SHIINBLOG

はわわにっき!

はわわっ!主に漫画やアニメのことについて語るぶろぐですっ!

はわわにっき!

MENU

敬語を強要する社会のせいで様々な弊害が出ていると思うんだが

どうもネックです。

敬語ってありますよね。そうです、目上の人と話したり、尊敬する人と話す時に使う丁寧な話し方です。皆さんは敬語ちゃんと使えてますか?僕はどうも敬語というものに苦手意識があるんです。

社会人になったらそうも言ってられないので、きちんと話せるようにはしますが…

 

正直僕は敬語とかなくても困らんやろと思ってます。叩かれるかもしれませんが、事実です。

ということで今日は敬語なんて別になくてもいいじゃんということについて書きます。

敬語が無くてもいいと思う理由

敬語は種類が多くてめんどくさい

敬語には尊敬語と謙譲語と丁寧語があります。

もうこの時点で、めんどくさいです。覚える数が多すぎます。なんで、普通に話せばいいものを、こんな回りくどい表現をして、話さなければならないのでしょう。あーやだやだこんなことに頭使いながら話すヒマがあったら、もっと建設的なことに頭使いたいです。

コミュ障にはマジでつらい。

これが個人的に僕が敬語とかいらないと思っている一番の理由です。

コミュ障ってかなり頭の中で、何を話すかを考えてから話すんです。なぜなら、相手に対して不快感を与えないかなとか、いちいち考慮するからです。ただでさえ、普段から考えながら話しているのに、話す時に敬語まで考えなきゃいけないとなったら、考えることが多すぎて焦ります。

 

結果、頭がパンクして上手いこと話せなくなってしまいます。敬語がなければ、もう少しコミュニケーションがスムーズにできるのにと思いますね。んで、敬語考えながら会話するのめんどくさくなって来て、結果、敬語を使わないといけない相手には、最低限の事務的な会話しかしなくなります。

なんで年上ってだけで敬語を使わないといけないの?

ゴマすり

 

なんか、日本では年上ってだけで敬語使わなきゃいけないじゃないですか。あれ、嫌です。敬語って敬う言葉って意味ですよね。敬う相手に対して使う言葉。なんで敬う気になれない奴に対しても、敬語使わないといけないの?って思いません?

 

本来、自然と心の底から敬おうと思える人に対して使うべき言葉だと思うんですよ、敬語って。無駄に歳食ってるだけの奴とかに敬語使う意味がわかりません。バイトとかしてて思うんですけど、なんで客に敬語使わないといけないの?敬う敬わない以前に、そもそもどんな人かも知らん赤の他人なんだけど?

 

どんな人かわからんのに敬う気持ちなんか起きません。こういう風に誰に対しても敬語使っとけみたいな感じになっいるので、敬語というものの本来の価値とかもうなくなってると思いますね。そして、本来の価値もうないんだから、敬語とかいらないじゃんと感じます。

この辺が僕が敬語なんてなくてもいいじゃんと思う主な理由です。

敬語を使うことで弊害が出てない?

 敬語を使うことでのメリットもあると思いますが、逆にデメリットもあると思います。

相手と真に打ち解けることができない。

皆さんは、初対面の相手と話す時にタメ口で話しますか?敬語で話しますか?多くの人が敬語を使うと思います。僕も敬語を使います。

 

なぜ、敬語を使うかというと相手を警戒してるからなんですよ。

「タメ口使ったら急に怒るかもしれんな」とか、「知らない人だからとりあえず角の立たない敬語を、使っとくか」という風に思って敬語を使ってるはずです。仲の良い親友と話す時に敬語なんて使いますか?ほとんどの人は使わないでしょう。

 

つまり、打ち解けた相手には敬語を使わないが、打ち解けてない相手と話す時には警戒して敬語を使ってるんです。

 

で。これを会社の上司と話す場面で考えてみます。

上司と話す場合。こちらはずっと敬語で話すわけですから、ある程度上司と打ち解けられたとしても、敬語が邪魔して完全には打ち解けられない。いくら、上司が部下と仲良くなりたいと思っても、敬語を強制的に使わされる環境下では、敬語が足かせとなって部下は心が開きにくい。

 

このように敬語によって仲良くなりたくても、よそよそしい関係なってしまう恐れがあります。

情報伝達のスピードが遅くなる。

基本的に敬語はタメ口で話すよりも、字数が多くなります。その分情報伝達のスピードが遅くなります。一回一回の会話で考えたら、数秒遅れるくらいですが、年間で考えたら結構な時間を浪費してますよ。今の世の中は忙しいのだから、敬語なんてもので時間を浪費してる場合ではないんじゃないのと思います。浪費した時間で何かできたことがあるだろと感じますね。

敬語が使えないというだけで、マイナス評価されてしまう。

 

バツポーズ 女性

ぶっちゃけ、敬語って敬語を使えない人をダメな奴認定して村八分にするためのシステムとしてしか使われてませんよね。9割ぐらいが村八分にするシステムして使われてそう。残り1割が心の底から敬意を表する相手に使うときの敬語ね。

 

敬語が使えないってだけで、ダメな奴認定して仲間はずれにするのってどうなの?

もしかしたら、その人はものすごく優しい人かもしれないじゃん。素晴らしい技術を持ってる人かもしれないですよ。それを敬語ができるか、できないかだけの物差しで相手を測って、相手の本質を見ないのはもったいない。

 

話逸れるけど、一番くそなのは外国人に敬語が使えてないと怒る奴。むしろこんだけ日本語ペラペラなのを褒めろよと思います。

このように、村八分にするためのシステムでしかない、敬語を強要していては、相手の本質を見れない可能性があります。

敬語を強要する社会はもうやめよう。

これに着きます。僕は敬語なんてなくてもあまり困らないという考えですが、もしかしたら、本当に敬意を表したい相手に出会ったときに、敬語がないとちょっと残念に思うかもしれません。だから、敬語というものだけは残しておいて、敬語を強要する社会をなくしていってほしいと思います。

どうも敬語を強制する社会というものが、日本人のコミュニケーションを妨げている感じがしてならないんですよ。日本は世界からみたらコミュ障の人しかいないと感じる国っていわれてますよね。

 

この強制的に敬語を使わせる環境がなくなっていけば、より多くの人と気軽に交流ができるようになると僕は思います。そして、コミュニケーションが増えることによって、繋がりも増え、より日常で幸福を感じる機会が多くなっていくのではないでしょうか?

 

仕事の場合も、敬語とかいちいち考えずに話せるので、一番重要な仕事についてだけを集中して考え、意見を述べることができるでしょう。その結果、今までにない斬新なアイデアが生まれ、世界を揺るがすような新商品ができるかもしれません。

 

一人一人が敬語なんて別に使わなくていいと考えることで、もっと楽にコミュニケーションが取れる社会になることを祈っています。

 それでは!