SHIINBLOG

はわわにっき!

はわわっ!主に漫画やアニメのことについて語るぶろぐですっ!

はわわにっき!

MENU

映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』は涙なしでは見られない作品だった…。【感想】

f:id:nek654:20170820215205j:plain

(©映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』)

はわわっ、ネックですっ!

この日曜日、やることなくて、すごく暇だったんですよ。あんまりにも暇だったから、映画でも見るかーと思って、見に行ったのが、映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』です。

 

正直、この映画には期待してなかったんですよ。ラノベ原作のアニメ映画ってあんまりおもしろくないというイメージが僕の中にあったから、まあ暇つぶしになりゃいいかぐらいのノリで見に行ったわけ。

 

なめていて、すいませんでしたっっっ!!!めっちゃくちゃ、おもろしかったです!!!!え?何?最近のラノベ原作映画ってこんなに面白いの!?もう、ワクワクするし、泣けるしで、すごい濃密な2時間でしたよ!

 

という訳で今回は、映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』の感想を書こうと思います。

ネタバレありです。

 

あらすじ

映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』は、本編よりも6000年前の世界のお話です。この頃は、全てがゲームで決まる「盤上の世界」の制度はまだ出来ておらず、多くの種族は唯一神の座を奪い合って戦争し、その結果、たくさんの命が奪われています。

 

特に人間は、強大な力を持つ他種族によって滅ぼされかけています。その現状をなんとかするべく、人間たちのリーダー・リク(今作の主人公)は奔走しますが、成果は出ず、人間たちは戦争が早く終わるように祈ることしかできません。

 

そんな絶望的な状況の中、リクはエルフの森で、エラーを起こした機械の少女・シュヴィと出会います。シュヴィは自身のエラーを直すために、リクに「人間の心」ついて教えて欲しいと頼むのでした…。

 

 

映画『ノーゲーム・ノーライフ』感想

設定がよくわからなかったのに、面白かった!

僕は『ノーゲーム・ノーライフ』について、全然詳しくなくて、以前アニメをさらっと見た程度なんですよ。だから、今作に出てくるいろんな専門用語の半分くらいが、わかりませんでした。

 

エルフとかドワーフとかはわかるけど、フリューゲルって何?エクスマキナって何?イミワカンナイ…てな感じ。

 

物語の後半で、神々の攻撃を一点に集めることで、そこに超パワーが発生し、それを利用して惑星を破壊し、そうすることで唯一神が顕現する?的な展開になるんですが、もうサッパリわからない。完全に置いてけぼり状態。

 

これだけ聴くと、全然楽しめてなさそうですよね。でもね、めっちゃ面白かったの!これってすごくね?

 

今作は話のテンポが抜群にいいんですよ。要所要所で迫力のバトルシーンを入れてくれるから、全く中だるみしない。それに本編に比べて、かなりシリアスな内容なので続きが気になってしょうがない。

 

そして、なによりリクとシュヴィの存在!この二人が全力で、僕を泣かしにくるのよ。この二人の心理描写がすごく丁寧で、見てるこっちは切ない気持ちになって、涙腺がゆるゆるになるの!

 

こういった要素が合わさって、設定がわからなくても、バリバリ楽しめる作品になっていました。いやーすごい。細かな設定がわからなくても、映画って楽しめるもんなんですねえ、初めて知りました。

 

シュヴィが僕の涙腺に集中攻撃を仕掛けてくるんですが…。

f:id:nek654:20170820215449j:plain

 

(©映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』)

シュヴィが僕を泣かせにくるという話の前に、シュヴィの設定について少し書きます。

 

彼女は、エクスマキナという機械でできた種族で、もともと「連結体(クラスタ)」という群で行動していました。

エクスマキナ種は仲間の思考をネットワークで共有している(禁書のミサカネットワークみたいな感じ)のですが、彼女にエラーが発生したため、連結体は全ての個体にエラーが発生することを避けるため、彼女をネットワークから排除します。

 

ネットワークから排除されたシュヴィは、それ以降、単独行動をとっていました。その時に、リクと出会います。

 

以上がシュヴィの設定です。

 

そんで、話を戻しますが、シュヴィがめっちゃ僕を泣かしにくるんですよ。

シュヴィはリクと過ごすことで、機械の身でありながら、少しづつ人の心について学んでいきます。

 

この時点で、僕は「あ、これ、たぶん泣かしに来るな。ロボットが人間を好きになって、でも先に人間が寿命で死んでしまって、涙を流す…みたいなパターンやな。知ってる知ってる。」と一人で納得してたんです。

 

でも、そんなテンプレみたいな展開ではなかったのです。

 

物語の後半で、シュヴィは敵に瀕死の重傷を負わされます。それでも愛するリクのために、死に物狂いで戦い、生きてリクのところに帰ろうとあがきます。この時点で、もう僕の涙腺に軽くジャブを入れてきやがるシュヴィちゃん。

 

リクに出会う前のシュヴィなら、瀕死の重傷をおった時点で、諦めてるんですよ。彼女は本来機械なので、冷静に勝率を分析し、無駄な行動をしないようになっていますから。

 

しかし、このシーンで、シュヴィは決して勝てない敵とも諦めずに戦う。この時点でシュヴィは機械から人になってるわけですよ。リクとの日々で、彼女はいつしか人間の心を手に入れていた…。もう。これだけで涙腺の弱い僕は泣きそう…(´;ω;`)ウゥゥ

 

そしてこの後、シュヴィは何としてでもリクの下に生きて帰るため、連結体に再接続を要請します。しかし再接続すると、シュヴィが大切にしていたリクへの想いを、連結体に渡してしまうことになるんです。

そうなることを全部知ったうえで、それでも彼女はリクのために、自分の記憶を渡すことを承諾します。

 

しかし一度彼女は、連結体に再接続を拒否されてしまいます。その時にシュヴィは叫びます。

 

「……ゴチャゴチャ、言わないでッ この想いを――継いでよぉぉッ!!」

 

ここで、僕の涙腺にストレートパンチがヒット!!おいおい、こんなのずるいだろ。どんだけ、僕を泣かせたいんだ、シュヴィちゃん。こんなの泣くに決まってんだろ。

 

リクとの大切な思い出を全て失くしてでも、リクの願いを叶えるため、目の前の敵を倒す。どれだけの覚悟を背負って、この選択をしたのでしょうか?想像しただけでも、泣けてきます。

 

そして、シュヴィは悲しいことに死んでしまうんですが、死ぬ間際のセリフがまたヤバいんですよ。

 

「……リク……ねぇ、リクぅ…………シュヴィ……やっと、わかった、よ……? ……シュヴィ……リクに会えて――本当に……幸せだよ…………次こそ……二度と、離れない……よ……ほんと、に……愛してる……」

 

これ、ずるいだろおおおおおおおおお!!!!!!!泣くに決まってるだろおおおがあああああああ!!!!!涙腺にクリティカルヒットですよ!!

 

最初はただの機械でしかなかったシュヴィが、リクと出会うことによって、人の心を得た。そのことをしっかりと表す名シーンです。涙なしでは見られません、たぶん何回見ても泣くと思う。それほどまでに素晴らしかった。

 

そしてその後、リクのところにシュヴィの遺言が届きます。

 

「私は機械なので、これは死ではなく道具の損失でしかない。だから、まだあなたは負けじゃない」

 

 くっそ泣けるううう!死んだ後も僕を泣かせに来ますか、シュヴィちゃん!?もうとっくに涙腺オーバーキルなんですけどおおおおおお!!!!

 

補足すると、リクは戦いの前に「盟約」というルールを設定していて、その中に「誰も死なせてはならない。これを破った場合敗北とみなす」というのがあります。

 

ここでシュヴィは、「私という道具が壊れて失われただけ。だからルールには抵触しない。あなたはまだ負けていないから、戦って!」と遺言で、リクに𠮟咤激励してるわけです。

 

どんだけ、いい子なんだシュヴィちゃん…。でも、もう僕を泣かすのはやめてね…。(´;ω;`)ウッ…(´;ω;`)ウゥゥ

 

とにかく、シュヴィちゃんが僕を泣かしまくる映画でした、はい。

 

時空を超えたリクとシュヴィの愛に、全俺が涙した。

リクの働きによって戦争は終結し、平和が取り戻されました。しかしリクとシュヴィは戻ることはなかったのです。リクとシュヴィがいない、この虚しさ。戦争に勝ったのに…どうしてこんなに悔しいんだ…。

 

でも、彼らのおかげで、もう無駄な血がながれることはありません。彼らのおかげで、これからは全てがゲームによって決定されます。

そう、つまりここから『ノーゲーム・ノーライフ』本編の世界につながるわけです。

 

f:id:nek654:20170820215904j:plain

(©アニメ『ノーゲーム・ノーライフ』)

そして、リクとシュヴィは、本編の主人公・空と白として生まれ変わります。「ずっと一緒にいたい…。」というリクとシュヴィの願いがやっと叶ったんです。うう、よかったよぉぉ…。

 

もうね、空と白が、リクとシュヴィの生まれ変わりと知ってしまった今、二人を見ると心が締め付けられる。よかった…本当によかった…。これからはずっと一緒にいられるね…。

 

なんだか、もう一度アニメを見直したくなりました。たぶん今の状態で見たら、何気ないシーンでも感動しそう。

 

最後に

映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』は、すっごく泣ける作品ですっ!

いやーいい映画に出会いましたよ~生きていてよかった~。

 

ぜひとも2期をやって欲しいなあ~。お願いしますよおおおおお。

ということで、映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』感想を終えようと思います。

じゃあね~はわわ~。

 

関連記事  

超面白い!異世界アニメおすすめランキングベスト10!【2017年度版】 - はわわにっき!

漫画『東京カラス』はオカルトバトル漫画に見せかけたギャグ漫画だ!

東京カラス(1) (サンデーGXコミックス)

 

はわわっ、ネックですっ!

今回紹介する漫画は『東京カラス』です。この漫画は一言でいうと、オカルトバトル漫画です。様々な都市伝説と戦う、女子高生の姿を描いた漫画です。

 

非常にテンポよく読めて、しかも面白い漫画でした。頭空っぽにして読める感じ。

ということで、今回は漫画『東京カラス』を紹介していきます。

[contents]

 

漫画『東京カラス』ってどんな漫画?

 

 都市伝説「怪人赤マント」を追って、廃校に潜入した大島田満子(おおしまだ みつこ)と人面犬の会長。

 

怪人赤マントとは、トイレの使用中に「赤マントと青マント、どちらがいい?」と聞いてくる都市伝説である。赤を選べば血まみれに、青を選べば全身の血が抜かれてしまう。

 

f:id:nek654:20170808234022p:plain

(©『東京カラス』)

さっそく、怪人赤マントがいそうなトイレのドアに、蹴りをお見舞いする満子。中から出てきた男に容赦なく刀で切りかかる。

 

しかし人面犬の会長が言うには、その男は怪人赤マントではなく、ただの変質者であるらしい。(満子は霊が見えないので、会長に判別してもらっている)

 

安堵する満子たちであったが、次の瞬間、本物の怪人赤マントが現れる。怪人赤マントは変質者に憑依し、満子に襲いかかる。霊が見えないせいで、遅れを取った満子は絶体絶命の危機に陥ってしまう。

 

f:id:nek654:20170808234148p:plain

(©『東京カラス』)

もうダメだ…。そう思った瞬間、空からカラスの姿をした少女が現れる。彼女のおかげで満子は助かり、怪人赤マントを倒すことに成功。

 

その後、満子はカラスの少女と話をする。どうやらカラスの少女は満子のことを知っているらしいが、満子には全く心当たりがない。

 

カラスの少女が気になる満子は、自分が所属する部活「都市伝説研究会」に入るように提案するのであった…。

 

漫画『東京カラス』の魅力

オカルトバトル漫画!に見せかけたギャグ漫画

 

オカルトチックな敵が出てくるし、1話からばっちりバトルシーンがあるしで、どう考えてもオカルトバトル漫画だと思ってたんですけど、実はギャグ漫画だった!

 

表紙からして、いかにもバトル漫画ぽいし、タイトルに「東京」なんてついてるから、『東京喰種』みたいにダークな雰囲気のバトル漫画だと思って、買っちゃたんだよお…。

 

そんな感じで買ってしまった『東京カラス』でしたが、意外や意外、ギャグがなかなかおもしろいのですっ!

 

なんというか、絶妙なタイミングでふざけてくるんですよね、この漫画。結構真面目にバトルをしている時でも、隙あらばギャグをかましてくる。そのゆる~い雰囲気が個人的にすごくツボにハマった。

 

笑ったギャグと言えば会長(主人公の仲間の犬)の素顔は、すっごく笑いましたね。

 

f:id:nek654:20170808213346p:plain

(©『東京カラス』)

無駄にイケメン!!柴犬のちっちゃな体に、イケメンの顔が付いててキモすぎワロタwww

 

f:id:nek654:20170808214902p:plain

(©『東京カラス』)

あとこのシーンも好きだなあ。このおっさん、作中最強クラスの力を持っている人なんですよ。それがめちゃくちゃ強い敵と戦うってもんだから、どんな技が炸裂するかと思ったら、まさかのDO☆・GE☆・ZA☆!!

 

ちなみにこの技めっちゃ強いです。ただしこの技を使ってしまうと、本人にもダメージが生じます。(肉体的にも社会的にも)

 

また、モブキャラも個性的なのが多くて面白いですね~。個人的に好きなのが盛田(モルダ)さんですね。

f:id:nek654:20170808215605p:plain

(©『東京カラス』)

はい、そうです元ネタはドラマ「Xファイル」のモルダーです。

 

f:id:nek654:20170808215810p:plain

(©『東京カラス』)

盛田さんの妻・須華梨(スカリ)。元ネタのスカリー捜査官の名言「モルダー、あなた疲れてるのよ」もバッチリです。今までこんなパロキャラ出てこなかったのに、いきなり出してくるもんだから、笑ってしまった。

 

他にも妖怪・変態サドルという、女の子が座った自転車のサドルばかり奪う妖怪もいたな~。完全に弱虫ペダルに喧嘩売ってるんだけど、大丈夫かなあれ。

 

このように、オカルトバトル漫画に見せかけておいて、クッソくだらんギャグをかましてくるのが『東京カラス』の魅力です。

 

しかしバトルもしっかりやる

 

ギャグ要素の割合が高い『東京カラス』ですが、バトルシーンもちゃんとあります。しかもなかなか迫力があるバトルなんですよね、これが。

f:id:nek654:20170808223955p:plain

(©『東京カラス』)

足で刀を掴んでそのままぶった切る、かなりド派手な戦法です。妖怪ならではの攻撃方法がなんともイカス!『東京カラス』では様々な妖怪が、独特の攻撃方法で攻めてきます。それを主人公・満子が臨機応変に攻略していくのが見ていて、面白いです。

 

f:id:nek654:20170808224453p:plain

(©『東京カラス』)

こちらは主人公・満子の攻撃シーン。女の子が相手でも容赦なくボコボコにする満子さん、マジ半端ないっす。満子は基本的にヤンキーみたいな性格をしているので、躊躇なく敵を潰していきます。その思いっきりのよさが、読んでいて爽快です。

 

このように『東京カラス』では、迫力のあるバトルシーンが展開されます。躍動感があって非常にかっこいい。しかし、こんなかっこいいバトルシーンでも、合間にボケを挟んできたりするので油断できない。

 

「おおっ、かっけえ!」って思ってページめくったら、ギャグシーンが入ってきて思わず「ふふっ…。」ってなっちゃう。この独特のテンポで進むバトルシーンがクセになります。

 

主人公・満子が破天荒でかっこいい

 

 満子は女の子キャラなのに、まったく萌え要素がないという珍しいタイプの主人公です。鋭い目つき、ダサイ服装、ヤクザのような雰囲気…まったく萌え要素がない…。

 

そんな萌え要素の皆無な主人公なんですが、読んでいく内に自然に好きになっていってしまうから不思議です。僕は萌え豚なのに…。

 

なんというか、満子の破天荒さがすっごくいいんですよね。普段の行動はチンピラだし、言動もひどいんですよ。

 

ある時、仲間の巴を助ける過程で、巴に多額の借金を背負わせてしまうんですよ。それで巴のもとに借金取りが来るんですが、その時に言ったセリフがこれ。

f:id:nek654:20170808230855p:plain

(©『東京カラス』)

「巴。ちょっと泡の風呂でおっさんとたわむれるだけだ。がんばれ。」

ひどすぎじゃないですかwww女子高生が言うセリフじゃねえwww

 

f:id:nek654:20170808231739p:plain

(©『東京カラス』)

こんなめちゃくちゃなことを、しょっちゅう言う満子ですが、実はすごく仲間思いなんですよね。そこが、かっこいい。自分がボロボロになりながらも、仲間を守るために戦う。普段の満子からは想像ができない行動に、心打たれました。

 

また、満子は霊が見えないという致命的な弱点を補うために、頭を使ったトリッキーな戦い方をします。こういう頭がよくて機転が利く部分も、彼女の魅力ですね。

 

普段ダメダメだけどやる時はやる。そのギャップがたまりません!

 

最後に

漫画『東京カラス』は、ギャグとバトルのバランスが絶妙なオカルトバトル漫画ですっ!!

難しいこと考えずに、楽しく読めちゃう漫画ですね。基本的に1話から2話ぐらいで一つの話が完結するのも、読みやすくてGOOD!!

 

ということで漫画『東京カラス』の紹介を終えようと思います。

じゃあね~はわわ~。

関連記事

漫画『BLACK LAGOON』は読んだ後に口が悪くなる漫画です!クソ野郎!! - はわわにっき!

漫画『思春期ビターチェンジ』はすっごく切ない男女入れ替わり漫画でした…。 - はわわにっき!

漫画『市場クロガネは稼ぎたい』は学校の教科書に載せるべき漫画だ! - はわわにっき!

漫画『BLACK LAGOON』は読んだ後に口が悪くなる漫画です!クソ野郎!!

BLACK LAGOON 1 (サンデーGXコミックス)

はわわっ、ネックですっ!

今回紹介する漫画は『BLACK LAGOON』です。この漫画はガンアクションを主体としたバトル漫画なんですが、めちゃくちゃ中二病レベルが高い漫画なんですよっ!

 

もう、かっこよすぎてたまらん。中二病なら絶対読んどけってぐらい、かっこいい漫画です!ワクワクが止まんないですよ、ホント。

という訳で、今回は漫画『BLACK LAGOON』を紹介していこうと思います。

 

漫画『BLACK LAGOON』ってどんな漫画?

f:id:nek654:20170806231413p:plain

 (©『BLACK LAGOON』)

旭重工の資材部に勤めていた岡島禄郎(ロック)は、東南アジアで海賊「ラグーン商会」に拉致されてしまう。

 

ラグーン商会の目的は、旭重工の密輸に関わるデータが入ったディスク。これを雇い主の「ホテル・モスクワ」の幹部・バラライカに渡すことが、ラグーン商会の今回の任務である。

 

バラライカはこのディスクを使って、旭重工の密貿易に自分たちも参加させろと要求するつもりだった。要求を拒むなら、密貿易の証拠をばら撒くぞという脅しつきで。

 

しかし、旭重工はその要求を断りディスクを取り戻すため、ラグーン商会に対して傭兵部隊を送り込む。つまり、拉致された禄郎諸共にラグーン商会を潰すということ。

 

傭兵部隊に襲われた禄郎と、ラグーン商会のレヴィ、ダッチ、ベニーは絶対絶命のピンチに陥ってしまう。相手は戦闘機、かたやこちらは、ただの船。どうあがいても勝てる要素がない。

 

f:id:nek654:20170806231535p:plain

(©『BLACK LAGOON』)

このまま死を待つしかないのか…。そんな絶望的な状況で禄郎は、とんでもない作戦を思いつく。その作戦とは、岩礁をジャンプ台として使い、船をジャンプさせ戦闘機に魚雷を命中させるという作戦である。

 

禄郎たちはこの作戦を実行し、傭兵部隊を殲滅することに成功する。そして、目的のディスクをバラライカに渡し、無事任務完了となった。

 

 

f:id:nek654:20170806231637p:plain

(©『BLACK LAGOON』)

そして、禄郎は自分を見殺しにした旭重工を見限り、ラグーン商会と共に行動することを決意したのであった。

 

漫画『BLACK LAGOON』の魅力

ド派手な戦闘シーン

漫画『BLACK LAGOON』の戦闘は基本的に銃撃戦なんだけど、もうびっくりするくらいド派手なんですよ!そこら中の物を破壊しつくすし、人は死にまくるし、挙句の果てに最後は爆発四散!みたいな。

 

このド派手な戦闘シーンがかっこよすぎて鳥肌立っちゃう。中二病の僕にはたまらんですよ、はい。

 

f:id:nek654:20170806231950p:plain

(©『BLACK LAGOON』)

何がすごいって、キャラたちの動きが、まるで動画のように滑らかに動くところですよ。ほんと、ハリウッド映画を見ているような感覚に陥るんですよね。臨場感が半端ない。

 

臨場感がありすぎて、なんなら音すら聞こえてきそうなレベル。ハリウッド映画とかで銃撃戦になると急に音量上がるじゃん。

 

そんでズガガガガ!!!!ドガガガガ!!!バキューン”!!バキューン!!!バキューン!!!!ボッカーン!!!!!ってなって、見ているこっちは「かっけえええ!!でも音うるせえ!」ってなるじゃないですか。

 

ハリウッド映画をみている時のあの感覚を、この漫画では十二分に味わうことができます。読んでるだけで、テンションめっちゃ上がってくる!

テンション上がりすぎて、この漫画読んでると、自分のIQがどんどん下がるのを感じますよ。終始かっけえええええ!!しか言ってないもん、僕。

 

思わずバカになってしまうぐらい、戦闘シーンがかっこよすぎる漫画です。

 

セリフ回しがかっこいい

『BLACK LAGOON』と言えば、この独特のセリフ回しですよ。外国映画の吹き替えみたいなセリフ回しが最高にかっこよすぎて、震える。

 

正直くっさいセリフなんですよ。でもその臭くてダサい感じがたまらない。現役中二病の僕にとって、それは毎朝のワイフのキスよりも魅力的なものなんだ、わかるかい?(←おっとBLACK LAGOONの影響が)

 

まあ、どれくらいカッコいいかは実際に見てもらった方が速いので、ここらで『BLACK LAGOON』のかっこいいセリフを紹介したいと思います。

 

f:id:nek654:20170806210958p:plain

(©『BLACK LAGOON』)

「正義がなくとも地球は回るぜ?」

はわわはわわ!?かっこいいですううううう!!!

殺しも厭わない運び屋にとって、正義なんてものは豚のクソほどの価値もねえ。っていうことをロックに教えるレヴィさん、最高にクールです!

 

f:id:nek654:20170806210141p:plain

(©『BLACK LAGOON』)

「神は留守だよ、休暇とってベガスに行ってる」

現役のシスターがこんなセリフを吐いてしまうのが、なんともイカします。このエダというシスターは、銃火器をぶっ放す危ないシスターなんですが、かっこいセリフが多いので、大好きです。

 

「額でタバコ吸うコツ、教えてやろうか?」とかかっこよすぎて、シビれる。(会社のムカつく上司に言ってやりたい)エダ姉さん一生ついていきます!

 

他にもいっぱいカッコいいセリフがあるんだけど、紹介していたらキリがないので、ここで打ち止めです。

 

あ、それと一つ気をつけて欲しいことがあるんですよ。それはこの漫画を読んだ後はすっげえ口が悪くなるということ。ついついクソとかファックとか糞の掃きだめとか言っちゃいたくなる。

 

つい「そんな場末の風俗嬢も買えないような金で、俺を雇うってかい?そいつは頂けねえ、頂けねえんだよ。お前さん、このままじゃケツの穴がもう一つ増えることになるぜ?お分かりかい?糞野郎(マザーファッカー。)」

 

って言いたくなっちゃうのおおおおお!!!!やばいやばいやばい。こんなこと会社では口が裂けても言えねえ。

みんな『BLACK LAGOON』を読んだ後は言葉に気をつけようね!

 

悪人がそれぞれの信念に基づいて生きている

基本的に、この漫画に出てくる人はみんな悪人です。そこに正義なんてチンケなものは存在しません。

悪人ばっかり出てくる漫画なので、理不尽で救いようのない話が本当に多いです。読んだ後に虚しさや、やりきれなさを感じてしまうことこの上ない。

 

f:id:nek654:20170806232407p:plain

(©『BLACK LAGOON』)

でも、そんな理不尽でクソッたれな世界で抗い続けるロックたちが、すっげえかっこいいんですよ。きれいごとなんて知ったこっちゃない、誰が死のうが知ったこっちゃない。自分の信念を貫き通して、この理不尽な世界を生き抜いてやる。

 

この圧倒的アウトロー感がたまらない。もはや、そこに悪党の美学すら感じてしまう。自分が信じた道を真っ直ぐ突き進む、それ以外の生き方は知らねえ。って姿勢がかっこよくて、ドキドキしてしまいます。

 

まあ、言うてこいつらは犯罪行為ばっかりしてるクソ野郎共なんだけどね。現実のDQNは大嫌いなのに、こいつらには惚れちゃう。おかしな話だ、まったく…。

 

最後に

漫画『BLACK LAGOON』は中二病の人なら100%楽しめる漫画ですっ!!

もう、中二病のバイブルみたいな漫画ですよ!!中二病の僕は、何度もこの漫画を読んでじゃってます。だって、何回読んでもかっこいいんだもん…。

 

そういや、今回の記事ってちょいちょい言葉遣いが荒いじゃないですか。これはモロにこの漫画の影響です。自分でもイタいってわかってるんだけどなー、この漫画を読んだ後は、つい使いたくなっちゃうのよ乱暴な言葉を。

 

まあ、要するに『BLACK LAGOON』は中二病にとって最高の漫画ということです。是非、中二病真っ盛りのクソガキ共は、漫画『BLACK LAGOON』を読んでみやがってください。

 

じゃあね~はわわ~。

関連記事

漫画『マージナル・オペレーション』は一味違う戦争マンガだった! - はわわにっき!

漫画『マルドゥック・スクランブル』は最高のSF漫画だから皆読め! - はわわにっき!

漫画『思春期ビターチェンジ』はすっごく切ない男女入れ替わり漫画でした…。 - はわわにっき!