニケーションをするように心がけましょう。

無言ブクマより、相手に覚えてもらえる可能性があがります。

 

互助会を構築する

f:id:nek654:20170219235943j:plain

 

はてな民は互助会をかなり毛嫌いしているので、若干リスキーな方法になりますが、これもブクマを得るためには有効な手段です。

 

上記のお布施ブクマを繰り返していれば、お互いにブクマを付け合うメンバーが集まりだします。その人たちと互助会を結成しましょう。

 

互助会メンバーと仲良くコミュニケーションをとって、互助会を維持することも忘れずに。

 

正直、僕は互助会をアリだと思っています。はてな運営が互助会を徹底的に潰していないことから、はてな運営は現在、互助会を容認していることがわかります。つまりルール上、互助会はありなんですよ。

 

ゲームではルールの穴を突くのは当たり前です。ライアーゲームでも秋山さんは、ルールのギリギリの穴をついて勝利を収めることあるでしょ。

 

つまり、はてなでの互助会もルール上ありです

別に互助会作ったからって、はてな警察に連行されたりしません。安心だね!

 

ただ、あんまり互助会メンバー同士でブクマつけ合うと、スパム認定されて、ホットエントリーできなくなる場合もあるから注意!

 

自分がブログに書くジャンルに興味がある人を、はてなブックマークを利用して探す

f:id:nek654:20170220000408p:plain

 

こちらは、ちょっと高度な戦法になります。

 

まずはてなブックマークのサイトにアクセスします。そしてはてなブックマークの検索窓に、自分がブログでよく書くカテゴリーを入力し、検索します。

 

例えば僕の場合、漫画やアニメについてよく書くので、「漫画」とか「アニメ」と検索します。

 

すると「漫画」に関する記事がたくさん出てきます。そしてその記事のなかにはブクマがたくさんついている記事も混じっています。

 

記事の横にあるブクマ数をクリックすると、その記事をブクマした人の一覧が出てきます。

その人たちは、この場合、「漫画」というジャンルに興味がある人たちです。

 

その人たちをフォローすることで、自分のブログに書くジャンルに興味がある(今回の場合「漫画」)人たちとつながることができます。

 

自分が書くブログのジャンルに興味のある人たちを見つけ、つながることができれば、ブクマされる可能性も上がります。

 

このように、はてなブログではコミュニケーションを上手く取りながら、行動することでブクマを獲得しやすくなります。

 

だから、僕はブクマを得るために、コミュ力つけろと言ってるのです。じゃないと、コミュ障の僕みたいなみじめな末路を辿るはめになるぞ。

 

 

みじめな思いをするとガチではてなブログをやめたくなるよ

上記のことを実践しながら、真面目に記事を書けば、ある程度ブクマつくようになります。

 

僕はコミュ障でめんどくさがりなので、上記のことをしてきませんでした。結果、いい記事を書いても時間内にブクマがつかず、新着エントリ入りを逃しました。

 

この時ばかりは本気ではてなブログをやめることを考えました。はぁ~~~~~~~~~(クソでか溜息)

マジでワードプレスに以降しようかなぁと思った。

 

すぐに人と比べて、メンタル病む、メンタルよわよわの僕には、はてなちほーはマジで辛い。

 

それなら、陸の孤島のわーどぷれすちほーでのんびり書く方が合ってるのかも。よく読んでる漫画ブログの人も、最近ワードプレスに以降したし。

 

じゃあ、なんでまだはてなで書いてるの?

それはね、はてなproを2年契約にしてたからだよ。お金もったいないじゃん。だから後1年半ははてなで書く。

 

あーでも、アドセンスで2年分のもとが取れたら、わーどぷれすちほーに行ってもいいなあ。

 

メンタルくそ弱い人は、ワードプレスをおすすめします。いや、マジで。

 

「いい記事を書き続ければいいんだよ」と綺麗ごとをぬかす、ベテランブロガーたちがマジで腹立つ。

 こっからはもう、完全に愚痴です。

今回さ、めっちゃ力込めて書いたからさ、初バズ体験できるかなーと思ったんですよ。

 

それがこんな結果になってしまうというね…

 

本当残念。記事作成に集中して、いい記事を書いたらバズるっていう迷信を間に受けた、自分の間抜けさにも腹が立ちますよ。

 

つーか、古参ブロガーさんたちは新人に間違ったこと教えんのやめてくれませんかね。

ちゃんとコミュニケーションとらないと、ブクマとれないぞって教えてあげてよ。

 

そりゃ、一部のすごいブロガーさんは勝手にどんどんブクマつくやろうけどさ、凡人はそんなん無理やから。

 

そもそも新着エントリー載らなかったら、いい記事だろうと誰にも見られないで終わるわけなんで

 

それなのに、「いい記事を書き続けよう!」キリッ

みたいなこと言われると、ああ〜綺麗事しか言わないんだなあと思う。

そんな綺麗事でブクマ取れたら誰も苦労しない。

 

 ああ〜激おこぷんぷんまるっ!

 

最後に

どうせ、この記事も誰にも見られるずに終わる運命です。だってコミュ障が運営する弱小ブログだから。

 

記事投稿…ども…

僕の弱小ブログを見てる腐れ野郎、他に、いますか

っていねーか、はは

 

今日のはてなブログの話題

ヒトデ祭りがおもしろいとか

ポジ熊がすごいとか

ま、それが普通ですわな

 

かたや僕ははてなブログの片隅で、彼らを横目に呟くんですわ

I am botti blogger 狂ってる?それ褒め言葉ね。

 

好きなブログ かくいう私も青二才でね

尊敬するブロガー イケダハヤト(炎上行為はNO)

 

なんつってる間に、ブクマつかなくて、新着エントリーに載る時間すぎちゃった(笑)

あ〜あ、コミュ障ブロガーの辛いとこね、これ

 

こんな感じですよ。いや、マジで。

 

でも、もし影響力のあるブロガーさんが見てくれたなら、言っておきたいことがあります。

 

初心者ブロガーがブクマの増やし方について聴いきたら、綺麗事だけではなく、きちんと汚い部分も教えてあげてください。

 

僕みたいな奴が言うより、大物ブロガー様が言ってくれた方が、みんな納得するんで。

 

そんじゃ、そろそろ終わりにしようかな。

 

じゃあね〜はわわ〜。