SHIINBLOG

はわわにっき!

はわわっ!主に漫画やアニメのことについて語るぶろぐですっ!

はわわにっき!

MENU

漫画『WxY』はエロ漫画家の話なのに、感動してしまった…。

WxY ダブリューエックスワイ【期間限定無料】 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

はわわっ、ネックですっ!

今回紹介する漫画は『WxY』です。この漫画は、漫画家の生活を描いた話です。しかし、ただの漫画家の話ではありません。エロ漫画家の話ですっ!

 

漫画家という職業にスポットライトを当てた作品に、『バクマン。』がありますが、あれとは大分、毛色が違いますね。『バクマン。』は漫画家の仕事内容とかを詳しく書く話でしたが、『WxY』は人間関係を重点的に描いた作品です。

 

読後感はすっきりしていて、なんというか希望が持てる終わり方をする作品です。「すっげえおもしれええええええ!!!!」ってなるのではなく、「なんかいい漫画だったな…」みたいな感じ。

 

ということで、今回は、そんなしみじみとした面白さを持つ漫画、『WxY』を紹介したいと思います。

 

漫画『WxY』ってどんな漫画?

主人公・横田高志(よこだ たかし)は、月刊ヤングジャンクの看板エロ漫画『あいみのつぼみ』を連載する、エロ漫画家である。彼は現実の女性とは一切交流せず、ひたすら理想の女の子を書き続けていた。

f:id:nek654:20170717230611p:plain

 

そんな、ある日『あいみのつぼみ』が週刊連載になることに。周りは皆喜んでいたが、高志だけは浮かない顔をしていた。「週刊誌に載ってしまうと、僕の漫画が”あの人”に見つかってしまうかも…」

 

高志には年の離れた姉がいる。そして彼女には「愛美」という子供がいた。

f:id:nek654:20170717230744p:plain

学生時代、高志は自分のノートにひたすらエッチな女の子の絵を書いていた。その女の子の名前は「あいみ」。それが姉に見つかって以来、姉との仲は最悪になり、家族とも疎遠になっていた。

 

今、『あいみのつぼみ』が週刊誌で掲載されると、姉に見つかってしまうかもしれない。それはヤバい…。悩んでもいい案が出るわけでもなく、高志は気分転換に本屋に立ち寄ることに。

 

f:id:nek654:20170717230853p:plain

その本屋で、高志は自分の漫画『あいみのつぼみ』が万引きされているのを発見。万引き犯は、なんと『あいみのつぼみ』のヒロイン、「あいみ」にそっくりの少女であった。

彼女の名前は和田愛実(わだ あいみ)。そう、高志の姉の子「愛実」その人である。

 

その後、高志は愛美が趣味で漫画を描いていることを知る。愛美の漫画は絵こそ下手だが、キャラクター設定がしっかりしており、ストーリーも面白い。

 

高志は愛美に共同で漫画『あいみのつぼみ』を作らないか?と提案。自分の考えた漫画が、天下の週刊少年ジャンクに載る。そのことに感動を覚えた愛実は、その提案を快諾。

 

漫画家の高志と女子中学生の愛美。二人でエロ漫画『あいみのつぼみ』を共同制作することが、ここに決定した。

 

こんな感じの漫画です。全7巻で完結しています。

 

 漫画『WxY』の魅力

WxY ダブリューエックスワイ 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

ダメダメだけど誠実な主人公

この漫画の主人公は本当にダメ野郎なんですよ。漫画書くときは、女性アシスタントがいても全裸になるし、繊細すぎる心のせいで、スランプに陥ったら、いつまでもウジウジしてて、結果漫画が書けなくなる。

 

もう、どうしようもないヘタレなんです。でも、たまにすごく良いことを言うんですよ。その時がめちゃくちゃ格好いい。

特に物語中盤の、女性アシスタントとのやり取りは素晴らしかった。心の底からアシスタントたちのことを、大切に思っていることが、ひしひしと伝わってきて、感動した。

 

普段ダメ野郎なんだけど、決してアシスタントや編集は離れていかない。なぜなら彼がすごく誠実な人間だから。

 

ダメダメだけど、応援したくなる主人公っていうのが、この漫画の魅力の一つです。

 

丁寧な心理描写

冒頭で書きましたように、この漫画は心理描写が丁寧です。主人公だけでなく、他のサブキャラの内面にまで深く切り込んだ作品となっています。

 

ときに苦悩して、全て投げ出したくなって、でもどうしても諦められなくて…そんな漫画にか関わる者たちの、心の葛藤をすごく上手く表現していました。

 

セリフもまた上手いんですよね。ここぞというときに心にくるセリフを出してきます。これ、ホントずるい。エロ漫画描いてる奴らのくせにウルッとさせやがって…。

 

この心理描写の丁寧さは、女性作者だからこそできるのかなと思いました。(エロ漫画家という題材を、まさかの女性作者が描いてます)

 

それぞれの成長

この漫画の一番の魅力が、登場人物のそれぞれの成長です。この漫画は、群像劇的な側面があるので、主人公だけでなく、サブキャラの成長もしっかり描かれます。

 

めっちゃ成長するキャラもいれば、そんなに成長しないキャラもいるんですが、そこがまたいい。

なんか、成長はたくさんしないと意味がないみたいな風潮あるじゃないですか。本来、成長スピードなんて人それぞれなんだから、比べても意味がないはずなのに。

 

この漫画は、少しずつでいいから成長することの大切さを教えてくれます。

最終巻読んだあとに、1巻呼んでみたら、みんな差はあれど、きちんと成長してるんだなぁと、しみじみとした気持ちになってしまいました。

 

特に編集の女の子。あの子、本当に成長したよなぁ。最初クソみたいやったのに、最後の方めっちゃかっこよかったもん。あの子、最初嫌いやったけど、今すごく好き。

 

それぞれが、少しずつ、でも確実に前に向かって歩いていく…。そんな、希望が持てるような、キレイな終わり方をする作品です。

 

最後に

漫画『WxY』は、しみじみと感動させてくれる、そんな漫画ですっ!

読み終わった後は、自分も少しづつ前に進んでいこうかなという気持ちになりました。(なお、頑張るのが苦手な僕は、そういう気持ちにはなるけど、結局行動しないの…)

 

いい感じにハッピーエンドで終わる作品ですので、爽やかな気持ちになりたいときにおすすめですね。全7巻と短いところもGOODです。

 

ということで、漫画『WxY』の紹介を終えようと思います。

じゃあね~はわわ~。

関連記事 

こんな時代だからこそ、漫画『アイリス・ゼロ』を読んで心温まろう - はわわにっき!

漫画『ワールドエンブリオ』は切ないストーリーが心を打つバトル漫画! - はわわにっき!

漫画『恋と嘘』は切なすぎて、思わずキュン死してしまう漫画ですっ! - はわわにっき!