SHIINBLOG

はわわにっき!

はわわっ!主に漫画やアニメのことについて語るぶろぐですっ!

はわわにっき!

MENU

四月は君の嘘を読んだ僕の感想、「有馬公生かっこいい!!」[ネタバレ注意]

どうもネックです。

きょうは映画四月は君の嘘の公開日ですね。映画が公開されるということで、積ん読していた四月は君の嘘の漫画を一気読みしました。今日はその漫画の感想を書いていきます。つーか最近漫画の感想ばっか書いてんな。 

あらすじ

かつて指導者であった母から厳しい指導を受け、正確無比な演奏で数々のピアノコンクールで優勝し、「ヒューマンメトロノーム」とも揶揄された神童有馬公生は、母の死をきっかけに、ピアノの音が聞こえなくなり、コンクールからも遠ざかってしまう。

 

それから3年後の4月。14歳になった公生は幼なじみの澤部椿を通じ、満開の桜の下で同い年のヴァイオリニスト・宮園かをりと知り合う。ヴァイオリンコンクールでかをりの圧倒的かつ個性的な演奏を聞き、母の死以来、モノトーンに見えていた公生の世界がカラフルに色付き始める。

 

かをりは、好意を寄せる渡亮太との仲を椿に取り持ってもらい、渡と椿の幼なじみのである公生とも行動を共にするようになる。公生はかをりに好意を抱くようになるが、親友である渡に気を遣って想いを伝えない。

 

椿は公生のかをりへの恋心に気付き、また自身に芽生えた公生への恋心にも気付き苦悩する。かをりは、公生のことを友人Aと呼び、ぞんざいに扱いつつも、自分の伴奏を命じるなど、公生を再び音楽の世界に連れ戻そうとする。

 

また、かつて公生の演奏に衝撃を受けピアニストを目指すようになったライバルの相座武士井川絵見にも背中を押され、公生は再び音楽の道に戻っていく。

 四月は君の嘘 - Wikipedia

 

四月は君の嘘(1) (講談社コミックス月刊マガジン)

四月は君の嘘(1) (講談社コミックス月刊マガジン)

 

 

思ったより感動できなかった。

いきなり批判でゴメンね。昨日の記事も批判から始まってるし…否定から話を始める奴はモテないから、みんなはやらない方がいいよ。

話を元に戻すね。この漫画思ったより感動できなかったんすよね。涙もろい僕がどうして感動できなかったのか疑問に思いました。そこで、感動できなかった理由を分析してみたところ、次の1点のせいで感動できなかったことがわかりました。

序盤から結末がわかる。

これですね!これのせい!かをりちゃん、かなり序盤の方で入院するじゃないですか。この時点でかをりちゃんは病気が治らず死ぬか、病気が治って復活するかの二択に結末が、絞られてしまいます。

そして物語中盤あたりから、頻繁に、かをりちゃんは入院し出します。さらに、死んだ公生の母と入院中のかをりの姿が、リンクし始める描写があることから、かをりの寿命が長くないことを悟らせます。そして最後に結局かをりちゃんは死んでしまいます。

 

手術をやっとの思いで決心した、キャラクターが死ぬっていう結末はあまり、見たことがないので、かをりが死んだ時には少し驚きました。「ええー、死ぬのん」って感じ。

でも結局その程度の感想なんですよね。死ぬことになろうが生きることになろうが、結末がその二択に絞られているから、そりゃどっちかの結末になるわな、と予想できて驚きが、とくにない。

 予定調和感がすごいするんですよ。だから感動しにくい。

例えば「君の名は」だと、途中でヒロインが主人公から見て3年前の人ですでに死んでいるという驚くべき事実が途中で発覚しますよね。でも四月は君の嘘はひたすら予定調和でしかない。だから、最後の結末も序盤から予想できて、感動しにくかったのだろうと思います。

有馬公生の成長物語として見ると面白い

感動しようと思って読むと微妙ですが、有馬公生の成長物語として読むと面白いです。幼少期の母へのトラウマのせいで、ピアノが弾けなくなっている有馬公生が宮園かをりのおかげで、トラウマを乗り越えピアノに向き合えるようになる。

以前のように正確にピアノは弾けなくなったが、より人の心を動かせるピアノが弾けるようになる。そして、公生のピアノに心動かされた、相座武士、井川絵見は公正の良きライバルとなりお互いを切磋琢磨していく。

こう見るとかなり王道の青春漫画となっています。特に有馬公生の母へのトラウマについては、作中でしっかりと描写されています。物語の中盤までずっとトラウマに悩まされてますからね。

 

そのトラウマに有馬公生はなんども負けそうになり、ひたすら葛藤を繰り返します。 コンクールの演奏中に途中で演奏を止めてしまうぐらいトラウマに悩まされます。しかし、ヒロイン宮園かをりとの日々を思い出し、そのトラウマを克服するわけです。

物語中盤まで引きずっていたトラウマをやっと乗り越えるわけですからね。読者としては爽快感がすごくあります。やっと乗り越えた!よく、ここまで頑張ったな有馬公生!と強く心に感じました。

 

トラウマを克服したことで、演奏スタイルが変わるっていう部分も好きです。今までは母の影響でロボットのように正確に無機質にピアノを弾いていた有馬公生君。しかし、ヒロインの影響により、以前とは比べモノにならないぐらい、無茶苦茶ですが、人の心を強く動かす演奏をするようになります。 この演奏スタイルの変化によって、母のトラウマを完全に乗り越えたことがわかります。

 

また、有馬公生の中でいかに宮園かをりへの思いが強いかもわかります。 10年近く続けてきた演奏スタイルが一気に真逆の演奏スタイルに変化していますからね。公生の中で宮園かをりの存在がとても大きなものとなっています。

僕「有馬君どんだけかをりちゃんのこと好きなんすかー。早く告っちゃえよー」

そんなこと思っていたら、その後宮園かをりは頻繁に倒れ出すようになります。

僕「マジかよ…ふざけてる場合じゃなかった…」

 

 有馬公生にとって自身の演奏スタイルを変えるほど、大きな影響を与えた存在の死期が近いわけですから、そりゃ取り乱しますよ。つーか大好きな相手が死にそうって相当辛いよね。 特に有馬君は大好きな母を亡くしてます。その上さらに、好きになった人である宮園かをりまで死にそうとか、しんどすぎでしょ。まだ、有馬君15歳とかですよ。大切な人を二人も失う恐怖を乗り越えるには若すぎる。

心が壊れてもおかしくない。母とも、かをりちゃんとも、ピアノを通じての思い出がほとんどなので、ピアノ弾くたびに二人のことを思い出してしまう。もうピアノ弾くことがトラウマになりますよ。ピアノやめちゃっても仕方ない。

 

でも、有馬君はかをりちゃんの死から逃げず、きちんと向き合うんですよ。そして、ピアノを通してかをりちゃんに別れを告げるんです。有馬君、大人すぎるだろ!1巻の時と比べたら、メンタル成長しすぎ!

このように有馬公生君の成長物語として、よく書けているので、感動物語として読むより、成長物語として読むのがおすすめです。

相座凪というキャラが好き。

突然ですけど、僕の一番好きなキャラクターを紹介します。それは相座武士の妹、相座凪です。  僕が彼女を好きな理由は有馬公生のよき理解者だからです。

 

相座凪ってキャラクターは有馬公生と非常に似たキャラとなっています。性格は真逆ですが。相座凪は有馬公生の演奏のせいでふさぎ込んでしまった兄の相座武士を励ますためにピアノを弾く。有馬公生は病気でふさぎこんでしまった宮園かをりを励ますためにピアノを弾く。

 

このように、大好きな人のためにピアノを弾くという点に共通点があります。

また、文化祭の4日前から凪は周りからの期待などの要因から極度のストレス状態に陥ってしまいます。

この点も母が死んだ時にピアノの音が聞こえなくなってしまい、極度のストレス状態に陥った有馬公生と似ています。このように有馬公正と相座凪には多くの共通点が存在します。

 

そんな似たもの同士の二人が、大好きな人を励ますという同じ目的のために、ピアノを連弾します。凪にとって有馬君は兄をふさぎ込ませた原因であり当初は敵なんですよ。しかし、一緒に過ごすうちに、心を開き、有馬君の良き理解者になる。

そして、好きな人を励ますという同じ目的の為に協力して演奏する。 この敵だった存在が味方になって協力するっていう展開が、たまらなく好きです。 少年マンガの王道ですよね。

 

また凪は演奏中に有馬君のことを

 「この人は鋼鉄の心臓なんかじゃないよ。」

 「だって触れた手が温かかったもの」

 「触れ合った瞬間 瞬間がとっても懐かしいもの」

 と心の中で評価するシーンがあります。

このように有馬君のことを、きちんと理解しているピアニストって彼女以外にいないんですよ。多くの人は有馬はなんかロボットみたいな奴と思っていますからね有馬公生のよき理解者である彼女が、宮園かをりの死後も、有馬君のことを支えていってくれるのではないかと思います。

このように、多くの共通点を持ち、有馬公生の本質を理解しているピアニスト、相座凪というキャラが大好きです。

まとめ

 四月の君の嘘は感動マンガとして読むのではなく、主人公の成長マンガとして読むといいと思います!有馬君のトラウマの克服、ライバルとの切磋琢磨、ライバルの妹との共闘など、少年マンガの王道の要素がこれでもかと盛り込まれていますしね。

この辺で僕の四月は君の嘘のレビューを終えようと思います。ここまで読んでくださってありがとうございます。

それでは!