SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はわわにっき!

はわわっ!主に漫画やアニメのことについて語るぶろぐですっ!

MENU

僕の音楽観をsadisticに切り裂いた「凛として時雨」という存在

音楽 音楽-バンド紹介

 どうもネックです。

突然ですが皆さんは音楽が好きでしょうか?僕は結構好きです。特に邦楽ロック(いわゆるロキノン系)をよく聞きます。

その中でも特に好きなのが「凛として時雨」というバンドです。

今日はこのバンドについて書きたいと思います。

凜として時雨とは? 

愛称は「時雨」。

TKと345による高音のツインボーカルとピエール中野の圧倒的なドラム、衝撃的で個性的な歌詞・サウンドが特徴。

2002年埼玉県にて結成。インディーズ時代はライブや各地のフェスなどで活躍した。

凛として時雨とは (リントシテシグレとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

 

僕が「凛として時雨」に出会うまで

僕はもともと音楽には全く興味がありませんでした。巷で流れているジャニーズ系やEXILE系、西野カナなどが学校では流行っていましたが、聞いてて全く感動しません。

自分がリア充では無いこともあり、歌詞に全く共感できませんし、ウェイな雰囲気がどうにも受け入れがたかったです。

中学まではほとんど音楽を聞かずに過ごしました。しかし高校に入ってからは「けいおん!」の影響を受けてギターを始め、ロックを聞き出すようになり、偶然「凛として時雨」に出会いました。

 初めて彼らに出会った時の衝撃は忘れられません。とりあえず百聞は一見に如かずということで、聴いてみてください。

凛として時雨の代表曲 


凛として時雨『Telecastic fake show』 

 出だしからすごくないですか!キュイーンからのピロピロピロピロ!

こんなに攻撃的なイントロは初めて聞きました。

そして、いきなり超高音で歌い出すギターボーカルtk氏。

サビでのtk氏と345氏の高音での掛け合いがギリギリの緊張感を感じさせます。

また、ピエール氏のドラムがすごい。サビの部分なんですが、よくあのスピードの裏打ちをずっと叩き続けられるなと思います。


凛として時雨 『illusion is mine』

 こちらはベースボーカルの345氏がメインで歌います。さっきの曲に比べて少し静かです。

このイントロからAメロあたりのギターの音がたまりません。ここの部分のギターはディレイという特殊な機材をギターにくっつけて弾いてます。

このディレイのおかげで特殊な音が出て、まるで水中の中にいるような感覚に陥ります。音が全身を包んでいく…

 

これら2曲から分かるように非常に独創的な音楽を彼らは奏でます。めっちゃカッコいい!

凛として時雨の問題点 

  1.歌声

 特にtk氏の歌声。彼は裏声のように高い声でひたすら歌います。これがあるので他人に勧めにくいです。こういう歌い方をする音楽に耐性がある人はいいですが、一般の人はまず「何これ?」と怪訝な顔をすると思います。(僕としてはもうこの声じゃないと満足できない体になってしまいました)

 

2.ボーカルの音だけを聞くタイプの人は聞き辛い

 このバンドは演奏をメインに聞くタイプのバンドです。j-popのようにボーカルメインの音楽ではありません。カレーで例えると、ギターがカレールー、ベースやドラムがご飯、歌は福神漬けぐらいの比率です。ですのでボーカルしか聞かない人には取っ付きにくいです。

凛として時雨の魅力 

 1.演奏力

上の問題点を全て些細なモノに思わせてしまうのが、彼らの演奏力です。ギターを少しでもカジったことのある人なら、分かるんですが、tk氏は本当に難しい譜面をいとも簡単に弾いてしまいます。しかもそれを歌いながら、やってのけてしまいます。ライブでもその演奏力が発揮され、見る者を圧倒します。

彼らのヒステリックでヒリヒリする演奏が実に心地いい!

 

2.音の独創性

先ほどの2曲もそうですが、この曲のイントロは特に独創的です。 


凛として時雨『DISCO FLIGHT』 

 このバンドは特殊なチューニング(音程調律)で曲を作ったりしているので、ほかのバンドにはない独自性がよく出ています。また、音が残響するような設定をギターにしているので、音が空間に広がり自分を包み込む感覚を感じれます。違う世界に迷い込んだような、そんな感覚…

 

3.歌詞

Sadistic fake 君のせいで 歪んだ僕に異常な世界は
いつか自由が欲しくなって 感情性に揺れた未来を
Sadistic face 探さないで 悲しい僕の感情世界は
いつか未来と別々になって 一人きりで異常な fake show

(telecastic fake showより) 

なんか訳わからないですよね。sadistic fakeって何?感情世界って何だ?

訳わからないけど、なんか響きがかっこいいですね。いい意味で中二な感じ。

全曲の作詞作曲を手掛けるtk氏によると、言葉の響きで歌詞を決めているので、特に深い意味は無いらしいです。

「恋愛」とか「友情」とかいう言葉も出てきませんので、僕みたいな根暗な非リアも聞きやすいですね!(書いてて悲しい…)

 

このあたりが、このバンドの魅力ですね。(他にもあるけど長くなるので省略)

おすすめCD

 

i'mperfect

i'mperfect

 

  これは彼らの最新フルアルバムです。比較的に聞きやすくてカッコいい曲が多く入っているので、時雨入門におすすめです。

 

Best of Tornado(初回生産限定豪華盤A)(DVD付)

Best of Tornado(初回生産限定豪華盤A)(DVD付)

 

 

 こちらはベスト盤。彼らの代表曲が詰まっています。上で紹介した3曲もすべて収録しています。ライブでもこの中の曲をたくさん演奏することが多いです。このCDを聞けば、すぐにライブに参加できちゃいます!

最後に…

 僕の大好きな「凛として時雨」。一般受けしないので、なかなかリアルでは紹介し辛く、ここでファン勧誘活動に勤しみました。この記事で少しでも興味を持ってくださる人がいれば、僕はとても嬉しいです!ぜひ、CDを買うなり借りるなり、youtubeで見るなりして、ライブに参加しましょう!

 

一人でも凛として時雨のファンが増えることを祈りつつ、今日は筆を置くことにします。