SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はわわにっき!

はわわっ!主に漫画やアニメのことについて語るぶろぐですっ!

はわわにっき!

MENU

マジで働きたくないから、その理由と社会に対する改善案を書いた

どうもネックです。僕は今年、就職活動をしまして、来年の春から働くことになりました。

しかし僕は正直な話、あまり働きたくないです。正確に言うと、今の日本の労働環境の下ではあまり働きたくない。その理由について書いていきます。

僕があまり働きたくない理由

好きなときに出かけることができない

理由の1つ目です。僕は近所のお店や、神社や寺に行くことが好きです。

また自分が行ったことのない場所に旅行に行くことが好きです。

正直生きがいといっていいと思っています。

しかし就職してしまったら、これらが自由にできなくなります。学生のときのような長期休暇はありませんし、下手したら土日も出勤する可能性があるかもしれません。あるのはお盆休みやゴールデンウィーク、年末年始の休みくらいでしょうか?少なすぎます!

 

僕はふらっと思いつきでどこかへ行きたいのです。ガチガチにスケジュール決めて、お盆休みのようにみんなが一緒に旅行行く時に自分も行かないといけない。

そんなの耐えれません。

 

僕はこの前友達と京都の宇治へ思いつきで行きました。綺麗な風景に心洗われ、また茶道の体験という初めての経験にワクワクしました。とても楽しかったです。

しかし、その時に気付いたのです。もう来年からはこのような経験ができないと。それに気付いたときに何とも言えない虚無感のようなものが生まれました。また、今一緒にいる友人も仕事のため、離れた場所に行ってしまいます。自分の好きな人に会うのも難しくなることに気づき悲しくなりました。

 

自分の生きがいである、「好きな時に好きな場所に行くこと。」これが失われた時に僕は希望を持って人生を歩めるのか不安です。

社会でやっていく自信がない。

2つ目の理由です。僕は会社という組織に馴染むことが難しいと考えています。僕は組織というものが苦手なんです。

僕はどちらかというと根暗な人間です。しかし組織の人間の多くは根暗な人間を求めていません。よって、その中で上手くやっていく自信はありません。たとえ上手くやれたとしても、それは自分の本心を隠してのことでしょう。自分の本心を隠し続ける人生というのはなんだか悲しいです。

転勤がある。

 住む場所も自由に決められないとか、ヤバすぎるでしょ。住む場所というものは人の生活において、かなり重要なものです。

 

住む場所によって、その人の生活環境がガラリと変わります。都会であれば、様々なお店や人がいるので、多様な経験ができることでしょう。一方で風景が綺麗な田舎であれば、心が癒されるでしょう。どんな土地を好むかは人それぞれであり、中にはここだけは住みたくないといった土地もあるでしょう。

 

それほどまでに個人に大きな影響を与える「住む場所」というものを、勝手に会社に決められてしまう恐れがあるのです。これって人権侵害だと思うんですけど!!

 

ちなみにアメリカでは転居を伴う転勤を命ずる場合、会社は対象者に対して転勤に関する具体的な説明をして、同意を得なければなりません。しかも、そもそも転勤を求めるケース自体があまりないそうで、転勤を頼むときはやむを得ないケースのときだけです。そのような記述を労働法の教科書を読んでるときに発見しました。

自分が住む場所ぐらいは自分で決めさせてほしいです。当然の要求だと思いますが。

これらが僕の働きたくない理由です。

こんな環境なら働いてやってもいいよ、会社さん。

働きたくないと言いましたが、仕事は別に嫌いではないです。

労働時間が今より短い

 一週間ずっとバイトを入れなかった時とかは、さすがにそろそろ働きたいなとなります。一週間に5日、8時間(日本は定時で帰れないので実際はもっと)も働くのが嫌なのです。

 

一週間に4日で6時間労働なら、働いてもいいなと思います。これなら2泊3日の旅行とかも行けますし、日々の自由時間も多いしね。3日間休んで心も体もリフレッシュして、4日間一気に集中して働く。6時間なので本気で仕事に集中しないと終わりません。

 

このように仕事と休暇をメリハリをつけて働ける環境なら、やる気を持って働けそうです。 

嫌な奴がいない仕事環境

 毎日嫌な奴と会う可能性があるので、会社で働きたくないのです。バイトでも嫌な奴がいる時は、マジでさっさと帰りたくなります。しかし、嫌な奴がいなくて、仲がいい人だけがいる時だと、働いていても、あまり苦じゃないです。

だから一緒に働く人を選びたいです。

まあ、こればっかりはなかなか難しいですよね。多くの人が集まる組織の中では絶対気に入らない相手が出てくるのはしゃーないです。フリーランスとかになれば仕事相手もある程度は選べるのかもしれませんが。

転勤するかしないかは自分で選べる

やっぱり住む場所は自分自身で決めたいです。だから転勤をするかしないかは自由に選べる環境がよいですね。

満員電車に乗らなくていい

あれ毎朝乗るとか正気の沙汰じゃないですよ。あれのせいで、会社に着くころには疲れきってしまって、仕事のパフォーマンスが下がってしまっていると感じます。

今はネットとか発達してるんだから在宅勤務を取り入れるべき。

スーツを着なくてもいい

あんな夏暑くて、冬寒い、機能性がクソな衣服をきるのは勘弁してください。社会人は体調管理が当たり前というならスーツ着なくてもいいようにしろ。あんなもの着てるから体調崩すんです。

給料がそこそこいい

一年で手取りとして500万円ぐらい稼ぐことができるなら、嬉しいです。いや、もっと貰えるなら貰いますが…

だからといって、休日や自由な時間が減るのはNG!

とりあえずは、こんなところですかね。あ、台風の時とかは自宅待機にするっていうのも入りますね。このへんを徹底している会社なら、まあ、働いてもいいかな。

最後に

こんな社会を当たり前に受け入れてる多くの人に感心します。皆さん普通にクソな環境で働いてますけど、よくできますよね。煽りじゃないです。純粋にどうやったら、それを受け入れることができるのかを教えて欲しいです。

 

こんな考えをしている僕の方が、世間一般からしたら、社会不適合者なのはわかっています。でも僕にとっては受け入れがたい環境なんです。日本の労働環境は。僕も働き始めたら慣れることができるのでしょうか?慣れることが出来るのならそれが一番いいんですけどね。

 

まあ、そんなこと言ってても現実問題、僕は就職するしかないです。なぜなら特別なスキルを持った人間ではないからです。特別なスキルを持った人なら、会社に頼らず自分で稼ぐことができます。しかし、僕にはそれがないので会社に属するしかありません。

 

また、スキルを手に入れるガッツもないです。頑張ってスキルを手に入れる努力をすべきなのでしょうが、本当にスキルが手に入るのだろうか?と不安に思い、努力が長続きしないのです。これらのことから、僕は就職するしかなさそうです。

 

しかし、抵抗はし続けてやろうと思います。なぜなら、すごく腹が立つからです。嫌な環境にい続けなければならない自分と、そんな環境を生み出した社会に怒りを覚えます。

世間一般の当たり前に洗脳されないように、ブログを書き続けて多様な人と友達になり、新しい価値観を常に得る。また、外国語を勉強して、クソな日本から脱出する。このような抵抗を続けてやりたいと思っています。

なんか若干暗い感じになっちゃいましたね。まあとにかくブログ書いて、自分の考えを明確にすることを大切にしようと思います!

それでは!