SHIINBLOG

はわわにっき!

はわわっ!主に漫画やアニメのことについて語るぶろぐですっ!

はわわにっき!

MENU

現代社会のなんか変だなと思うこと

どうもネックです。

今日は以前から、現代社会のなんか変だなあと思うことを書き連ねてみようかなと思います。ただ、ひたすら自分の思いを吐き出すので、まとまりのない文章になると思います。

 将来の夢ってなんで仕事に限定されてるの?

悩んでる男女

これは小さいころから変だなあと思っていたことです。

 小学校の頃に「将来の夢を作文にしましょう」みたいな授業って必ずあるじゃないですか。あれ、すごい苦手でした。

だって働きたくないんですもん。(この頃からニート気質)だから僕は毎回、適当な職業を挙げて乗り切ってきました。

思うんですけど将来の夢って仕事に限定する必要ないですよね。僕は小学校のころはピラミッドにハマっていたので、将来エジプトに行きたいという夢がありました。

でも、周りが職業のことばかり書いてるので、空気を読んで僕も職業のことを書いてました。

そもそも、あの作文って職業について深く勉強してないので書きようがないんですよ。だから自分のイメージで書くしかない。当時の僕は遺跡を見たいとか、仮面ライダーかっこいいとかしか考えてなかったので、職業イメージ全然湧かない。結果書けないというね…

子供のなりたい職業第一位が会社員とかヤバさしか感じない。もっと自由な夢を持ってもいいんじゃないかなあ。子供に夢を見させることもできないのか…

こちらはyoutuberになりたい小学生が出てきて、日本が危ないという記事

virates.com

僕は全然ヤバいと思いません。むしろ健全だとさえ思う。ようは芸能人になりたいっていうのとジャンルは一緒でしょ。小学校の頃はこれぐらい自由な夢を持っていいと思う。youtuberのヒカキンさんとか小学生に優しく接したりしてるし、憧れても無理はない。

高校生ぐらいになるとほとんどの人は現実を見始めるので、小学生がyoutuberに憧れても全然大丈夫。大半の人は別にyoutuberにならないし。逆に、現実見ずにyoutuberをひたすら研究し続けたごく少数の子が、もしかしたら凄いyoutuberになるかもしれないしね。

むしろ小学生の自由な発想を阻害して、自分たちに都合のいい夢を持たせようとする大人たちのほうがヤバい。 

どんどん金を稼げと迫ってくる社会

「ちゃんとした仕事につかないと将来不安だぞ」、「何かあったときにその程度の貯金じゃどうしようもないぞ。もっと働け」

こんなことを社会は僕たちに言ってきます。

そうすると僕たちは不安になって、さらに激しく働くようになります。激しく働き続けられる人ならいいのですが、無理な人も当然出てきます。結果、うつ病になってしまう人まで出てくる始末。なんかおかしいよなあ。

将来の不安を失くそうとしてがむしゃらに働いた結果、うつ病になって将来自体を失くしてしまう。悲しい話です。なんとかできないのでしょうか… なぜこのようなこと起こるのでしょうか?僕が思いつくのが以下の理由です。

・住宅費が高すぎる

これ、何とかすべきだと思います。月に6万ぐらい家賃で飛ぶじゃないですか。6万でも安いほうでもっと高いところもザラにありますよね。人の生活に最も大切な住居の値段が高すぎます。

就活中に家賃の高さを知って愕然としました。新卒の初任給の手取りが16万ぐらいだとして、家賃6万払ったら10万しか残りません。その10万で食費、光熱費、水道代をやり繰りするわけです。正直キツイ。

www.huffingtonpost.jp

このように家賃の問題に対して動き出している人たちもいます。このような活動を通して住宅問題の深刻さを広く社会に知ってもらいたいです。そして政治によって住宅問題を解決してもらいたいものです。

家賃が下がれば無理して働く必要も無くなってくるはずです。どうしようもないほどしんどい時は仕事を辞めてバイトで稼ぐ。それでも十分暮らしていける。そのような社会になればと切に願います。

・不要な物を買わせる環境

世の中は広告であふれています。毎日毎日CMで「この商品いいよ」「この商品買わなきゃ、周りに置いていかれるよ」と宣伝されます。でも、正直そんなにモノって必要かな?

スマホとかすぐに新しい機種でるけど、機種変する必要ないですよね。僕はずっとiphone5使ってますけど不便を感じた事ないです。僕はウォークマンとか10年近く同じの使ってます。全然快適です。

街に行くと服屋がめっちゃありますけど、どう考えてもあんなに服屋いらんだろと思います。服とか無印良品とかユニクロでいいじゃん。流行に乗らなきゃとか思って、必要のない服いっぱい買おうとするから、今月お金ないとか言う羽目になるんです。

不要なものを買わずに、本当に必要なものだけを買えばお金にも余裕が出てくるはずです。そうすれば、無理して働かずにすむのではないでしょうか。

周りの広告に振り回されずにするのは、なかなか難しいです。だからこそ、自分の価値観をしっかり持つことが必要なのだと思います。

僕はミニマリストではないので、無駄なモノを買ってしまう時があります。もっと自分の基準を明確にせねば…

いらないモノは買わないけど、自分の価値観に合うモノは買う。明確な線引きをして買い物をしたいと思います。

最後に

なんかいろいろ書いていて、話の着地点を見失いました。

ようは現代社会に不満を持っている若造がここにいるってことです。

なんか思ってた不満を吐き出せたので、少しスッキリしました。

スッキリしたのでそろそろ書くのやめます。

 

それでは!