SHIINBLOG

はわわにっき!

はわわっ!主に漫画やアニメのことについて語るぶろぐですっ!

はわわにっき!

MENU

『BLUE GIANT』は熱すぎて思わず泣いてしまうジャズ漫画だ!

BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)

はわわっ、ネックですっ!

僕は音楽が好きな割に、音楽漫画は全然読みません。なぜなら、漫画では音が聞こえないから。だからあんまり音楽漫画に興味が持てなかった。(なお、けいおん!は読んでいる萌え豚な模様)

 

しかし、あるサイトでおすすめされていた漫画『BLUE GIANT』を読んで、その考えは180度変わることになります。音楽漫画すっげえ面白いじゃん!音が鳴らないのにあんなにも、音楽を表現できるものなのか!?

 

今日は、僕の音楽漫画に対する価値観を変えてしまった作品『BLUE GIAN』を紹介していきたいと思います。

 

「BLUE GIANT」ってどんな漫画?

BLUE GIANT(2) (ビッグコミックス)

ジャズに心打たれた高校3年生の宮本大は、川原でサックスを独り吹き続けている。雨の日も猛暑の日も毎日毎晩、何年も。

「世界一のジャズプレーヤーになる…!!」

努力、才能、信念、環境、運…何が必要なのか。無謀とも言える目標に、真摯に正面から向かい合う物語は仙台、広瀬川から始まる。

ジャズに心を打たれた少年・宮本大世界一のジャズプレイヤーを目指す物語です。ジャズに懸けた熱い青春や迫力の演奏シーンが、読者の心をグッと掴んで離さない!…そんな感じの漫画。

また、ジャズを全然知らなくても十分に楽しめます。(僕もジャズほとんどはわからないです)

 

 漫画『BLUE GIANT』の魅力 

ストイックに自分を高め続ける主人公・宮本大がかっこよすぎる  

『BLUE GIANT』宮本大

主人公の宮本大は、自分が世界一のジャズプレイヤーになれると本気で信じている少年です。そのため、世界一のジャズプレイヤーになるための特訓をストイックに続けます。

 

例えば彼は毎日、夜中になるまで橋の下でサックスを吹き続けるし、どれだけ雨が降ろうと、雪が降ろうとサックスを演奏することを止めません。しかもそれを延々と一人でやり続けます。

『BLUE GIANT』宮本大 

普通ここまでストイックに続けることができる?僕には無理です。すぐ諦めちゃうよぉ…。

 

しかも、大は周りのクラスメイトから「ジャズって何それ?よくわかんない」「ジャズって時代遅れだろ」などとディスられ続けても一切動じません。

周りになんと言われようが、ただ、ひたすら日々の練習をストイックにこなしていく…。そのストイックさがすごくかっこいいです。本当に成功する人ってこういう人なんだろうなということがよくわかる。

 

この漫画はきっちりと地道な練習シーンを描いているので、より宮本大に好感が持てていいですね。

 

ジャズに懸けた男たちの熱い友情に心が震える

『BLUE GIANT』

物語の中盤から宮本大は東京に行き、二人の青年に出会います。天才ピアニスト・沢辺雪祈初心者ドラマー・玉田俊二です。大はこの2人とジャズバンドを組むことになります。

 

このバンド、最初はまったく上手くいかないんですよ。大と雪祈はしょっちゅうジャズに対する考え方の違いで衝突するし、雪祈は大が連れてきた玉田をド下手だからやめろって言うしで、まったくまとまりがない。

 

そんなバラバラのメンバーだけど、少しずつジャズを通してまとまっていくんですよ。玉田は二人に追いつこうと毎日何時間もぶっ通しで練習し、雪祈はピアノソロを必死で生み出し、大は常に自分のすべてを出し切る演奏をする。

 

なぜそこまで、彼らは必死なのか?

 

全ては最高のジャズを演奏するためです。その目標を叶えるために、バラバラだった彼らの心はだんだんと一つになっていく。そして、彼らはいつしか最高の演奏を繰り広げる。

その様子が読んでいて最高に熱いんですよっ!!巻を追うごとにどんどん熱量が上がっていて、最新刊で僕は泣いてしまった。最新刊のあの展開はズルいって。泣くだろあんなの…。

 

『BLUE GIANT』玉田

最初のバラバラだった頃を見ているからこそ、お互いを認め合うまでの仲になった彼らに心が打たれる。雪祈の「玉田、お前ドラム上手くなったな」のセリフにはジーンと来ました。あの雪祈が玉田にこんなセリフを言うなんて!くぅ~青春してんなぁ~。

 

ジャズによって生み出された熱く固い男の友情。熱すぎて僕のはハートは焼け焦げてしまいそうですっ!

 

迫力の演奏シーン 

やはり音楽漫画なんで、演奏シーンは最も大事なシーンになってきますよね。ここが、イマイチだと読んでる方もテンションが下がってしまいます。

しかし『BLUE GIANT』ではそんな心配は不要!有無を言わさぬド迫力の演奏シーンが次から次へと読者に襲いかかってきます。

 

漫画だから音は鳴ってないんです。でもこの漫画を読んでいる時、確かに僕はジャズの音を聴いていた。そう錯覚してしまうほどのリアルで迫力のある演奏シーンがこの漫画の魅力です。

『BLUE GIANT』 

ジャズっていうのは即興音楽で、その場その場で新たなメロディを奏でます。だからこそ、他の音楽にはない独特の緊張感が生まれます。そのジャズ特有の緊張感が『BLUE GIANT』の演奏シーンからは、ヒシヒシと伝わってきます。

 

読んでいると、だんだんと息がつまってきて、肌がヒリヒリするような感覚に陥ります。そして気が付いたら食い入るようにページを見てた。

『BLUE GIANT』このシーン見てくれよ。擬音すらないんだぜ。でもジャズのヒリヒリするような緊張感がガンガン伝わってくる。僕もたしか、この会場で彼らのジャズを聴いていた、そんな気がする…。←これぐらいこの漫画にのめり込んでいる僕がいました。

 

『BLUE GIANT』

先ほどの画像もそうですが、『BLUE GIANT』では、このように無音で音楽を表現するといったシーンが非常に多いです。でも、不思議と擬音を使うよりこっちの方がリアルに感じられる。

 

そういや、ライブに行ったときって興奮のあまりちゃんと聴いているようでいて、聴いてないもんな。僕も好きなバンドのライブに行ったときこんな感覚になるもん。だから、あえて音を使わずに演奏シーンを表現することでリアルに感じられるんですね。

 

まるで、その場で生のジャズを聴いているかのような臨場感。そんな迫力満点の演奏シーンが『BLUE GIANT』の魅力です。

 

最後に 

『BLUE GIANT』は最高に熱い音楽漫画なので、マジで読んでほしいですっ!本当にライブシーンの熱量がすごすぎて圧倒されますから。

僕は『BLUE GIANT』によって音楽漫画の価値観を変えられてしまいましたよ~。

 

これからは音楽漫画もガンガン読んでいこうと、『BLUE GIANT』を読んで思いました。

じゃあね~はわわ~。

関連記事

漫画『メイドインアビス』は臨場感あふれる壮大なファンタジー漫画! - はわわにっき!

 

四月は君の嘘を読んだ僕の感想、「有馬公生かっこいい!!」[ネタバレ注意] - はわわにっき!

 

超面白い!異世界アニメおすすめランキングベスト10!【2017年度版】 - はわわにっき!