SHIINBLOG

はわわにっき!

はわわっ!主に漫画やアニメのことについて語るぶろぐですっ!

はわわにっき!

MENU

男の娘同士の恋愛漫画『ぼくらのへんたい』が切なすぎてたまんない!

ぼくらのへんたい(1) (RYU COMICS)

はわわっ、ネックですっ!

今回紹介する漫画は『ぼくらのへんたい』です。この漫画は、セクシュアルマイノリティに悩む男の娘の切ない恋愛を描いた作品なっています。

淡いタッチの絵柄と生々しくも繊細な心理描写によって生まれる、淡くて美しい少年たちの恋物語…ああ、最高ですっ!

 

好きな人はとことん好きだけど、嫌いな人は本当に合わない作品だと思います。僕はこの作品めっちゃ好きですね~。

ということで今回は、漫画『ぼくらのへんたい』を紹介していこうと思います。

 

漫画『ぼくらのへんたい』ってどんな漫画?

主人公・青木裕太は自分のことを女の子だと思っている男の子。ある日、裕太はインターネットの女装コミュニティのオフ会に出席することになった。

 

裕太は「まりか」としてオフ会に出席し、そこでユイ(木島亮介)とパロウ(田村修)という二人の女装少年に出会う。

f:id:nek654:20171119171401p:plain

(©『ぼくらのへんたい』)

その後、まりかとパロウはすぐに打ち解け女装談義で盛り上がるも、ユイは唐突に「お前らなんで女装してんの?」と二人に質問する。

 

それに対して、まりかは「女の子になりたいから」と答え、パロウは「好きになった男に女装してほしいと言われたからと答えた。

それを聞いたユイは「キモイ」と言って、オフ会を立ち去ってしまう。

好きで女装をしていないユイは、自ら好んで女装をしているまりかとパロウのことが理解できなかったのだ。

 

f:id:nek654:20171119171523p:plain

(©『ぼくらのへんたい』)

オフ会終了後、ユイは女装コミュニティを退会してしまっていた。しかし、偶然にも裕太は入学した中学校で、再び木島亮介(ユイ)と出会うこととなる。

それ以降、裕太、亮介、修の3人は再び集まるようになり、次第にお互いに恋愛感情を抱くようになっていく…。

 

こんな感じの漫画です。全10巻で完結しています。

  

漫画『ぼくらのへんたい』の魅力

3人が抱える複雑な事情

『ぼくらのへんたい』では佑太(まりか)、亮介(ユイ)、修(パロウ)の3人の男の娘を中心に物語が進むのですが、彼ら3人は複雑な事情を抱えています。

 

f:id:nek654:20171119172416p:plain

(©『ぼくらのへんたい』)

まず、主人公の佑太は性同一性障害を抱えており、幼少の頃から自分を女の子なんだと思って過ごしてきました。

しかし、成長するにつれ「そんなことを考えている自分はおかしいのではないか」という思いを抱き始め、悩み続けています。

でも、どうしても自分のことを男だと思えない佑太は女装をし、「まりか」として生きることでなんとか自己を保つことができている…といった感じです。

 

f:id:nek654:20171119173851p:plain

(©『ぼくらのへんたい』)

次に亮介(ユイ)ですが、彼は「死んだ姉の身代わり」になるために女装しています。彼は、姉の「唯」が死んだことによって精神を病んだ母のために家では常に女装し、「ユイ」として過ごしているのです。

しかし、母が自分のことを見てくれず死んだ姉のことばかり見ている現状に耐えられるはずもなく、亮介は悩み苦しみ続けています。

 

そして修(パロウ)ですが、彼は「好きになった男性に求められて」女装を始めました。

修は2年先輩の渋谷という男に恋をし、告白するのですが、渋谷は「俺はホモじゃないから女の格好してるなら付き合ってもいいよ」と修に告げます。

それ以降、修は渋谷のために女装をするようになるのです。

 

f:id:nek654:20171119174250p:plain

(©『ぼくらのへんたい』)

しかし、やがて渋谷が不登校になり荒れ始めます。修はそんな渋谷を内心見下すのですが、彼との性行為の快楽が忘れられず、ずるずると関係を続けてしまうことに…。

また、修は幼少期にトラウマを抱えており、そのせいで性的快楽に依存している節があります。

 

以上がメインキャラクターの3人が抱えている事情です。こうして見てみると、めちゃくちゃ重たい事情を抱えていますね。

 

f:id:nek654:20171119175412p:plain

(©『ぼくらのへんたい』)

この重たい事情のせいで、彼らはみんな確固とした自己を持てずいるんですよ

思春期の少年少女と言えば、アイデンティティというものが不安定になってしまう時期の真っ只中を過ごしている存在です。だから、多かれ少なかれ精神が不安定になってしまうものです。

 

しかし、佑太たち3人は普通の思春期の子供たちと比べて、置かれている状況がかなり特殊なので、輪をかけて精神が不安定になってしまっています。

 

彼らの抱える問題は簡単に解決できるものではありません。だからこそ裕太たちは悩み、もがき苦しみます。

そんな複雑な悩みを持つ3人が出会い、お互いにぶつかり、傷つけ合い、やがて「自分」というものを見つけていく…その過程を丁寧に描いているのがこの作品の魅力です。

 

裕太、亮介、修…それぞれの恋愛感情

f:id:nek654:20171119174738p:plain

(©『ぼくらのへんたい』)

『ぼくらのへんたい』では、物語が進むにつれて3人が互いに恋愛感情を抱くようになります。好意のベクトルを示すと、裕太→修→亮介→裕太という感じ。

この男の娘同士の複雑な恋愛模様が、ものすごく美しいんですよ。

 

普通の恋愛の場合、一目惚れだったり性格が好きだったりして恋愛に発展すると思うのですが、彼らの場合はおそらくそれだけではありません。

たぶん、彼らは「女装をしている」という特異な存在である自分を、認めてくれる相手を求めているのでしょう。そして、それを真になしえるのは自分と同じ「女装をしている」者だけ。

 

だから、裕太たち3人はお互いに恋心を抱き始めるのです。真に自分を理解してくれる相手を求めて…。

 

f:id:nek654:20171119175750p:plain

(©『ぼくらのへんたい』)

しかし、悲しいことに3人の中で一人も両思いは存在しないのです。

求めても求めても決して手に入らない「恋人」という関係性…。それを求めてもがく彼らの姿が切なくて切なくてたまりません。

また、『ぼくらのへんたい』は心理描写がめっちゃ繊細でさあ…心がギューッってなって仕方ないのよ。もう、切ないレベルが強すぎてヤバい作品となっています。

 

ちなみに僕は、修と亮介の関係性が好きなんですよ。なぜなら一番切なくて美しいから。では、なぜ美しいのか?それについて詳しく書きます。(長いので読み飛ばしてもらってもかまいません)

 

 

亮介はこの3人の中で唯一女性が恋愛対象のキャラクターです(裕太に対してのみ例外)。そしてもっとも正義感にあふれたキャラクターでもあります。

一方で修は幼少期にトラウマを抱えており、そのせいで性的関係を持つことでしか好意を表現できないという、暗いキャラクターになっています。

 

 

f:id:nek654:20171119173559p:plain

(©『ぼくらのへんたい』)

↑拳で修を叱る亮介

そして、そんな闇を抱えた修を救える唯一の存在が、亮介なんですよ。亮介は持ち前の正義感から修の行動を、面と向かって叱ることができます。

これは亮介にしかできないことです。裕太の場合は、修に恋愛感情を持っているので、どうしても修に対する性的欲望に勝てない。

しかし、亮介の場合もともと恋愛対象が女なので、修に対して恋愛感情を抱くことがない。だから修の性的行動を止めることができる。

 

f:id:nek654:20171119173312p:plain

(©『ぼくらのへんたい』)

修は自分の性的行動を止めてくれる亮介のことを深く信頼し、恋愛感情をますます強くしていきます。しかし、あくまで亮介の恋愛対象は女性。

だから、決してこの恋は実ることがありません。それに、もし、万が一恋が実った場合、亮介は修の性的誘惑を振り払うことができなくなるかもしれません。

 

そうなってしまったら、亮介は修を救ってくれる唯一の存在でなくなってしまう。だから、この恋は実らないほうが良いのです。そのことをおそらく修自身はわかっているのでしょう。

 

しかし、頭でわかっていても心が亮介のことを欲してしまう。この矛盾でもがく修の姿が痛々しくて、でもすっごく美しい…。

この儚くて美しい修の姿は、作中でも屈指の名シーンなので是非ともみて欲しいところです。もう切なくて切なくて、心がキュンキュンしますよっ!

 

 

ちょっと、修と亮介について書きすぎてしまいました。まあ、要するに、「男の娘同士による三角関係が切なくて美しくて、キュンキュンしてしまうぜ!」ってことです。

 

爽やかな読後感

ぼくらのへんたい(10)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

(©『ぼくらのへんたい』)

全10巻で完結となる『ぼくらのへんたい』ですが、ものすごく良い終わり方をします。まあ、まちがいなくハッピーエンドと言える感じです。

もうね、傷ついて傷ついてボロボロになりながらも、しっかりと道を歩み続けた3人に拍手を送りたい。よく、ここまで成長したものだよ…なんて君たちは尊いんだ!

その尊さにちょっと泣いちゃったよ…。

 

また、ちょっと余韻を含んだエンディングなのもいいところですね。

ああ、君たちはこれからどんな風に人生を歩んでいくのだろう…。ずっとそれを見ていたいけれど、僕はもうここで君たちとはお別れなんだね…。

そんな少し切なくも爽やかなエンディングが、心にグッときました。

 

最後に

漫画『ぼくらのへんたい』は、美しくも切ない男の娘たちの恋模様にキュンキュンしてしまう漫画ですっ!

もう、ほんと心理描写が素晴らしすぎてたまりませんよ。あの丁寧な心理描写があるからこそ、こんなにも心を揺さぶられる作品になっているんだろうなと思います。

切なくて切なくて最高!

 

繊細な心理描写の漫画を読みたい人や、セクシャルマイノリティ関連の漫画を読みたい人にオススメですっ!

 

ということで今回は、漫画『ぼくらのへんたい』について紹介しました。

じゃあね~、はわわ~。

 

 

おすすめ記事 

www.nek654-yurulife.com

 

こちらの記事では、今までに読んだ漫画の中で特に面白かったものをランキング形式で紹介しています。

少しマイナーな漫画が多めに入っているので、もしかしたらまだ見ぬ面白い漫画に出会えるかもしれませんよ♪