SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はわわにっき!

はわわっ!主に漫画やアニメのことについて語るぶろぐですっ!

MENU

【2016年秋】おすすめアニメランキングを紹介するぜ!「感想まとめ」

漫画・アニメ 漫画・アニメ-アニメ紹介

響けユーフォニアム2

(©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会)

どうもネックです!

2016年秋アニメも、年末ということで、その多くが最終話を迎えました。今期は響けユーフォニアムとか、3月のライオンとか、やる前から、ヒット作と予想される作品が多かったですね。

今回は、僕が視聴していたアニメを、ランキング形式で紹介していきたいと思います。

あの、アニメが入ってないやん!とか思われるかもしれませんが、それは、ただ僕がその作品を見ていないだけなので、ご了承ください。

あくまで、僕が視聴していた中で、面白かったアニメをランキング形式で紹介します。

それでは、どうぞ!

9位 魔法少女育成計画

魔法少女育成計画

(© 2016 遠藤浅蜊・宝島社/まほいく)

魔法少女であるために、騙す、出し抜く、奪い合う。「増えすぎた魔法少女を半分に減らす」という運営からの一方的な通告のもと、一週間に一人ずつ、魔法少女がその資格を剥奪されていく。

リスクを孕んだ、理不尽なゲームに囚われた16人の魔法少女は、黒幕の意図に翻弄されながらも自分が魔法少女であり続けるために策を練る。

特殊な環境下で麻痺していく感覚。しかし、その中で魔法少女たちはそれぞれの想いを持って、この無慈悲な椅子取りゲームを受け入れていく――

人気ソーシャルゲーム「魔法少女育成計画」は、数万人に一人の選ばれたプレイヤーを実際の魔法少女にする機能があった。それによって魔法少女になった16人の少女たちが、バトルロワイヤルをさせられるアニメ。

 

もう、ひたすら暗かった。救いようがない話でした。段々と魔法少女の数が減っていくんですけど、お気に入りの子が脱落した時は、マジで悲しかった。なんか、いい子ほどすぐ死んでる気がするんですけど…。

後に紹介する装神少女まといを、ライトな魔法少女もの、とするならこっちはダークな魔法少女ものといった感じ。ひたすら救いのない物語を見たい人におすすめ。

 

8位 ALLOUT

ALLOUT

(©雨瀬シオリ・講談社/神高ラグビー部)

背の低さにコンプレックスを持ち、喧嘩っ早い性格の祇園健次は、県立神奈川高校(ジンコー)の入学式当日、自分とは対照的に高身長でおとなしい性格の石清水済明に出会い、同行して見学する形で「ラグビー」と出会う。

「どんな人間だって主役になれる」「ボールを持ってる奴が主役」の言葉、そして楽しそうにボールを追う部員たちの光景に惹かれ、祇園は入部を決意する。

物語は、この時点ではチームとしては弱小で、発展途上である神奈川高校ラグビー部を中心に、チームの成長、個々の部員の抱える問題、ライバルチームとの交流、それを見守る大人たちの様子が、丁寧かつ非常に「熱く」描かれる。

背の低さにコンプレックスをもつ祇園健次が、弱小ラグビー部である神奈川高校ラグビー部に入り奮闘する話。

ラグビー初心者の祇園と、弱小ラグビーの面々が必死に、強くなろうと努力する姿が非常に熱いアニメでした。こういう熱血スポ根ものは大好きなので、こんな作品がもっと増えて欲しいなあ。

アニメでは練習試合だけだったので、公式試合も見たかった!いや、練習試合でも充分熱いだけど、やっぱり本気の公式試合がみたいじゃん。だから、次回に期待ですね!

 

7位 ステラの魔法

ステラのまほう(

(© くろば・U・芳文社/ステラのまほう製作委員会 )

高校の入学式の日、同人ゲームを作る部活「SNS部」と出会った本田珠輝。やりたいことを見つけたと思って入部したものの、絵もプログラムもシナリオも音楽も、一から自分たちで作るのって大変!先輩や幼なじみと一緒に、完成を目指してがんばります!

今期のきらら枠であり、癒し枠。高校一年生の主人公の本田珠輝(たまちゃん)が、ゲーム制作部に入るところから物語が始まる。

もう、ひたすら癒される。特に主人公の本田珠輝(たまちゃん)が、可愛すぎて、やばい。脳みそがとろける声で喋るので、毎回、ああ〜ってなる。

たまちゃんだけじゃなく、周りのキャラがみんなかわいい。このストレス社会の中で、燦然と輝くオアシスのような作品。

 

また、ストーリーもきらら枠にしては、きちんとあるのが好印象です。ごちうさのように、ひたすら萌えを垂れ流すのではなく、ゲーム制作に向けて、ひたすら頑張る青春物語としても成り立っているのが、この作品のいいところ。ぜひ、2期をやってほしい!

 

6位 灼熱の卓球娘

灼熱の卓球娘

(© 朝野やぐら/集英社・灼熱の卓球娘製作委員会)

ドキドキするっー!

王者が陥落し、波乱の時代を迎えた中学女子卓球界。

雀が原中学にやってきた転校生・旋風こよりが、新たな風を巻き起こす…!?

少女たちの熱き卓球物語、開幕!!

転校生で、卓球大好き少女の、旋風こよりが市立雀が原中学卓球部に入部するところから物語が始まる。こよりは、部のエースの同級生、上矢あがりと共に切磋琢磨しながら、全国大会に行くことを目指すアニメ。

萌えアニメの画風なんだけど、真面目に卓球やってるアニメ。僕も昔卓球やってたので、すごく楽しめた。

 

OPが毎回微妙に変わったり、BGMがよかったり、原作で省略された試合が、フルで描かれたりと、制作スタッフの愛がすごく感じられる。特に物語後半の、こよりVS二重丸くるりの戦いの、アニメーションはヤバイ。

あの躍動感と、魂こもる叫び声には、ついつい見入ってしまいました。練習試合と合宿やっただけで、終わったので、ぜひ2期で、公式戦も見たいです。

 

5位 装神少女まとい

装神少女まとい

 (©BOW!/まとい製作委員会)

和風なテイストが気に入って見始めたアニメ。ひょんなことから、その身に神を宿し、装神少女となった主人公、皇(すめらぎ)まといが悪霊と戦う物語。

安心して見れるアニメです。まといちゃんかわいい、友達のゆまちんもかわいいと思いつつ見てましたね。

 

そして、10から最終話にかけては結構感動しました。すごくベタな展開なんですけど、ベタで王道だからこそ心にくるものがあるというか。

とくに11話でまといの父、伸吾が、まといのことを思って涙するシーンが心にきました。過酷な運命に立ち向かう、娘のことを思う父の姿に、僕も感情移入しちゃって、涙腺がゆるんだ。

家族というものは、なにより大切で、かけがえのないもの、ということを教えてくれる作品。

 

 4位 3月のライオン

三月のライオン

(©羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会 ©羽海野チカ・白泉社 )

主人公・桐山零は、幼い頃、事故で家族を失い、心に深い孤独を背負う17歳のプロ将棋棋士。

東京の下町に1人で暮らす零は、あかり・ひなた・モモの3姉妹と出会い、少しずつ変わり始めていく。

これは、様々な人間が「何か」を取り戻していく、優しい物語。そして、戦いの物語――。

将棋アニメを装っているけど、内容は人間ドラマがメインなので、将棋わからなくても大丈夫です。主人公、桐山零の心情を非常に丁寧に描写している。

10代の苦悩や葛藤をこんなにも、心に響かせるように書ける、羽海野チカ先生マジですごいと思った。見ていて、心がえぐられるもん。(なお、二階堂くんと川本姉妹を見て、心を回復させる模様)

ただ、なかなか話の展開が進まないのが、残念。おそらく2クール目から、どんどん話が話が進むと思うので、それに期待です!1クール目しか見れない、現状では評価しようがないので、ランキングはこんな順位とします。

 

3位 Occultic;Nine-オカルティック・ナイン-

Occultic;Nine-オカルティック・ナイン-

(© Project OC9/Chiyo st.inc)

オカルト板まとめブログ「キリキリバサラ」の管理人・我聞悠太は、超常現象を科学的に論破する日々を送っていた。ある時から、彼のもとにオカルト関連の人間が集い始めた。そして、彼らの周囲で起きるささやかな違和感は、やがて大きな事件へと発展していった。

あの名作『STEINS;GATE』で知られる志倉千代丸原作のアニメ。今作も志倉による独特のSF要素が満載です。シュタゲよりもホラー要素が強いので、ビビりの人は注意してね!

最初は登場人物全員が、かなり早口で喋るので、なんやこのアニメってなりますが、3話ぐらいからすごく面白くなる。

 

毎回続きが気になって気になってしゃーなかったアニメ。とんでもない展開を、無理やり科学的理論で説明してしまう、志倉はさすがとしか言いようがない。

シュタゲ大好きな人はきっとこのアニメも気にいるはずです。あと、僕のような、文系で理系のこと全然わからんけど、理系の雰囲気が好きな人も、この作品好みそう。

 

2位 競女!!!!!!!!

貧乏な高校3年生の神無のぞみは、お尻や胸を使って女子選手達が水上ステージでの落とし合いで競う公営ギャンブル競技「競女」の世界を知り、一攫千金を狙い競女の選手となることを決意する。

のぞみは瀬戸内競女養成学校に入学し、元柔道選手の宮田さやかをはじめ多くの個性的な同級生達と共に数々の試練を乗り越え、何とか卒業してプロデビューする。

今期一番のバカアニメ。胸と尻だけを使って、相手を倒す架空のスポーツ、競女を舞台とした物語。

真空列尻とか尻ガトリングとか字面だけで、笑える技が毎回出てくるんですよ。尻に水着を食い込ませることで、劇的にスピードが上がるとか、どういう思考回路をしてたら思いつくんだ。

もう毎回全力で笑かしにくる姿勢には、拍手を送るしかない。見るたびに自分のI.Qが下がっていくのを、ひしひしと感じるアニメでした。

 

やけにアニメーションが凝っているところも笑いどころです。バトルシーンとかめっちゃ動きまくって、大迫力なんです。これ、普通のバトル漫画だったら超かっこいいだろうな〜。たが、この迫力で、ギャグをやるからこそ、腹を抱えて笑うことができたんだろう。

僕はこんなに笑える、競女に出会えたことを神に感謝してしまった。それぐらい笑える作品。ぜひ2期をお願いします!

 

1位 響けユーフォニアム2

響けユーフォニアム2

(©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会)

吹奏楽コンクール京都府大会。そこで見事に金賞を受賞した北宇治高校吹奏楽部は、次なる舞台・強豪ひしめく関西大会に挑む……!

主人公の黄色前久美子を中心に、北宇治高校吹奏楽部での、人間ドラマを描いたアニメ。1期もよかったけど、2期はさらにパワーアップしてた印象です。

 

陳腐な言い回しになっちゃうけど、もう、ほとんど毎回、神回の連続!こんなに面白いアニメってめったにないですよ!4話のみぞれ先輩と優子先輩のシーンとか、5話の演奏シーンとか、10話の久美子とあすか先輩のシーンとか、もうめっちゃ泣けた!

 

声優さんたちの演技や、心動かされる楽器の音色、美しいアニメーションのせいで、涙が止まらないよう〜!

今期で一番、毎回続きが楽しみで楽しみで、しょうがなったアニメです。このアニメを見たことないのは、すっっっごい、もったいない!今すぐ見よう!今期のアニメの中で、おすすめ度堂々の1位です!このアニメに出会えたことに感謝します!3期も絶対にやってくれ〜!!

 

 まとめ

今期は響けユーフォニアム2とか、競女とか、とにかく面白い作品が多かった印象です。響けユーフォニアムはマジで、円盤買うことを考慮しちゃうぐらいの面白さでした。

また、装神少女まといのように、特にマークしていなかったアニメが、予想外におもしろかったのも印象に残っています。

上位3作品は本当におもしろいアニメですので、ぜひ見てみてください!

2017年冬アニメに期待しつつ、年越しをしようと思います。

それでは!