SHIINBLOG

はわわにっき!

はわわっ!主に漫画やアニメのことについて語るぶろぐですっ!

はわわにっき!

MENU

漫画『市場クロガネは稼ぎたい』は学校の教科書に載せるべき漫画だ!

市場クロガネは稼ぎたい(1) (少年サンデーコミックス)

はわわっ、ネックですっ!

今回紹介する漫画は『市場クロガネは稼ぎたい』という漫画です。

 

この漫画、すっごく面白かったですっ!萌え系の絵柄とは裏腹に、ガチの経済や政治の要素が詰まっていて、すごく読みごたえがありました。

政治や経済に興味を持つための入門書として、全国の学校に置いておくべき漫画だと思いましたね。

 

というわけで、今回は漫画『市場クロガネは稼ぎたい』を紹介していこうと思います。

 

漫画『市場クロガネは稼ぎたい』はどんな漫画?

市場財閥の御曹司・市場クロガネは、自力でお金を稼いだことがないことに悩んでいた。クロガネは自分でお金を稼げるようになるために、学円園学園に入学することを決意する。

 

f:id:nek654:20170710205352p:plain

学円園学園――。ここでは偏差値も内申も関係ない。この学校の評価基準はただ一つ「いかに稼げるか?」だ!

 

入学式当日、クロガネは鳴子ハナという料理人の少女に出会う。彼女は料理の腕は確かなのだが、経営の手腕はなく、このままではお金が払えず退学になってしまうらしい。

 

それを見かねたクロガネは、彼女に協力し、無事彼女の店を立て直すことに成功。一件落着かと思いきや、突如、クロガネは生徒会長・朝政ハガネに捕らえてしまう。

 

ハガネ会長によると、クロガネは重大な校則違反をしているとのこと。校則違反の内容は以下の通り。

 

f:id:nek654:20170710205619p:plain

学円園学園では「学円」という、この学校でのみ使える貨幣が使用されており、それ以外の貨幣の持ち込みは全て規制されている。これを破った者は持ち込んだ金額分の罰金を払わなければならない。

しかし、クロガネはそれを無視し、限度額無制限のクレジットカードを持ち込んしまった。

 

クロガネは罰として、罰金一億円を支払わなければならないことに!クロガネは無事、学円園学園を卒業することができるのか!?

 

こんな感じの漫画です。全13巻で完結しています。

 

漫画『市場クロガネは稼ぎたい』の魅力

熱いマネーゲームが面白い

f:id:nek654:20170710210014p:plain

主人公のクロガネが、あっと驚く手段で相手を出し抜いていくのが、見ていてワクワクします!そんな、稼ぎ方があったのか!?みたいな。それでいて、彼は多くの人が幸せになれる商売をするので、すごく好感度が高い!。

 

また、主人公以外のキャラクターも魅力的!あらゆる情報を瞬時にかき集める、新聞部副部長とか、投資がすげえ上手いロリっ娘とか、あらゆる部活をM&A(買収)しまくる「荒らし屋」とかっ!!

 

とにかく、やべえキャラクターがいっぱい出てきます。そんなヤバい奴らと繰り広げられるマネーゲームが最高に熱いっ!ときに戦い、ときに協力し、マネーゲームを生き残っていく…。友情あり、ライバルありの王道少年漫画と言えるでしょう!

 

(ちなみにマネーゲームといってもカイジみたいに、暗い感じではないよ。ギャンブル要素とかもないし。いかに良いアイデアを出して、商売を成立させるかが肝だから)

 

格差問題を丁寧に描いている

この漫画の一番の魅力はこれですね!読み始めたときは、主人公が金を荒稼ぎして俺TUEEE!!する漫画なんだろうなあと、タカをくくっていたので、しっかりと格差問題について書いてきたときには驚きました。(こんな萌え~な絵柄で、骨太な格差問題を扱ってくるとは…)

 

f:id:nek654:20170710211554p:plain

学円園学園では、稼いだ者が正義のバリバリの資本主義の考えが採用されています。確かに資本主義は、頑張れば頑張るほど稼げる、努力の報われやすい社会と言えるでしょう。しかし、そこでは必ず上手く稼げない「敗者」が生まれてしまいます。

 

物語が進むににつれて、「成果を出した者が報われるべき」という公約を掲げるハガネと、貧困に喘ぐ敗者の間で溝が深まっていきます。

 

そしてこの話は、努力論の話になっていくのですが、そもそも努力できる環境があったのか?という話にまで、この漫画は切り込んでいきます。

 

f:id:nek654:20170710212840p:plain

教育の格差を筆頭にさまざまな環境の格差があるのならば、それは個人の努力でどうにかなる問題ではない。生まれながらにして、勝つか負けるのかがある程度決まってしまっているのではないか?と。

 

こうして書くとめちゃくちゃ真面目な内容ですね。僕は以前から貧困問題に興味があるので、この話題はすごく興味深かったです。

 

貧困を失くすには社会保障を充実させるべきなんだけど、その財源はどこから確保する?累進課税で富豪から、たくさん取ることもできるけど、やりすぎたら資産を海外に移動させちゃうし…。

 

そもそも稼げば稼ぐほど税金取られるのって、やる気なくすし、やる気ない人が増えたら、社会は衰退していくし…。

 

このように読んでいる間や、読み終わった今も、格差問題についてずっと考えさせられています。世界的に直面しているタイムリーな問題なので、やっぱ考えちゃうよね。

でも、それを考えるのがすごく楽しいです!!知的好奇心が刺激されます!!

 

こういった問題を考えるのが好きな人は、ぜひ『市場クロガネは稼ぎたい』を読んでもらいたいですね。

 

すっきりとした読後感

『市場クロガネは稼ぎたい』はすごくきれいに完結します。途中、すこし中だるみしますが、最後まで楽しませてくれる作品でした。

 

特に最終巻の怒涛の展開には、思わずテンションMaxになってしまいました。「うおーやべええ!!!」って言いながら、ページをめくる手が止まらない止まらない。

 

最後のクロガネの演説シーンとかやばかった…。そこでそう説得するのか…。そんな説得されたら心が動いてしまうやん!超熱かったな、あのシーン。

 

ラスボスの真意がわかるシーンとかも、記憶に残ってるなあ。お前はこのために今回の計画を立てたのか…!?と驚くと同時に、ラスボスに感情移入してしまった。すごく魅力的なラスボスでしたよ、ホント。

 

そして、最後は希望の持てる終わり方でした。読んだ後は心がすっきりして、いい漫画を読めてよかったと心から思うような、そんな終わり方でしたね。

 

いやーマジで学校に置いとくべき漫画だと思うわ。子供の教育にもいいと思う。控えめに言って最高!!

 

最後に

漫画『市場クロガネは稼ぎたい』は、多くの人に読んでもらいたい漫画ですっ!特に子供たちには読んでもらいたいなあ。経済や政治を勉強する上でのいいキッカケになる漫画です。

 

考えさせられる内容もたくさんあるし、なにより面白いしで最高の漫画ですっ!

というわけで、漫画『市場クロガネは稼ぎたい』の紹介を終えようと思います。

じゃあね~はわわ~。

漫画『のりりん』を読んでから、自転車に乗りたくて仕方がないです…。

のりりん(1) (イブニングコミックス)

はわわっ、ネックですっ!

今回紹介する漫画は『のりりん』という漫画です。この漫画は一言で言うと「自転車漫画」ですね。自転車漫画と言っても、『弱虫ペダル』のような激しいバトルはほとんどなく、日常生活での自転車の魅力を中心に描いた作品です。

 

この漫画、読んだ後は間違いなく自転車に乗りたくなりますっ!今まで、あまり自転車に興味がなかった僕ですが、今は「ちょっとお金を貯めて、15万円ぐらいの自転車を買おうかな?」と真面目に検討しちゃっています。

 

そんな、一度読むと自転車に乗りたくなって仕方が無くなる漫画『のりりん』を、紹介していこうと思います。

 

漫画『のりりん』ってどんな漫画?

f:id:nek654:20170709130919p:plain

自動車に乗ることが趣味のサラリーマン・丸子一典(まりこ かずのり、あだ名はノリ)は、今日も愛車でドライブを楽しんでいた。彼は「チャリなんか死んでも乗らねーから」と豪語するほどの、自転車嫌い。

 

f:id:nek654:20170709131030p:plain

ある日、ノリは交差点を右折する際に、ロードバイクに乗った女子高生・織田輪(おだ りん)を危うく轢きそうになってしまう。ノリは警察沙汰になることを避けるため、一旦、輪に免許証を預けることに。

 

f:id:nek654:20170709131155p:plain

用事を済ましたノリは、事故の謝罪のため、輪の実家であるラーメン屋に顔を出す。しかし、そこでなぜか輪と輪の母・陽子に、ロードバイクに無理やり乗せられるはめに。自転車嫌いのノリにとっては、最悪な一日を過ごすこととなってしまった。

 

f:id:nek654:20170709131326p:plain

翌日、合コンに参加した友人達を乗せているときに、杏真理子(からもも まりこ)に酒を口移しされ酒気帯びとなり、その直後に警察に遭遇。ノリは免許取り消しとなり、一年間、車に乗れなくなってしまった。

 

移動手段がなくなり困っているノリに、輪と陽子は半ば無理やり、ロードバイクを進める。免許がなくなってしまった今、他に移動手段もなく、ノリは大嫌いな自転車に泣く泣く載ることになってしまった…。

 

やがて、自転車嫌いのノリは、徐々に自転車の魅力に気づいていく…そんな漫画ですっ!

 

作者は『ぼくらの』や『なるたる』で有名な、鬼頭 莫宏。全11巻で完結しています。

 

漫画『のりりん』の魅力

自転車から見る日常風景

 漫画『のりりん』の魅力として伝えたいのが、まずこれ!この漫画は、自転車に乗った時に見える日常風景を、めっちゃ綺麗に描いているんですよ。

 

普段、何気なく歩いている、もしくは車で走っている道路。それが、自転車に乗るだけで、こんなにも魅力的な景色に見えるのか!?とこの漫画は驚かせてくれます。

 

 

f:id:nek654:20170709112325p:plain

自転車に乗った直後のワンシーン。この絵は右半分はきちんと背景が描かれてますが、左側は背景が描かれてません。これ自転車に乗っている時の感覚を上手く表せていて、感心しました。

 

自転車に乗っている時って、歩いているときよりも景色がぼや~とするじゃないですか、スピード出してるから。それを背景を描かないことで表現してる。すごい。

 

f:id:nek654:20170709113245p:plain

自転車のスピードを上げていくと、景色がどんどん流れて行く…。流れていく風景の一瞬を切り取ったかのような1コマ。美しくて、溜息が出る…。

 

f:id:nek654:20170709114124p:plain

そして、立ち止まってみると一気に景色が鮮明になる。自転車に乗ることで、今まで行ったことのなかった、遠い場所の景色を見ることができる。僕も自転車に乗ったら、こんな景色を見ることができるのかなあとワクワクしてしまった。

 

この漫画の何が良いって、日常風景にフォーカスしてるところなんですよね。

自転車にに乗った時に見える美しい風景を、淡々と描くことで、読者に「僕も自転車に乗ったら、こんな綺麗な景色を見ることができるのか…僕も自転車に乗ってみたいなぁ」と自然に思わせてくれます。

 

自転車にめっちゃ詳しくなれる

漫画『のりりん』では、輪の母・陽子が自転車の組み立て方や、必要なもの、さらには自転車に関する雑学まで教えてくれます。

 

f:id:nek654:20170709122353p:plain

自転車の世界ってこんなにも奥深いのかと驚いてしまいました。特に、ロードバイクはバラバラのパーツを、自分で組み立てるというのには驚きましたね。ママチャリしか知らない僕には、自転車を自分で組み立てるという発想はなかった。

 

様々なパーツを組み合わせて、自分だけのオリジナルの自転車を作り上げる…。なんという甘美な響き…。こりゃあ自転車にハマる人が続出するわけだわ。

 

おっと、話がそれちゃった。とにかく、この漫画は自転車の知識に関して、かなり詳しく書いています。自転車を買う時にどうしたらいい?とか自転車に乗っている時に注意すべきことは何?という疑問にもしっかりと答えてくれます。

 

漫画で楽しく自転車について学べるので、これから自転車を始めたい人の入門書として、おすすめできますね。

 

大人たちの青春

自転車を始めることで、ノリには自転車仲間が生まれ、彼らと休日にツーリングに行くようになります。何気ない道路を走ってみたり、自転車乗りの聖地に行ってみたり。さらには自転車レースのイベントに出て、仲間と汗をながしてみたり…。

 

最高にリア充してて羨ましくなるっ!!恋愛的な意味のリア充ではなく、趣味を満喫しているリア充なので、嫉妬とかもなく素直に羨ましく思います。なんというか、「大人が趣味を満喫している感じ」がたまらなく良いんですよ

f:id:nek654:20170709130604p:plain

 

学生時代の青春は、成人してしまったら二度と体験できません。しかし社会人になってからの青春は、その気になればいつからでも始めることができます。

この漫画を読むと、「僕も思い切って行動すれば、ノリみたいに充実した人生を歩めるんじゃね?」と思わせてくれる。

 

自転車に限らず、趣味に没頭することで楽しい人生を歩めるんだ、ということを教えてくれる漫画でした。

 

最後に

漫画『のりりん』は、読むと自転車に乗りたくなって仕方がなくなる漫画ですっ!!

以前、しまなみ海道をレンタサイクルで走ったのを思い出しました。ああ、また走りてえ…。

 

面白い漫画を読んでも、「ああー面白かったっ!」で終わりがちなんですけど、この漫画は、「僕も自転車に乗りたい!」と行動に移させてくれる感じが、素敵です。

 

というわけで、漫画『のりりん』の紹介を終えようと思います。

じゃあね~はわわ~。

関連記事

世界を憎むあなたに送りたい漫画『ib-インスタントバレット-』 - はわわにっき!

漫画『デビルズライン』は緊張感あふれるサスペンス漫画でした! - はわわにっき!

漫画『辺獄のシュヴェスタ』は主人公がかっこよすぎる漫画ですっ! - はわわにっき!

世界を憎むあなたに送りたい漫画『ib-インスタントバレット-』

ib ?インスタントバレット?(1) 世界の終わりとボーイ・ミーツ・ガール (電撃コミックスNEXT)

はわわ、ネックですっ!

 

今回紹介する漫画は『ib-インスタントバレット-』という漫画です。この漫画、ホント最高!!ここまで自分に合っている漫画は、なかなかないなと思いました。なんというか、自分の気持ちを代弁してくれてるような、そんな漫画でした。

 

たぶん、普通に幸せに生きている人は、読んでも面白くないかもしれない。しかし、なにか世の中に対して不満を持っていたり、この世界を恨んでいる人には、かなり心に刺さります!!

 

ということで、今回は漫画『ib-インスタントバレット-』を紹介していこうと思います。

 

漫画『ib-インスタントバレット-』ってどんな漫画?

「いっそ世界なんて滅びてしまえばいい」――。深瀬クロはこの世界を憎んでいた。彼は世界から孤立しており、彼の周りに存在するのは、幼馴染の十色といろはの幻覚だけ。彼はいつもひとりぼっちだ。

 

f:id:nek654:20170705221703p:plain

ある、クリスマスイブの夜、一人で街を歩いていたクロは謎の化け物に遭遇する。その化け物は破壊の限りをつくし、街に混乱を招いていた。そんな中、クロはセラという少女に出会う。

 

f:id:nek654:20170705221833p:plain

彼女は、ヒーローになりたいらしく、この状況にウキウキしていた。「あの化け物を倒して、私はヒーローになる!!」ハイテンションなセラ(姫浦瀬良)に半ば巻き込まれる形で、クロは化け物退治をすることに。

 

といってもクロはただの一般人。化け物なんか倒せっこない。化け物に追い詰められ、絶体絶命のピンチに陥ってしまう。すると、セラはどこからともなく手榴弾を取り出し、化け物に攻撃する!!

 

彼女は手榴弾を生み出せる魔法を持つ、能力者だったのだ!!そして、セラの能力とクロの陽動によって、化け物を退治することに成功する。

 

f:id:nek654:20170705222133p:plain

しかし、この化け物の正体は、クロの破壊願望が生み出した魔法であった。

 

この魔法は「インスタントバレット(ib)」と呼ばれ、世界を恨み、絶望した者にだけ与えられる魔法である。そして、この魔法は世界を滅ぼすほどの力を持っているという…。

 

ibの持ち主はこの世界に20人存在する。世界を恨み、絶望した20人による、「世界を滅ぼす権利」を懸けた戦いが、今始まろうとしていた…。

 

こんな感じの物語です。全5巻で完結しています。

 

漫画『ib-インスタントバレット-』の魅力

弱き者たちが、必死に生きる姿に胸を打たれる

f:id:nek654:20170705221326p:plain

 

この漫画に出てくるキャラクターは、99%の人ができるであろう普通の生き方が、できなかった弱い人々です。目を覆いたくなるような理不尽な目にあって、いつしか世界を恨むことしかできなくなった外れ者たちです。

 

そんな彼らの必死に生きる姿を見ているうちに、ふと涙がこぼれてしまいました。

 

普通の人みたいに、うまく生きれない。不器用な生き方しかできないせいで、人からは嫌われ孤立する。本当は、ただ自分を認めてくれる人が欲しいだけ。でも、そんな簡単な願いさえも、この世界は叶えてくれない。そして、この世界に絶望する。

 

僕も世界に絶望してる側の人間だからさあ、彼らの気持ちが痛いほどわかるんだよね。彼らを他人とは思えない。言うなれば、心の底から分かり合える友人みたいな感じ。

 

うん、たかが漫画にどんだけ感情移入してるのよ、って話ですけど、そう思ちゃったんだから、しかたないじゃん!

 

そんな友人のように親しみを覚えているキャラたちが、必死に前に進もうと頑張るんですよ。どこまでも不器用で、ダサくて。でも必死に生きようとしてる。

 

そんな姿を見せられたら、泣くに決まってるだろ!!ホント、この漫画は、読み手の心にダイレクトに突き刺さってくる漫画ですね。

 

この世界を憎んでいる人たちの気持ちを代弁してくれる。

この漫画は、びっくりするぐらい、この世界を憎んでいる人の気持ちを理解してくれています。その分かっていてくれている感じが、なんとも心地よい。下手な自己啓発本よりよっぽど励まされますよ。

 

「いい本棚だって、言ってくれたんだよ」のシーンは、かなり共感しましたね。

 

ほんの少し自分を理解してくれただけで、その人のことを好きになってしまう。普段、全く理解してくれる人がいないからさあ、たまに現れる、自分を少し理解してくれる人のことを、すぐに好きになっちゃう。この気持ちわかる人にはわかると思います。

 

f:id:nek654:20170705220314p:plain

このシーンも共感できますね~。そうなんですよ、広く浅い関係を作ることができないんですよ。だから集団生活で困る困る。深く狭い関係しか築けないんです、僕は。そのせいで、生きにくいったらありゃしない。

 

そして、人間関係さえ自由にさせてくれないこの世界を恨んでいくんですよ。

 

このように、世界を憎む人の気持ちをこの漫画は代弁してくれます。それがなんとも心地がよいです。

 

タイトル回収のセンスがすごい

この漫画は、章ごとにタイトルが付けられており、章の最後にその章のタイトルの意味がわかるようになっています。

中でも感動したのが、2章「やさしくなりたい優しくない人々」。

ib -インスタントバレット- (2) やさしくなりたい、優しくない人々 (電撃コミックスNEXT)

タイトルだけ見ても、( ´_ゝ`)フーンって感じなんですが、この章を読み終えると、このタイトルのセンスの良さに気づきます。もう、この章のタイトルはこれ以外考えられない!

 

なんというか、タイトルの意味が自分の中にストンと入ってくる感じ。正に「腑に落ちる」という感覚。なるほど、確かにこの短いタイトル1つで、何十ページもある内容が全て表せているわ。

 

こんなにも章のタイトルで驚いたことはなかったです。それぐらい衝撃的でした。

 

最後に

『ib-インスタントバレット-』は、この世界を憎んでいる人に読んでもらいたい漫画ですっ!!

そういう人ほど感情移入できますし、心に刺さりますよっ!この世界が大嫌いな僕が言うんだから間違いない!!

 

ということで、漫画『ib-インスタントバレット-』の紹介を終えようと思います。

じゃあね~はわわ~。

関連記事

「かぐや様は告らせたい」は面白さと可愛さを兼ね備えたヤバい漫画! - はわわにっき! ←同じ作者の別作品

漫画『デビルズライン』は緊張感あふれるサスペンス漫画でした! - はわわにっき!

漫画『終わりのセラフ』は臨場感あふれるダークファンタジー漫画! - はわわにっき!